理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

金融ディーラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今金融ディーラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい金融ディーラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

金融ディーラーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの金融ディーラー適性診断結果

あなたの適性度は59%で、金融ディーラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。金融ディーラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

金融ディーラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.世界経済に興味がある
2.株式市場や為替市場に関心がある
3.自分でも投資をしている
4.分析力がある
5.情報収集力がある
6.語学に強い
7.時間を問わずに働ける
8.思い切った判断ができる
9.冷静さを保てる
10.目標達成の意欲が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
金融ディーラー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 世界経済に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

世界経済に興味がある人は金融ディーラーに向いています。金融ディーラーは銀行や証券会社などで資産運用をすることにより利益を出すのが仕事です。外貨や株式、債券や商品などの取引を通して利益を出すには世界経済に目を向けることが欠かせません。各国の経済状況や金融政策、要人発言による影響などを考慮して取引を進めるのが定石です。世界経済に興味がある人は経済情報に詳しいので金融ディーラーとして活躍できるでしょう。

『 株式市場や為替市場に関心がある 』

十分に兼ね備えている

株式市場や為替市場などのマーケットに関心があるのは金融ディーラーに共通している特徴です。市場相場がどのように動いているかを把握していて、トレンドを予測できる人は金融ディーラーとして成功できます。基本的には株式や通貨の売買を通して差額で利益を出すのが金融ディーラーの仕事だからです。相場を読むことができれば有利なので、金融ディーラーになればきっと活躍できます。

『 自分でも投資をしている 』

だいぶ兼ね備えている

金融ディーラーは仕事とは無関係に自分でも投資している場合がほとんどです。投資を通して経験を積むと金融ディーラーとしての仕事に生かせます。売買のタイミングを見計らったり、経済動向に応じて取引する資産を選んだりするスキルは経験を通じて身に付けるのが重要です。自分でも投資をしていてさまざまな経験を積んでいると、金融ディーラーとして的確な取引を進めることができるでしょう。

『 分析力がある 』

十分に兼ね備えている

分析力がある人は金融ディーラーに向いています。短期取引をするときにはチャートを分析して値動きを読むのが基本です。数学や統計に基づいて分析するのが一般的で、テクニカル分析と呼ばれる方法がよく用いられています。テクニカル分析で使用されるインジケーターという指標の意味を理解し、的確に使いこなせると正確性の高い予想ができます。分析力があると予想が当たりやすくなるので、成果を上げやすいでしょう。

『 情報収集力がある 』

だいぶ兼ね備えている

情報収集力がある人は金融ディーラーに適しています。金融ディーラーにとって経済に関連する情報は欠かせないものです。政治や金融も含めて、世界情勢についての情報は経済に多かれ少なかれ影響を与えます。世界で起こっていることに対して敏感で、広く情報を集めて整理できる人は相場の変動を察知することが可能です。情報を自分から積極的に収集できると金融ディーラーとして成功できるチャンスが広がります。

スポンサーリンク

『 語学に強い 』

兼ね備えていない

英語を代表とするさまざまな語学に強い人は金融ディーラーとして有利です。世界の情報は英語で発表されることが多いので、少なくとも日本語だけでなく英語力は必要になります。しかし、実際には最も新しい情報は現地の言語で発表されます。中国元を運用しているときなら中国語のニュースを理解できる語学力があると有利です。語学に強いと最新情報に基づく取引を進められるので金融ディーラーとして働く上で強みになります。

『 時間を問わずに働ける 』

そこそこ兼ね備えている

朝でも夜でも働ける体力や気力がある人は金融ディーラーとして活躍できるポテンシャルがあります。通貨、海外株式や海外債券、原油や金などの商品などでは世界の市場が動いている時間帯に取引をするのが重要です。通貨取引だけでも世界三大市場は東京、ニューヨーク、ロンドンなので、アメリカやヨーロッパが日中の時間帯に取引する必要があります。経済指標の発表も日本時間の夜におこなわれることが多いので、時間を問わずに働ける人は金融ディーラーに適しています。

『 思い切った判断ができる 』

兼ね備えていない

思い切った判断ができる度胸があるのは金融ディーラーにとって欠かせません。金融ディーラーは銀行や証券会社などの保有資産を動かして利益を生み出すのが仕事です。チャンスが到来したときには大きな取引をして大きな利益を獲得することが重要になります。思い切った判断をする度胸があるとチャンスをものにすることができます。

『 冷静さを保てる 』

だいぶ兼ね備えている

いつも冷静さを保てる人は金融ディーラーに向いています。金融ディーラーは取引をしていると損失を出すことももちろんあります。そのような場合、損失をすぐに取り返さなければならないという気持ちになりがちです。しかし、焦って取引をするとさらに失敗して損失を増やすリスクもあります。損失を出したとしても冷静さを保ち、利益を出しやすい状況を見極めて取引を進められるのが金融ディーラーにとって大切です。

『 目標達成の意欲が強い 』

だいぶ兼ね備えている

目標達成志向を持っている人は金融ディーラーとして活躍できるでしょう。金融ディーラーは取引のトータルで利益を出せば評価されます。目標を達成することを目指す気持ちが強いと、利益を出すための工夫も自分で考えられるでしょう。新しいことを学んで実践する原動力になるので、金融ディーラーとして成長できます。目標達成の意欲があると将来的に活躍できる金融ディーラーになれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの金融ディーラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
金融ディーラー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 金融ディーラーに向いているか向いていないか
  • 金融ディーラーの職業適性度
  • 金融ディーラーに必要な10の資質
  • 解説で金融ディーラーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

金融ディーラーとは?

金融ディーラーは、銀行・証券会社・保険会社・ヘッジファンドなどの金融機関において、顧客から預かった資金や自社の資金を元手に、株式・債券・為替・スワップ・コモディティなどの売買取引を行い、利益をもたらす仕事です。

売買を行う金融商品によって、マネーディーラー・スワップディーラーといったように呼び名が変わります。

相場の変動を勘案しながら、ときには自己の責任で何百億円という額の金を動かす判断をする金融ディーラーは、実力次第で大きな利益を得られる一方、大きな損失を生むリスクを伴い、実力主義の側面が色濃く出る仕事です。

金融ディーラーになるには?

金融ディーラーになるために必要な資格はありません。

金融ディーラーになるには、金融機関に就職し、市場部門に配属された後に一定期間のトレーニングと経験を積んだことが評価されてディーラー業務につくというルートが一般的です。

また、金融ディーラーは相場の流れを掴んだり予測したりすることが必要であるため、常に経済や社会に関する最新の情報を収集し続けられる向上心や、情報を正確に処理する情報処理能力が求められます。

また、金融に関する知識があることの証明として証券アナリストの資格を取得しておくと、就職や転職の際に有利になる可能性があります。

金融ディーラーの給料・年収

複数の調査からみると、金融ディーラーの平均年収は、650~750万円前後です。

専門性の高い職業である金融ディーラーは、高収入であるケースが多いです。

ただし、金融ディーラーは金融業界において完全実力主義の世界であるため、成果や実力によって年収が大きく左右されます。

具体的には、上位のディーラーには、年収が数千万円という人もいる一方、実力がなければ年収が200万円程度という人もいます。

高い年収をキープするには、一定の成果を上げ続ける必要があることに注意が必要です。

また、福利厚生やボーナスの仕組みも会社によって異なります。

金融ディーラーの就職・転職先(求人)

金融ディーラーは、主に銀行・証券会社・保険会社・ヘッジファンドなどの金融機関に就職します。

しかし、最初からディーラーとして採用されるケースは稀で、就職後に個人の能力などを鑑みてディーラーに振り分けられるのが一般的です。

また、ディーラーは他者による引き抜きや転職が頻繁な職業です。

転職する場合は、金融業界への転職が多く、他の金融機関で引き続きディーラー業務に従事したりマネージャーに転身するケースが多いです。

また、ディーラーの経済や社会に関する知識や情報処理能力は、どんな分野でも評価されやすい傾向にあり、他分野に転職を希望する場合でもマイナスとなることは少ないです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0