理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ファッションアドバイザーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ファッションアドバイザーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいファッションアドバイザーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのファッションアドバイザー適性診断結果

あなたの適性度は44%で、ファッションアドバイザーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ファッションアドバイザーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ファッションアドバイザーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ファッションが好き
2.ファッションセンスがある
3.トレンドに敏感
4.好奇心旺盛で興味の幅が広い
5.コーディネートのセンスがある
6.コミュニケーション能力が高い
7.長所を見つけるのが上手い
8.臆することなく提案できる
9.情報収集能力が高い
10.柔軟な思考を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ファッションが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションアドバイザーに向いている人の条件として挙げられるがファッションが好きであることでしょう。どれだけファッションセンスに優れていても、ファッションに対する愛情や情熱がなければ長続きしない可能性が高いです。ファッションアドバイザーとして長く働いていきたいのであれば、ファッションを好きになっておくのは大切なポイントだと言えます。

『 ファッションセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションが好きでもファッションセンスがなければ、ファッションアドバイザーの仕事は務まりません。ファッションアドバイザーになりたい人はファッションセンスを磨く努力を続けておくのが良いでしょう。ファッションセンスがあれば他人のファッションに関しても的確なアドバイスができるようになります。

『 トレンドに敏感 』

十分に兼ね備えている

ファッションアドバイザーはトレンドにも敏感である方が良いでしょう。その時期に流行り廃りを見極めておくことで、様々な人から高い評価を得られるようなファッションアドバイザーになれます。ファッションに限らず、流行には敏感になっているという人はファッションアドバイザーとしての適性が高いケースが多いです。

『 好奇心旺盛で興味の幅が広い 』

そこそこ兼ね備えている

ファッションアドバイザーが既存のファッションに固執しすぎるのは良くないと言えます。既存のファッションに固執していると新しいファッションを発見しにくくなり、ファッションに関するアドバイス内容もマンネリ化しやすい傾向にあります。そのような状況を避けるためにも常に新しいファッションを探求していく姿勢が必要です。そのため好奇心が旺盛な人がファッションアドバイザーに向いていると考えられます。

『 コーディネートのセンスがある 』

兼ね備えていない

ファッションセンスの高い人がコーディネートも上手とは限りません。ファッションセンスの高い人の中にはワンアイテムを選ぶことが上手いだけの人もいます。しかし、ファッションアドバイザーという職業はワンアイテムを選ぶのが上手いだけでは務まりにくいと言えます。ファッションアドバイザーはファッションコーディネートが上手い人ほど、適性の高い職業です。ファッションコーディネートが上手ければ、全身コーデのアドバイスを求められても適切な対応を取れるでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

ファッションアドバイザーは自分のファッションの好みを相手に押し付けないことが大切になります。自分の好みを押し付けるのではなく相手の求めている方向性を理解した上で、適切なアドバイスを送る必要があるでしょう。相手の好みを上手く聞き出すには、それなりのコミュニケーションが重要になります。そのためコミュニケーション能力が高い人ほど、この職業に向いていると考えられます。

『 長所を見つけるのが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

ファッションアドバイザーは完璧にコーディネートするだけでなく、相手の満足度を高めることも求められます。例えばファッションショップでファッションアドバイザーとして働いている場合であれば、お客様に満足してもらう必要があるでしょう。満足してもらうために重要な要素となるのが褒めることです。お客様の良い部分を見抜いて褒めながらコーディネートしていけば満足度を高められます。人の長所を見つけるのが上手い人ほど、ファッションアドバイザーに向いています。

『 臆することなく提案できる 』

そこそこ兼ね備えている

人に意見するのが苦手な人もいるでしょう。しかし、ファッションアドバイザーは人に意見や提案を行うのが仕事の1つでもあります。臆病にならずに思い切って相手に提案できる能力を持っている人が、ファッションアドバイザーとしての適性を持っていると考えられます。思い切った提案が気に入ってもらえれば、良いファッションアドバイザーだと思ってもらえるでしょう。

『 情報収集能力が高い 』

兼ね備えていない

ファッションアドバイザーは、その人に合ったファッションを提案するのが仕事であるため、ファッションに関する様々な情報を持っている必要があります。ファッションに関する情報が多ければ多いほど、その人に合った適切なファッションを提案しやすくなるでしょう。普段から雑誌やSNSを利用して情報を収集しているという人ほど、この職業に向いています。また人との会話から情報を聞き出すのが上手い人も、この職業への適性は高いと言えます。

『 柔軟な思考を持っている 』

あまり兼ね備えていない

自分が提案したファッションが絶対に受け入れられるとは限りません。相手の好みに合わないコーディネートであれば、自分の提案は受け入れてもらえないでしょう。そのときに自分の提案をゴリ押しするのではなく、別の視点から物事を考えて新しい提案を生み出すのが大切になります。そういう意味では柔軟な思考を持っている人ほど、ファッションアドバイザーに向いていると考えられます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのファッションアドバイザー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る