理想の就活/転職のための
自己分析サイト

農家適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今農家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい農家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの農家適性診断結果

あなたの適性度は56%で、農家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。農家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

農家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自然が好き
2.体力がある
3.忍耐力がある
4.コミュニケーション能力がある
5.向上心がある
6.小さな変化に気付ける
7.決断力がある
8.計画性がある
9.状況に応じて柔軟に対応できる
10.数字に強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 自然が好き 』

あまり兼ね備えていない

農家に欠かせないのは、自然が好きということです。農業を行うためには広い土地が必要なので、都会ではない場所で働くことになります。つまり、自然に囲まれた場所です。そして、植物や土を直接触ることとなります。さらに、虫や動物と触れ合うことも珍しくありません。そのような、自然の中での作業でも、特に苦痛を感じないことが、農家として働くためにほぼ必須の条件となります。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

農家は、肉体労働が非常に多いです。収穫した農作物を持ち運んだり、大量にある農作物の手入れをしたりするなど、体力が求められます。ある程度機械化は進んでいますが、機械では対応できない部分は、人が作業しなければなりません。そして、時期によっては、毎日朝から夕方まで、身体を動かし続けることもあります。したがって、身体を動かすことが好き、体力があって肉体労働が得意という人が、農家に向いています。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

農家では、様々な農作物を育てますが、農作物はすぐに成長するわけではありません。毎日少しずつ成長して、気付いた頃には大きくなっているものです。そして、その成長をサポートするために、水をやったり雑草を取り除いたりと、毎日コツコツとお世話をしていかなければなりません。そのような、変化がわかりにくい農作物に対して、地道な作業を続けられる忍耐力がある人は、農家に向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

農家は、ひとりで黙々と働ける仕事というイメージを持たれやすいです。しかし、実際には、大勢の人とコミュニケーションを取らなければなりません。組合に参加する場合は、組合の職員とコミュニケーションを取って、作った農作物を買い取ってもらう必要があります。組合に参加しないのであれば、自ら大勢の人に営業をかけて、販売していかなければなりません。いずれの場合も、コミュニケーションは必須です。さらに、スタッフを雇ったり、他の農家と助け合ったりするなど、コミュニケーションが必要になる場面は非常に多いです。

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

農家は、毎年安定した農作物を作ることも大切ですが、向上心も欠かせません。品質改良によってより質の高い農作物を作る、スタッフの負担を軽減するために効率化を図るといったことが、農家としての成功に繋がります。したがって、現状に満足することなく、状況を良くしていこうという強い向上心を持っている人は、農家に向いています。

スポンサーリンク

『 小さな変化に気付ける 』

そこそこ兼ね備えている

農家の仕事には、様々なアクシデントが発生するリスクがあります。よくあるのは、農作物の病気です。その病気は、早い段階で兆候を見抜いて、対策をしなければなりません。また、獣害もよくある問題で、被害が出始めた頃に対策をすることで、大切な農作物を守れます。そのため、農作物の病気や獣害の些細な兆候に気付ける人は、農家に向いています。

『 決断力がある 』

そこそこ兼ね備えている

農家は基本的に、経営者です。大抵の場合は個人事業主として働き、誰かに雇われるわけではありません。そのため、どのように農業を進めていくのか、経営者として決める必要があります。どういった農作物を取り扱うのか、農場の規模はどれくらいか、スタッフは何人雇うのかなど、色々な判断をしなければなりません。そういった判断が必要な時に、優柔不断になることなく、しっかりと決断できる能力を持っている人は、農家向きです。

『 計画性がある 』

だいぶ兼ね備えている

農家の仕事は、将来的な収穫を見越して、計画を立てるところから始めます。そして、少しずつ利益を積み重ねていくのが基本です。一気に大きな利益を生み出すことはまずありません。ハイリスクハイリターンを狙うと、失敗してしまう恐れがあります。したがって、安定した計画を立てられて、その計画実行のために地道な努力を続けられる人が、農家に向いています。

『 状況に応じて柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

農家の仕事は、全てが計画通りに進むとは限りません。降雨量や気温など、自然に左右される部分が大きいからです。さらに、地域によっては、台風などの災害の影響を受けることもあります。そのため、ある程度状況が変化したとしても、その変化に対応できる柔軟性が必要です。予想外のアクシデントによって計画が狂ったとしても、それに対応するために何らかの行動が起こせる人は、農家に向いていると言えるでしょう。

『 数字に強い 』

あまり兼ね備えていない

農家の仕事は、肉体労働の仕事が多いですが、事務仕事もあります。そして、経営者として、利益を出すことを考えなければなりません。利益を出すためには、収支を始めとした数字を扱うことになります。したがって、ある程度数字に強い人でなければ、農家として働くのは難しいでしょう。数字が苦手だからといって、会計を考えずにいると、赤字が嵩んでしまう恐れがあります。そのため、元から数字に強い、苦手意識がないという人が、農家に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの農家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る