理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

家庭裁判所調査官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今家庭裁判所調査官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい家庭裁判所調査官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

家庭裁判所調査官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの家庭裁判所調査官適性診断結果

あなたの適性度は56%で、家庭裁判所調査官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。家庭裁判所調査官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

家庭裁判所調査官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の話に耳を傾けられる
2.責任感がある
3.冷静に対処できる
4.感情的な人を前にしても動じない
5.人に感情移入しすぎない
6.オンオフの切り替えが上手い
7.転勤や出張が苦ではない
8.論理的思考力が高い
9.チームで物事を進められる
10.人に寄り添いたい気持ちが強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
家庭裁判所調査官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人の話に耳を傾けられる 』

そこそこ兼ね備えている

家庭裁判所調査官は、家族や家庭において発生したもめごとや争いなどを対象とした、調停や裁判、あるいは非行に走った少年少女の処分を行うために必要な調査を行うのが主な仕事です。例えば、犯罪をおかしてしまった少年の処分を決定する場合、「なぜそのような事件が起きたのか」という経緯だけでなく、「今後、少年が更生するためにはどうしたらいいか」といった判断も下す必要があります。ただ単純に自分の欲望で罪をおかしたのか、それとも、周りから暴力を受けるなどしていてやむを得なかったのか、などで最終判断は大きく異なるはずです。調査対象の中には「うまく自分の考えを人に伝えられない人」や「トラブルが原因で興奮状態にあり、話の容量を得ない人」なども含まれるでしょう。そんな人々に対して面接などを繰り返し、言葉に耳を傾けて、できるだけ正確な調査を心がける必要があります。

『 責任感がある 』

だいぶ兼ね備えている

家庭裁判所調査官は個人の将来に影響を及ぼす可能性もあります。例えば、家庭内の離婚裁判の中でも、こどもの親権などを巡る場合、どのようにするとこどもが幸せに生きていけるか、といった事柄をよく考えて、最終決定をくだす裁判官に調査結果を渡さなければなりません。「個人に大きな影響を与えるかもしれない」という部分から目を背けず、一つ一つの事例に対して真摯に向き合っていけるような人に向いています。

『 冷静に対処できる 』

あまり兼ね備えていない

例えば犯罪をおかしてしまった人が、涙ながらに反省の弁を述べている時、家庭裁判所調査官が「泣いているから反省にしているに違いない」と短絡的に判断することは許されません。実際はまったく反省していないのに、演技として、そのような態度をとっている可能性が否定できないからです。また、「小さい子だから可哀想だ」といった思い込み、個人的なバイアスなども危険です。裁判対象となった家庭一つに集中して考えること、冷静に物事をとらえられることが求められるでしょう。

『 感情的な人を前にしても動じない 』

そこそこ兼ね備えている

トラブル等によって起きた揉め事を、解決に導くのが家庭裁判所調査官の仕事の一つですので、面接などでひどく感情的になっている人とやりとりするケースも珍しくありません。「個人の家庭内で、ひっそりと隠しておきたかった事実」なども露呈してしまうことになるので、怒鳴り声や罵声を浴びせてくるケースもあるでしょう。家庭裁判所調査官は狼狽するようなそぶりを見せず、淡々と処理することが大切です。そういった人を前にしても委縮しすぎず、気持ちを受け止めつつ、客観的な事実のみを追い求められる人に向いています。

『 人に感情移入しすぎない 』

十分に兼ね備えている

人の話をよく聞いていると、相手に感情移入してしまう人は珍しくないでしょう。しかし、家庭裁判所調査官は「調査によって客観的な事実を集めていく」必要があるので、報告書などに自分の私情・感情がまぎれこんでしまわないようにつとめなければなりません。また、一人一人の事情を重く受け止めすぎると、心理的な負担が増え、家庭裁判所調査官という仕事が大きなストレスになってしまうので、感情移入しすぎない人に向いています。

スポンサーリンク

『 オンオフの切り替えが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

仕事のストレスを抱え込みすぎないためには、多くの仕事においてオンオフの切り分けが大切だと言われています。家庭裁判所調査官もその例にもれず、虐待や暴力、死などの重たいトラブルを扱うこともありますし、「今になって考えてみれば、あの時の判断は正しかったのだろうか」と後悔するようなケースも珍しくはありません。過去の失敗から学ぶことは非常に大切ではありますが、仕事のオンオフを切り替えてリフレッシュできる人の方が良いでしょう。

『 転勤や出張が苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

家庭裁判所調査官はその名の通り、全国にある家庭裁判所の職員として仕事にあたります。このため、勤続年数やキャリアに応じて転勤などが発生するため、「絶対に転勤したくない」という人は避けた方が良いでしょう。また、トラブルの原因を調査するために出張して状況を確認していくこともあるため、フットワークが軽い人の方が向いています。

『 論理的思考力が高い 』

十分に兼ね備えている

これまで説明した通り、客観的な事実を集めて、裁判等の判断材料を作り上げるのが家庭裁判所調査官です。フラットに話を聞いて分析していく力が大切ですが、それと同時に、「客観的な事実をまとめた文章・資料を作ることができる」という力も必要です。

『 チームで物事を進められる 』

そこそこ兼ね備えている

冷静で論理的な人に向いている家庭裁判所調査官ですが、一人で仕事を遂行するわけではありません。裁判官や書記官などとチームを組んで仕事を進めますし、対象者が少年少女の場合は児童相談所や教育機関、成人の場合は支援団体などとの連携も不可欠です。自分の力だけでなく、人と一緒に問題を解決する方法を模索していくことができる人は、家庭裁判所調査官に向いていると言えます。

『 人に寄り添いたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

法律関係の仕事のうち、裁判官や弁護士といった職業と比べると、家庭裁判所調査官という役職はあまり一般的なものとは言えません。しかし、家庭裁判所調査官も前述の仕事と同じように、非常に難しい試験に合格した人のみがつける職業です。そして、ケースワーカーのように人に寄り添い、関わっていく部分も多いので、一人でも多くの困窮者に手を差し伸べていきたいと考え、そういう働き方にやりがいを感じる人におすすめです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの家庭裁判所調査官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
家庭裁判所調査官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 家庭裁判所調査官に向いているか向いていないか
  • 家庭裁判所調査官の職業適性度
  • 家庭裁判所調査官に必要な10の資質
  • 解説で家庭裁判所調査官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

家庭裁判所調査官とは?

家庭裁判所調査官は、家庭裁判所で取り扱っている夫婦など家族間の争いに関する家事事件や非行をした子供たちの少年事件などの調査をおこなう仕事です。

心理学や社会福祉学、教育学等の専門の知識を生かして当事者が落ち着いて話し合いができるようにカウンセリング等の方法で心のケアをしたり、立ち直りの後押しや援助をしたりもします。

とくに少年事件では少年が非行に至るまでの原因や生育歴、生活環境などの調査を行い、少年が更生し立ち直るために必要である方法を模索し裁判官に報告します。

その後も多くの機関と連携して少年が再び非行をしないための土台をつくったりもします。

家庭裁判所調査官になるには?

家庭裁判所調査官として働くには、裁判所職員採用総合職試験を受験し合格する必要があります。

この試験は院卒者区分と大卒程度区分に分かれており、いずれも受験資格は30歳未満となっています。

試験は第二次まであり、第一次では基礎能力試験、第二次では政策論文試験と専門試験、人物試験となり、専門試験では社会学、社会福祉学、教育学、心理学、法律学等から出題されるためこれらの分野を学べる大学に進学しておくと有利です。

試験に合格した後は裁判所職員総合研究所で、心理学や法律など家庭裁判所調査官になるために必要な専門知識や実務などの研修を二年間受けることになります。

家庭裁判所調査官の給料・年収

家庭裁判所調査官の給料に関して複数の調査をまとめると、平均の年収は600万円~800万円です。

初年度の年収は400万円~500万円程度であり、院卒の方が大卒よりも平均月収が5万ほど高くなります。

基本的に年功序列となり年齢が上がれば給与も上がっていきますが、平均年収はだいたい40代を過ぎるころには民間の企業を上回るようです。

ボーナスは月収の4.5カ月分程度支給され、民間の大企業よりは低くなるものの、地方公務員や中小企業と比べるとかなり多いようです。

また、家庭裁判所調査官は福利厚生が充実しており、超過勤務手当や住居手当、扶養手当なども支給されます。

家庭裁判所調査官の就職・転職先(求人)

裁判所職員採用総合職試験に合格すると、家庭裁判所調査官補として採用されます。

その後全国に50か所ある家庭裁判所や203か所の支部、77か所の家庭裁判所出張所のいずれかから採用庁が決まります。

合格者の勤務希望地や成績等も考慮されたうえで決定されます。

研修機関である裁判所職員総合研修所で全員が法律などの専門知識を学びます。

この合同研修で三ヵ月学ぶと、それぞれの配属された庁で一年実務修習をして、また裁判所職員総合研修所でさらに半年間にわたり合同研修を受けなければなりません。

この約二年間の課程を修了することで、家庭裁判所調査官に任官されることになります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0