理想の就活/転職のための
自己分析サイト

鷹匠に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今鷹匠の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい鷹匠に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの鷹匠適性診断結果

あなたの適性度は41%で、鷹匠の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。鷹匠を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

鷹匠に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.忍耐力がある
2.ルーティンワークが得意
3.データ分析が得意
4.洞察力がある
5.責任感がある
6.自分よりも相手を優先できる
7.筋力と体力がある
8.しっかり自己管理ができる
9.伝統を重んじることができる
10.メンタルが強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

鷹匠は、鷹をコントロールするために様々な教育をする必要があります。鷹はあくまでも鳥なので、人間ほどの知能はなく、当然言葉も通じないです。そのような鷹を相手に、思い通りに操れるようになるまで、根気よく教育を続けなければなりません。また、鷹匠として働くためには、数年単位の長い年月がかかります。人によっては、10年以上かかることもあります。したがって、鷹匠には、強い忍耐力がある人が向いています。

『 ルーティンワークが得意 』

だいぶ兼ね備えている

鷹匠は、毎日鷹の訓練を行わなければなりません。毎日同じ内容の訓練を繰り返すことで、鷹は次第に学習していきます。その訓練は1日当たり数時間に及びますが、教えた内容を鷹が忘れてしまわないように、1日も欠かすことはできません。そのような訓練を続けられる、ルーティンが得意な人が、鷹匠には向いています。毎日同じことを続けられない、すぐに飽きてしまうという人は、鷹匠として働くのは難しいです。

『 データ分析が得意 』

だいぶ兼ね備えている

鷹匠は、鷹を訓練するだけでなく、鷹の体調管理も行わなければなりません。鷹がベストコンディションで飛べるように、訓練の時間や食事の量などをコントロールしていきます。そのため、あらゆるデータに基づいて、色々なことを管理するのが得意という人が、鷹匠に向いていると言えるでしょう。管理そのものが苦手、データを扱うのが嫌いという人は、鷹匠になれない可能性が高いです。

『 洞察力がある 』

兼ね備えていない

鷹という生き物は、非常に憶病です。そして、一度恐怖心を抱いたものに対しては、それ以降ずっと避けるようになってしまいます。もし、追い払うべき相手である害鳥に恐怖心を抱いてしまったら、その鷹は仕事で使うことができなくなります。そうならないために、鷹が恐怖心を抱きそうな兆候を、事前に見抜くことが大切です。そうすると、恐怖の対象から遠ざけたり、他のものに興味を持たせたりといった対策ができます。したがって、鷹を観察することで、些細な変化にも気付ける、強い洞察力がある人が鷹匠に向いています。

『 責任感がある 』

だいぶ兼ね備えている

鷹匠は、鷹をパートナーとして仕事をしていきます。そして、パートナーである鷹の命は、鷹匠の手にかかっていると言っても過言ではありません。鷹匠のコントロールが悪ければ、事故を起こして鷹が命を落としてしまう恐れがあります。また、鷹匠の管理次第で、鷹が体調を崩すことも十分あり得ます。そのため、鷹の命は自分が握っているということを把握して、責任感を持って働ける人が、鷹匠に向いています。

スポンサーリンク

『 自分よりも相手を優先できる 』

兼ね備えていない

鷹匠には、人が鷹の下に付くという考えがあります。鷹は基本的に群れを作らない生き物なので、人との絆を作ることができません。そのため、鷹匠は、鷹にとって利用価値のある存在となることが大切です。自分が中心となって鷹を支配するのではなく、鷹を中心だと考えて、上手に誘導することコントロールしていきます。したがって、自分よりもパートナーの鷹を優先できる人が、鷹匠に向いています。

『 筋力と体力がある 』

兼ね備えていない

鷹匠は、手に鷹を留まらせた状態を維持することが多いです。そして、鷹を飛ばせる時には、腕を大きく振って飛び立つサポートを行います。そのため、筋力が必要です。特に腕が大事ですが、全身の筋力がなければ、鷹を腕に留まらせている状態を維持したり、飛び立つ歳の十分なサポートができません。また、長時間鷹をコントロールするためには、体力も必要です。そのため、ある程度身体が丈夫で、筋力と体力に自信があるという人が、鷹匠に向いています。

『 しっかり自己管理ができる 』

兼ね備えていない

鷹匠は、鷹の管理だけでなく、自己管理も非常に重要です。自らの体調と、鷹のコンディションの両方が整っていなければなりません。そのため、パートナーの鷹を大事にすると共に、自分も大切にできる人が、鷹匠に向いています。また、筋力と体力を維持するために、自己管理の一環として、トレーニングを行う必要もあります。

『 伝統を重んじることができる 』

十分に兼ね備えている

鷹匠は、千年以上の長い歴史がある伝統文化です。そして、伝統的な考えや技法を師匠から教わることで、鷹匠として働けるようになります。そのため、伝統を無視して、自分だけのスタイルで仕事をしたいという人は、鷹匠にはなれません。伝統を重んじることができる人が、鷹匠に向いています。

『 メンタルが強い 』

あまり兼ね備えていない

鷹匠の仕事には、アクシデントが付きものです。鷹が急に落下したり、他の鳥に襲われたりすることは、珍しくありません。そのようなアクシデントが発生した際にも、常に冷静でいられるほどの、メンタルの強さがある人が鷹匠に向いています。また、鷹匠は、イベントで鷹を飛ばすパフォーマンスをすることがあります。そのような、人前でのパフォーマンスをするためにも、メンタルの強さが必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの鷹匠適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る