理想の就活/転職のための
自己分析サイト

アイリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アイリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアイリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのアイリスト適性診断結果

あなたの適性度は49%で、アイリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アイリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アイリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.集中力がある
3.細かい作業が好き
4.流行に敏感
5.コミュニケーション能力がある
6.向上心がある
7.負けず嫌い
8.体力がある
9.人の役に立つことが好き
10.提案することが得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

アイリストは、まつ毛にエクステを付けたり、パーマをかけたりするのが主な仕事です。まつ毛は1本1本がとても細い上に、長さもあまりありません。そのようなまつ毛に施術を行うため、手先が器用で、細かい作業を安定して行えるという人が、アイリストに向いています。手先があまり器用ではないという人は、アイリスト向きではありません。不器用な人だと、お客さんを満足させられる施術ができないだけでなく、施術中にお客さんの目や目蓋を傷付けてしまう恐れがあります。

『 集中力がある 』

だいぶ兼ね備えている

アイリストの仕事は、基本的には作業が中心で、1時間以上同じ作業を続けることも珍しくありません。特にエクステは、100本以上のまつ毛に、1本ずつ取り付けていく作業となります。そのような作業を安定して続けられる、高い集中力が必要です。また、まつ毛にパーマを当てる際にも、薬液が目蓋に触れないように注意しながら作業を行うため、集中力が求められます。そのため、何時間も同じ作業を継続できる、集中力のある人が、アイリストに向いています。飽きやすい人では、アイリストの仕事は務まらないでしょう。

『 細かい作業が好き 』

あまり兼ね備えていない

アイリストの仕事は、ただ手先が器用というだけでは務まりません。何時間も似たような作業を続けるには、モチベーションが必要となります。そのため、作業をすること自体が好きという人が、アイリストに向いています。好きな作業をするということがモチベーションとなって、問題なく働き続けられるでしょう。手先が器用で集中力があっても、作業があまり好きでなければ、アイリストとして働き続けるモチベーションを維持しにくいです。

『 流行に敏感 』

あまり兼ね備えていない

流行の移り変わりが非常に激しいです。最新のエクステやパーマ液が、すぐに時代遅れになってしまうことは珍しくありません。そして、アイリストに施術を依頼してくるのは、流行に敏感な人が多いです。その人たちが求める新しい施術ができるように、アイリストは流行をいち早く取り入れなければなりません。そのため、常にアンテナを張って新しい情報を得ようとする、流行に敏感な人がアイリストに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アイリストの仕事は、お客さんとコミュニケーションを取らなければなりません。どういった施術を必要としているのか、事前のカウンセリングで聞き出す必要があります。また、施術中に、会話をしたがるお客さんも大勢います。そのため、どのような人が相手であっても、会話を弾ませることができる、コミュニケーション能力がある人がアイリストに向いています。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

アイリストは、技術力が重要となる仕事です。そのため、アイリストとして働き始めたら、技術力を高めるために、施術の練習をしなければなりません。また、技術の進歩によって、次々と新しいエクステやパーマ液が登場します。そのような道具を使いこなせるようになるためには、勉強をする必要があります。したがって、より良い施術を行うために、練習や勉強を頑張れる、向上心のある人がアイリストに向いています。

『 負けず嫌い 』

そこそこ兼ね備えている

アイリストの仕事は、競争をしなければならない場合が多いです。同じサロン内で、お客さんの指名を獲得するために、アイリスト同士で競争することは珍しくありません。また、アイリストとして独立した場合は、他のサロンとお客さんを取り合うことになります。そのため、何が何でもお客さんの指名を得たい、他のアイリストに勝ちたいという、負けず嫌いの人がアイリストに向いています。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

アイリストの仕事は、椅子に座った状態で、手を動かしていく作業が中心なので、楽そうというイメージを持たれやすいです。しかし、実際には身体への負担が大きいので、体力のある人がアイリストに向いています。体力がなければ、腰を傷めたり、酷い肩凝りになったりして、働けなくなってしまう恐れがあります。

『 人の役に立つことが好き 』

十分に兼ね備えている

アイリストの仕事は、お客さんの希望通りに、見た目をきれいにすることが目的です。そのため、人の役に立つことが好きだという人が、アイリストに向いています。お客さんが喜んでいる姿を見たり、感謝されたりすることがモチベーションとなって、前向きに働き続けられるでしょう。また、仕事が大変だったり、辛いことがあったりしても、お客さんを喜ばせるために頑張れるはずです。

『 提案することが得意 』

だいぶ兼ね備えている

アイリストは、お客さんの希望に合った施術を提供するのが仕事なので、基本的には受け身の姿勢で問題はありません。ただ、どういった施術をしたら良いのかを、お客さんから相談されることは非常に多いです。その際には、適切な施術プランを提案する必要があります。したがって、自ら判断して、提案ができる能力がある人が、アイリストに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアイリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る