理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ルート営業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ルート営業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいルート営業に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ルート営業に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのルート営業適性診断結果

あなたの適性度は42%で、ルート営業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ルート営業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ルート営業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.スケジュールをきっちり守れる
2.コミュニケーション力がある
3.愛想が良い
4.顧客の要望に丁寧に対応できる
5.臨機応変に対応できる
6.問題解決力がある
7.企画提案力がある
8.人を説得するのが上手い
9.どんな相手でも敬える
10.何事にも感謝の気持ちを忘れない
↓営業職の就職・転職ならdodaがオススメ↓
\この診断を受けたい方はコチラ/
ルート営業適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 スケジュールをきっちり守れる 』

あまり兼ね備えていない

ルート営業は、決められた取引先を順に回って注文を取ることや納品を行っていく営業スタイルです。スケジュールに沿って、しっかり仕事をしていける人が向いています。逆に時間にルーズな方やいい加減な方、責任感のない方は向いていません。今日は行く気になれない、ここは今回は注文がないからと自己判断で飛ばすのはルート営業にはなりません。得意先や固定客を維持していくために、定期的な訪問が求められるためです。

『 コミュニケーション力がある 』

そこそこ兼ね備えている

毎回同じ取引先を訪問していくため、取引先の担当者や従業員と信頼関係を築いていくことが大切です。新規開拓の営業よりもさらに密に、「注文するならあなたしかいない」と思ってもらえるほどの信頼を持ってもらうことが欠かせません。最初の人当たりは良くても、その後が続かないような方は向いていません。コミュニケーションを取るための情報収集や情報提供のための努力も必要です。

『 愛想が良い 』

だいぶ兼ね備えている

継続的に同じ取引先に訪問していくため、愛想の良さも必要です。無表情で不愛想な方が毎回訪れて事務的に営業をされても、取引先の方も困ります。明るい笑顔で爽やかに挨拶し、取引先の担当者はもとより、取引先で出会うあらゆる人、たとえば、清掃スタッフや警備員なども含め、気に入られるようなタイプの人が向いています。

『 顧客の要望に丁寧に対応できる 』

だいぶ兼ね備えている

長く取引を続けている得意客だからこそ、時には無理なお願いや急な依頼をされることもあります。会社にとって大切な固定客だからこそ、できる限りニーズには応えたいものです。訪問時以外に電話などで緊急で追加発注されることや急な依頼が入ることも少なくありません。そうしたニーズにいかに対応できるかも、信頼を深めることにつながっていきます。面倒だからと対応しない、マニュアル通りにしか動けない方は向いていません。

『 臨機応変に対応できる 』

十分に兼ね備えている

顧客のニーズに緊急で対応するといった臨機応変な対応ができることだけでなく、ルート営業をしていくうえでも欠かせません。車での移動の場合、渋滞にはまるなどして時間が遅れることもありますし、取引先で予想以上に滞在時間が長くなることもあります。次の訪問先を飛ばすことはせず、時間をうまくコントロールしながら、すべての取引先に嫌な印象を与えないように回っていくことが大切です。スケジュール通りにならないと焦る方や冷静な判断能力を失う方は向いていません。

スポンサーリンク

『 問題解決力がある 』

そこそこ兼ね備えている

取引先を回っていると、いろいろな相談を受けることもあります。提供している商品やサービスの利用法やそれを使っての売上が上がらないなど、運営や経営の問題を相談されることも少なくありません。問題を的確に理解し、解決できる力も必要です。自分だけで解決できなければ上司にアドバイスを求めるなどして、取引先のサポートを行うことも欠かせません。取引先が抱える問題に耳をかせず、寄り添えない方は向いていません。

『 企画提案力がある 』

兼ね備えていない

ルート営業は、ただ同じルートを巡回し、同じ商品やサービスを定期的に提供しているだけと思っていたらそれは間違いです。新商品が出れば買ってもらえるよう提案販売を行うことも必要です。また、決算期や歳末をはじめ、キャンペーン期間などに、いつも以上に売上を上げることが求められるケースもあるため、提案により需要を高めることも欠かせません。ただ取引先を回れば良いと勘違いし、新規注文の獲得ができない人には向いていません。

『 人を説得するのが上手い 』

兼ね備えていない

新規商品の営業トークで、しっかりクロージングができる力をはじめ、日々の営業でも、売上を伸ばしていく努力が欠かせません。いつも通りの注文をもらって終わりではなく、時に後一押しして、売上を増やしていくことも大切になります。馴染みがある担当者ゆえに言いにくい人、逆に言いやすい人がいますが、その後の関係に響かないように営業できる力を養うことが大切です。ルート営業だから、推しの営業は不要と消極的に構えている人が向いていません。

『 どんな相手でも敬える 』

兼ね備えていない

ルート営業は、継続的な取引関係を築いていく仕事です。取引相手をはじめ、相手を敬える心を持てることも欠かせません。慣れが生じて、相手を軽んじてしまうことがないようにしましょう。大切なお客様であり、長年取引し続けてくれる重要な得意客です。相手を立てる心を忘れると、あなたとの関係だけでなく、企業への信頼も落ち、他社に乗り換えられることもあるので注意が必要です。

『 何事にも感謝の気持ちを忘れない 』

そこそこ兼ね備えている

自社の商品やサービスを利用しないと困るのだから、注文するのが当たり前、買ってくれるのが当たり前と思ってはいけません。類似商品がほかにもある競争の激しい世の中で、自社を選び、自分が担当している間も継続的に取引を続けてくれることに感謝の気持ちを忘れないことです。当たり前だと思ってしまうと、いつの間にか他社への乗り換えを検討されるリスクもあるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのルート営業適性診断結果シェア画像

《 営業職で評判の良い転職サービス3選 》

営業職での転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 hape Agent

└20、30代の営業職に特化した転職エージェントで書類通過率90%以上

\この診断を受けたい方はコチラ/
ルート営業適性診断を受ける(2分)

《 ルート営業適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 計画を立てたらその通り実行する
  • Q2. 話がわかりやすいとよく言われる
  • Q3. 第一印象が良いとよく言われる
  • Q4. 人の話を聞くのが上手い
  • Q5. 突発的なトラブルが起きても動じず冷静に対処できる
  • Q6. 何か問題が起きても上手く解決できる
  • Q7. 新しいアイデアを考えるのが得意だ
  • Q8. 本気を出すと大体相手を論破してしまう
  • Q9. 自分よりできない相手を見ても見下したりしない
  • Q10. 身近な人、友達、同僚への感謝を常に忘れない
  • Q11. 時間にルーズで良く遅刻する
  • Q12. 口下手なので人と話すのは苦手だ
  • Q13. ぶっきらぼうなのでとっつきにくいと言われる
  • Q14. 相手が何を考えているか理解するのは苦手だ
  • Q15. 頑固で最初に決めたことを変えない性格だ
  • Q16. 面倒な事は自分で解決するより誰かに解決してほしい
  • Q17. 単調作業をひたすら繰り返すのが好きだ
  • Q18. 騙されやすいタイプだ
  • Q19. 理解力が低い人とは極力話したくない
  • Q20. 客なのだから店員に文句を言うのは問題ない

この適正診断テストでわかること

  • ルート営業に向いているか向いていないか
  • ルート営業の職業適性度
  • ルート営業に必要な10の資質
  • 解説でルート営業に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ルート営業とは?

ルート営業はすでに取引の実績がある顧客を対象にした営業職です。

ひと口に営業といっても従事する職種によって扱う商品やサービスは様々ですが、仕事内容はほぼ変わりません。

一般的な営業が新規の顧客を開拓するのに対し、ルート営業は既存の顧客との繋がりを深めることが仕事の目的と言えます。

商品やサービスの調子を確認したり、他の商品への切り替えに関する相談などが主な業務です。

顧客の都合に合わせて動くことが多いため、夜間や休日に出向くことも珍しくありません。

勤務時間が不規則になりやすいのは事実ですが、一方で新規の顧客を開拓することはほぼないので、営業職の未経験者でも就労できます。

ルート営業になるには?

ルート営業は特別な資格を必要としない仕事です。

また、営業職でありながら新規の顧客を開拓する業務はほぼないので、初めて営業の仕事に従事する人でも問題はありません。

一方で営業の経験を持つ人が重宝されるのも事実です。

また、ルート営業は顧客の都合で動く仕事でもあることから、場合によっては遠出をすることもあります。

スムーズな移動ができるよう、自動車免許を持っていることが望ましいと言えるでしょう。

特別なスキルは不要ですが、人と接する仕事でもあることから、相手を不快にさせない丁寧な話し方が求められる事実は否定できません。

ルート営業の給料・年収

ルート営業として働くことができる職種は多岐にわたるため、年収も大きく異なります。

しかし、新人はどの職種でも高給取りではない点は共通していると言えるでしょう。

ルート営業の場合、新人の年収は300万円未満に留まることも珍しくありません。

一方で正社員として雇用された場合、年収は300万円程度でも家族手当や住宅手当などが別に支給されることがあります。

職種によって多少の違いはありますが、10年程度の経験を持つベテランの年収は約400万円から450万円が平均的な金額です。

経験を積むほど年収が増額するので、勤続年数が長い人ほど高給取りになると言えます。

ルート営業の就職・転職先(求人)

ルート営業の業務がある職種は多く、扱う商品やサービスもそれぞれ異なります。

中でも卸売業や小売業など、販売を主な業務とする職種はほとんどの場合、ルート営業の業務があると言えるでしょう。

すでに商取引などで繋がりがある顧客を相手にする業務なので、会社によっては仕事の経験を積ませる目的で新人に任せることがあります。

一方で営業経験が多いベテランを専属にする会社も少なくありません。

ルート営業は会社の取引を良好な状態で継続させることが目的なので、営業のノウハウを熟知しているベテランほど多くの取引相手へのルート営業を任される傾向にあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0