理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

経営者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今経営者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい経営者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

経営者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの経営者適性診断結果

あなたの適性度は61%で、経営者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。経営者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

経営者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.決断力がある
2.新しいことに興味がある
3.行動力がある
4.小さなことで落ち込まない
5.夢中になれることがある
6.性格や言動が明るい
7.人付き合いが好き
8.体力がある
9.人に頼ることが上手い
10.しっかりした金銭感覚がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
経営者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 決断力がある 』

そこそこ兼ね備えている

経営者にとって最も重要なことは、決断力です。自分自身の思いや行動によって会社の動きが変わっていくことになります。誰かに決めてもらうのではなく、自分で決めることができるのは経営者の魅力ではありますが、実際に決断するとなると難しいことも多いものです。自分で責任を負う覚悟も求められます。いろいろな意見は聞きつつ、それに左右されずに最終的には自分で決めることが必要になります。優柔不断な方などは難しいでしょう。ちょっとしたことでも自分で決めたいタイプかそうでないのか、これまでの自分を振り返ってみてください。

『 新しいことに興味がある 』

あまり兼ね備えていない

これから経営者になる場合、既存の会社と同じようなことをしていては成長は望めません。今社会にないビジネスを作り上げていったり、また同じような業種であっても異なる展開をしていったりすることで、新しい会社が伸びていきます。経営者で成功している方はこうした新しい分野や展開ができる方が多いです。だからこそ、いろいろなことに興味を持ってみたり、新しい技術に触れてみたりすることが好きな方は経営者向きといえます。

『 行動力がある 』

十分に兼ね備えている

経営者は会社を引っ張っていく存在です。誰かに何かをしてもらうのを待っているのではなく、まず自分で動くことが求められるでしょう。特に経営を始めた最初の段階では、自分自身が動いて進めていくことが多くなるはずです。そのようなときにフットワーク軽く動けるか、行動力が大きなカギとなってきます。単に仕事をするだけではなく様々なことをカバーしていくために、自分自身が行動できるかを考えてみましょう。

『 小さなことで落ち込まない 』

そこそこ兼ね備えている

経営を進めていく中で、まったく失敗しないケースはありません。多かれ少なかれ失敗を通して次につなげていきます。場合によっては何度も企業と倒産を繰り返して最終的に成功することもあります。ちょっとしたことで落ち込んでしまったり、精神的に病んでしまったりするようでは経営を乗り切っていけないでしょう。何か問題があっても、それを良い方向へ考えて持っていけるかどうかが経営者には必要な性格です。

『 夢中になれることがある 』

十分に兼ね備えている

経営するものについて夢中になれるかどうかは重要なポイントです。そのもの自体が好きになれて没頭できるようなら、仕事は楽しいものとなるでしょう。新しいことにもどんどん挑戦しやすくなります。経営するなら自分の好きなこと、夢中になれることからスタートしてみましょう。たとえうまくいかなくても好きな気持ちがあれば続けていきやすく、それが成長や成功へつながっていくこともあるのです。

スポンサーリンク

『 性格や言動が明るい 』

十分に兼ね備えている

経営者は人を引っ張っていく立場にあります。社員はもちろんいろいろな人と接して話をし、仕事につなげていくことになります。その際につまらなそうにしていたり、暗いイメージを与えてしまったら、いっしょに仕事をしたいと思わないでしょう。ついていきたいと思う人もいなくなるかもしれません。明るく信頼できる人なら人もついていきやすくなるのです。性格や言動が明るい人は経営者の素質があるといえます。

『 人付き合いが好き 』

そこそこ兼ね備えている

経営者はいろいろな人との付き合いが生まれてきます。取引先や顧客などと関わっていく際に、人と関わることが苦手だと大きなハードルが生まれてしまいます。人と話すことや人付き合いが好きな人は、経営を進めていくうえでその性格が人脈を広げていくうえで大いに役立ち、経営にプラスに働くことになります。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

経営者が自分で行うことは意外と多くなります。経営を始めた時は特に少人数での行動になりますので、自分でやらなければならないことが多いです。また、経営していく中で社員が都合によりかけた時にはそのカバーに入ることもあります。その時に乗り切れるだけの体力がある方は経営者に向いています。経営者を目指すなら健康管理や体力作りも意識しておきましょう。

『 人に頼ることが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

会社が大きくなるにしたがって経営者だけでカバーできることは少なくなっていきます。その時に人に任せることも経営者には大切なことです。全部を自分でやろうとすると無理が生じますから、的確な指示をして後は任せる意識を持てるかどうかか鍵となってきます。人を信頼できるか、きちんとコミュニケーションをとっていけるかなど、人に頼るために必要なことを意識しておきましょう。

『 しっかりした金銭感覚がある 』

そこそこ兼ね備えている

経営者は理想だけではやっていけません。利益を出していくこと、必要な経費はきちんと稼いでいけることなどが重要になりますから、やりたいことを実現するだけではなく経理の部分も考えておかなくてはなりません。無理な経営は自分自身も、社員も不幸にしますから、無理なくしっかり経営していけるような金銭管理をできるよう、お金の勉強や情報収集を始めておきましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの経営者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
経営者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 経営者に向いているか向いていないか
  • 経営者の職業適性度
  • 経営者に必要な10の資質
  • 解説で経営者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

経営者とは?

経営者は、企業のかじ取りを担う職業です。

株主や債権者、顧客、従業員をはじめとする様々なステークホルダーにとって最良の価値を提供するために、適切に経営戦略を定めてその実行に向けて推進するというのが主な役割となっています。

もっとも、これはあくまでもたくさんある役割の一つであり、これ以外にも従業員への賃金配分を決定したり、適材適所に向けた人材戦略を立案・推進するというのも経営者にとっての重要なミッションです。

また、資金繰りを踏まえて、場合によっては会社を代表して金融機関などと折衝を行う場合もあります。

経営者になるには?

経営者になるために、特別に必要な資格があるというわけではありません。

誰でもその気になれば起業して経営を担うことは可能なのです。

ただし、経営者として適切にその役割を遂行するためには、いくつか鍛えておきたいスキルがあります。

まず、経営については様々な手法があるので、それらを身に付けるためにも大学などで経営学を学んでおいた方がよいでしょう。

それに加えて、資金繰りに窮してしまうと経営者としては失格ですので、そうならないようにするためにも、簿記や経理といった財務に関する基本的な知識は頭に入れておくのがおすすめです。

経営者の給料・年収

経営者の年収は、経営する企業の規模や業績などによって大きく左右されるので、どれくらいが相場であるということは困難です。

ある出版社が2020年に全国の中小企業を対象として実施したアンケートにおいて、約1700万円が平均的な社長の年収であるという結果が示されているので、このあたりの情報は参考になるでしょう。

ただし、これはあくまでも中小企業に限った話であり、大企業の経営者になるとこれよりもはるかに多くの収入を得ている経営者も少なくありません。

また、外資系企業は経営者に厚く報いる傾向にあるため、そういったところだと業績さえよければ億単位の年収を期待することができます。

経営者の就職・転職先(求人)

経営者になるには、企業に従業員として勤めてその中で出世をしていくというルートと、経営についてのスキルを身につけたうえで自ら起業して経営を担うというルートの大きく2つがあります。

また、一度経営者として世の中で名が知られるようになれば、キャリアエージェントなどを通じて他の企業からヘッドハンティングを受けるケースが少なくありません。

それに応じるかどうかは本人の気持ち次第ですが、例えば、より大きなやりがいを求めて中小企業の経営者から大企業の経営者へとステップアップするというのもキャリアプランとしてはあり得るでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0