理想の就活/転職のための
自己分析サイト

イベントプランナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今イベントプランナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいイベントプランナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのイベントプランナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、イベントプランナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。イベントプランナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

イベントプランナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.好奇心が旺盛
2.統率力がある
3.発想力を持っている
4.コミュニケーション能力がある
5.行動力がある
6.プレゼン能力がある
7.責任感が強い
8.分析が得意
9.臨機応変に対応ができる
10.情熱を持って仕事に取り組める
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 好奇心が旺盛 』

十分に兼ね備えている

イベントプランナーとしてやっていくには、まず好奇心が旺盛であることは必要不可欠です。音楽に関連するフェスや記者発表会などのイベントが全国で行われています。プランナーは、常に同じジャンルのものを担当するわけではありません。毎回新しい課題に向き合っていかなければならないので、自分の知らないことにも興味をもてる性格でないと、業務で遅れを取ってしまいます。逆に好奇心を持ち続けられれば、かなり刺激的な環境で仕事を楽しむことができるでしょう。

『 統率力がある 』

あまり兼ね備えていない

統率力もイベントプランナーには非常に重要な能力です。音響や照明といったイベントに関わるスタッフに指示を出す際にも統率力がベースとなります。また、業務を進めるなかで、災害や出演者の辞退などの不測の事態が発生することもあります。そのようなとき、大勢の人を冷静にまとめなければなりません。この職業を目指すなら、リーダーシップが必須だと認識しておきましょう。

『 発想力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

発想力もイベントプランナーには求められます。人の心を動かすイベントについて考えるのがこの職業の基本です。そして、魅力的なイベントを作るために必要なものが、おもしろいアイデアや新しい考えと言えます。新しいものを生み出し続けるには、固定概念にとらわれないことや人と異なる視点をもっていることが大切です。自分には発想力があると感じるのであれば、イベントプランナーの素質があるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

クライアントと直接やりとりすることもあるのがイベントプランナーの業務です。運営には、多くの業界や業種が関わっているので、その人たちと交渉するシチュエーションも多々訪れます。時には、なかなか説得できずに思い悩むこともあるかもしれません。また、出演者やスタッフが快適に働けるような環境づくりもしなければなりません。周りに気配りができなかったり、コミュニケーションが苦手だったりする人には不向きと言えるでしょう。

『 行動力がある 』

そこそこ兼ね備えている

行動力もイベントプランナーに必要な大事な能力です。依頼されたイベントを成功させるには、考えを実際に行動へ移すことが必要です。クライアントの要望に応えたものを遂行する力が求められます。中途半端に物事を投げ出すという姿勢ではイベントプランナーの仕事は務まりません。責任感が強い性格の人が向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 プレゼン能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプランナーが仕事を獲得するには、プレゼンに関する能力が必要になります。クライアントに企画を気に入ってもらうためには、わかりやすく伝える力を身につけることが大事です。それがなければ、イベントプランナーの仕事は務まらないと言えるでしょう。人前で話すことが得意な人に向いています。

『 責任感が強い 』

だいぶ兼ね備えている

企画を発案するイベントプランナーは、責任感が必要不可欠です。企画したことを実現する際に、関係各所に頭を下げることも少なくありません。どんなに忙しくても、最後まで物事を投げ出さない責任感が求められるのです。学生時代、自分がやると決めたことをやりきった経験がある人にはおすすめです。

『 分析が得意 』

だいぶ兼ね備えている

イベントプランナーの仕事において分析力は非常に重要になります。企画をクライアントに伝える場合に、この能力は役立つでしょう。例えば、新商品を紹介するイベントを開催するときです。他社の商品を分析し、比較することで、強みを引き出しアピールすることができます。イベントプランナーになるのであれば、同時にコミュニケーション能力も磨いていく必要があることを覚えておきましょう。

『 臨機応変に対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプランナーとして活躍し続けるには、柔軟性がなければなりません。現場からの急な呼び出しや企画の一部を変更したいといった要望に対してすぐに対応する必要があります。臨機応変な対応ができると、お客様からも喜ばれるはずです。頭が固く柔軟な対応ができない人は向いているとは言えないです。急な出来事にも慌てず、落ち着いて対処できる柔軟さが重要となります。広い範囲で物事を考えられる性格であれば、この仕事をこなせるでしょう。

『 情熱を持って仕事に取り組める 』

そこそこ兼ね備えている

イベントプランナーは、仕事に対する情熱も求められます。会場設営の際、深夜まで立ち会いを行ったり、土日に出勤したりすることはザラにあります。どうしても忙しくなりがちなのがイベントプランナーの仕事です。また、プライベートの時間もあまりとれないことから、仕事に対する熱意やモチベーションがなければあっという間に潰れてしまいます。人を喜ばせたいという思いが強いかどうかは、この仕事を続けていくうえで非常に重要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのイベントプランナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る