理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

イベントコンパニオンに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今イベントコンパニオンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいイベントコンパニオンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

イベントコンパニオンに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのイベントコンパニオン適性診断結果

あなたの適性度は44%で、イベントコンパニオンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。イベントコンパニオンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

イベントコンパニオンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.容姿に自信がある
2.自己管理能力が高い
3.コミュニケーション能力が高い
4.スタイルが良い
5.好奇心が強い
6.メンタルが強い
7.目立ちたがり屋
8.常識やマナーが身に付いている
9.自己アピールが上手い
10.性格が明るい
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
イベントコンパニオン適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 容姿に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

イベントコンパニオンに向いている人の特徴というと、顔がきれいなことが挙げられます。各種イベント会場にて、不特定多数の参加者と接して商品の魅力をアピールしていくのがイベントコンパニオンの仕事です。すなわち、クライアント企業の顔として責任を持ってイメージを背負っていく必要があるのです。顔立ちが美しいと、それだけでイメージが良くなります。したがって、まず第一に顔の美しさが求められます。

『 自己管理能力が高い 』

兼ね備えていない

自己管理能力が高いことも、イベントコンパニオンとして活躍するために大切な要素です。一見華やかに思われがちですが、実はイベントコンパニオンはかなり体力を使う仕事です。休憩時間以外は、常に立ちっぱなしでイベント参加者に企業の商品をアピールしなければいけません。しかも、高いヒールを長時間履き続けることになるので、体力が必要です。仕事中に気分が悪くなったら、自己管理がしっかりできていないと見做される可能性があります。したがって、仕事をそつなくこなすためにも、普段からしっかりと体調管理ができることが求められます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

コミュニケーション能力が高いこともイベントコンパニオンとして必要なスキルです。イベントコンパニオンは、クライアント企業の顔として製品の魅力を短時間でアピールしなければなりません。うまく説明できないと、興味を持っている参加者を満足させることができません。さらに、クライアント企業の従業員はもちろん、他のコンパニオンともうまく話せないと、仕事をスムーズに進められないでしょう。このようなことから、イベントコンパニオンは高いコミュニケーション能力が必須です。

『 スタイルが良い 』

あまり兼ね備えていない

イベントコンパニオンは、スタイルが良いことも求められます。イベント会場にて、水着やコスプレなどありとあらゆる衣装を着こなさなければいけないからです。スタイルが良ければ、どのような衣装もきれいに着こなすことが可能です。クライアント企業の印象も良くなることから、常に体型をキープすることが大切です。

『 好奇心が強い 』

十分に兼ね備えている

イベントコンパニオンは、自動車を始めゲームや家電など色々な種類のイベントで仕事をすることになります。したがって、好奇心が旺盛であることも大切な要素です。イベントで参加者に商品の魅力をアピールするためには、事前に商品やサービスの特徴について勉強をしておかなければいけません。知識が何もないままイベントに出席してしまうと、上手くクライアントを納得させることができません。

スポンサーリンク

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

メンタル面が強いこともイベントコンパニオンとして働く上で大切なスキルです。イベントコンパニオンは大衆の注目を集めやすいことから、心無い言葉を言われることが多いです。また、カメラマンに執拗に写真を撮られることも珍しくありません。すなわち、嫌なことをされても気にしないメンタルの強さが求められます。

『 目立ちたがり屋 』

あまり兼ね備えていない

イベントコンパニオンは不特定多数の人から注目される仕事なので、目立ちたがり屋な性格の人は向いていると言えます。恥ずかしがり屋で緊張しやすいタイプの場合、仕事を円滑に進行できない可能性が高いです。そのため、誰かに注目されたい願望が強い人もイベントコンパニオンとして成功しやすいです。

『 常識やマナーが身に付いている 』

あまり兼ね備えていない

常識やマナーが最低限身に付いていることも、イベントコンパニオンとして活躍するのに求められるスキルです。もしもイベントコンパニオンの態度が良くなければ、参加者に不愉快な思いをさせる可能性があります。その結果、担当している企業や製品のイメージに傷がついてしまい、顧客が離れていくことになりかねません。よって、社会人として最低限のマナーを身につける必要があります。

『 自己アピールが上手い 』

あまり兼ね備えていない

イベントコンパニオンとして働くためには、自己アピールがうまくできることも大切な要素です。各種イベント会場で働くためには、クライアント企業の書類選考、オーディションを受けなければいけません。その際、うまく自己アピールができなければオーディションに通らない可能性が高いです。イベントコンパニオンの仕事を掴むためには、自分の魅力をうまく相手に伝える能力を身に付けることが大事です。

『 性格が明るい 』

そこそこ兼ね備えている

イベントコンパニオンは、企業の商品やサービスの魅力を的確にアピールできることが非常に大切です。そのため、性格が明るいことも重要なスキルといえます。引っ込み思案でおとなしい性格の場合、相手が不信感を抱いてしまう恐れがあります。したがって、イベント参加者の前で大きな声で自信を持って話すことができる明るい性格が求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのイベントコンパニオン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
イベントコンパニオン適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • イベントコンパニオンに向いているか向いていないか
  • イベントコンパニオンの職業適性度
  • イベントコンパニオンに必要な10の資質
  • 解説でイベントコンパニオンに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

イベントコンパニオンとは?

イベントコンパニオンは、企業などが開催する展示会や新商品発表会といった各種のイベントにおいて、来場者に注目してもらえるように商品やサービスなどをアピールする仕事です。

一部例外はあるものの、基本的には女性ならではの仕事であり、人々に注目してもらうためにモデル並みの容姿やスタイルが求められる場合も少なくありません。

なお、イベントコンパニオンというと華やかなイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそういった仕事ばかりではないという点に注意する必要があります。

また、何時間も立ち続けていなければならないケースも少なくないので、それなりに体力も求められます。

イベントコンパニオンになるには?

イベントコンパニオンになるために特別な資格は必須ではありませんが、その代わりに事務所に登録するために厳しい選考を通過しなければなりません。

選考内容は事務所によって異なりますが、多くの場合、容姿やスタイルは厳しく見られる傾向があるため、普段から見た目を良くするために自分磨きに努める必要があります。

また、ナレーターのスキルを身に着けておくと、MCコンパニオンやナレーターコンパニオンとして活躍することができるようになるので、仕事の幅を広げたいということであれば、そういった技術を習得するというのもおすすめです。

イベントコンパニオンの給料・年収

イベントコンパニオンは、人によって収入に大きな差がある職業です。

また、単発で仕事を受注するケースも多いため、安定的に契約が取れるようにならない限りは、それだけで生計を立てることは必ずしも容易ではありません。

オフィシャルな統計データなどで年収水準が示されているわけではありませんが、一般的にはイベントコンパニオンの収入は、日給ベースで1万円から2万円程度であると言われています。

そのため、年間200日ほど稼働する場合には、200万円から400万円くらいが年収の相場であると考えてよいでしょう。

なお、これはあくまでも一般的な水準であり、人気のイベントコンパニオンの中にはその何倍もの収入を得ている人もいるようです。

イベントコンパニオンの就職・転職先(求人)

イベントコンパニオンは事務所に所属し、広告代理店などから寄せられる派遣要請に基づいて仕事をすることになります。

所属先の事務所には、モデル事務所やタレント事務所、イベント事務所、キャスティング事務所などがありますが、それに加えて人材派遣会社に登録してイベントコンパニオンとして働くという選択肢もあります。

時代の変化に伴って、かつてに比べてイベントコンパニオンのニーズは減ってきていると言われていますが、それでも大規模なイベントになるとその存在は不可欠ですので、将来的にも仕事がなくなることはないでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0