理想の就活/転職のための
自己分析サイト

環境計測士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今環境計測士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい環境計測士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

環境計測士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの環境計測士適性診断結果

あなたの適性度は44%で、環境計測士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。環境計測士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

環境計測士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.慎重に物事を進める性格
2.体力がある
3.根気がある
4.数字と向き合うことが好き
5.新たな知識を吸収することが好き
6.多くの分野の情報収集が苦でない
7.環境問題そのものに興味がある
8.コミュニケーション能力が高い
9.プレゼンテーション能力が高い
10.プレッシャーに強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 慎重に物事を進める性格 』

兼ね備えていない

環境測量士が携わる仕事は、濃度や騒音、振動など、いくつかの種類に分けることができます。しかし、どの種類であっても、非常に細かい数値を扱うことが多いです。そのため、ちょっとしたミスでも、全体に大きく響いてしまうことが少なくありません。仕事を進める上で、慎重さが欠かせないでしょう。つまり、慎重に物事を考えられる人、作業を進められる人は、環境測量士に向いていると言えます。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

環境計測士は、黙々と机に向かって計算しているイメージを持たれることがありますが、実際は異なります。デスクワーク以外の仕事も多く、濃度や振動など、様々なデータを集めるために屋外に出る機会も少なくないのです。そして、それは暑い日や寒い日でも関係ありません。雨の日や風の強い日など、天候の悪い日でも同じでしょう。そのため、体力が必要な職種とも言えます。途中でバテたりしてしまうようでは、デスクに戻った後の仕事に支障が出てしまいます。環境計測士を目指す人は、体力づくりもしっかりしていきましょう。

『 根気がある 』

十分に兼ね備えている

環境計測士の仕事はどちらかというと、コツコツとした作業が多いです。華やかさはそれほどありませんが、人々をとりまく環境を守るために欠かせない、縁の下の力持ち的なイメージと言えるでしょう。そのため、コツコツとした作業を苦に感じず、むしろ楽しんで進められるような人や、根気のある人の方が環境計測士に向いています。

『 数字と向き合うことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

仕事上、常に多くの数字と向き合うことになります。そして、その数字はとても細かいものばかりです。「そもそも、数字が好き」「数字を使って分析することが得意」という人は、環境計測士の仕事が向いているかもしれません。反対に、「数字を見ていると眠くなってしまう」「大量の数字を扱った仕事をすることが苦手」という人は、避けた方が無難かもしれません。

『 新たな知識を吸収することが好き 』

だいぶ兼ね備えている

時代が流れるにつれて、新たな環境問題が誕生することも少なくありません。法律が改正されたり、ルールが変更になったりすることもあるでしょう。環境問題は、世界的なテーマであり、その分情報量も多くなっています。さらに、計測するための機器も、技術の進歩によってどんどん新しいものに変わっていっています。環境測量士としては、常に新しい知識を吸収しながら、日々の仕事に取り組んでいく姿勢が求められるでしょう。

スポンサーリンク

『 多くの分野の情報収集が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

環境問題には、経済や政治、テクノロジーなど様々な分野が複雑に絡んでいます。環境問題にだけ目を向けておけばよいというわけではありません。そして、新しい情報もどんどん出てくるので、常に頭の中を更新しておく必要もあります。環境測量士として活躍するのであれば、様々な分野にアンテナを張っておき、まだ自分の身についていないことを得ようとする積極的な姿勢が欠かせないでしょう。

『 環境問題そのものに興味がある 』

十分に兼ね備えている

環境計測士は、環境問題に深く関わる仕事です。そもそも、環境問題に強く興味がある人でなければ、仕事の面白さを感じることは難しいでしょう。環境を守るために、環境測量士という立場から何ができるのか、しっかりその役割を理解しておくことが大切です。環境問題そのものに興味があり、専門家としてその分野をもっと深めていきたいと考える人であれば、仕事に対するモチベーションも維持しやすいと言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

デスクに座って数値の分析を行うなど、一人で進める仕事もありますが、環境測量士の仕事はそれだけではありません。同じチームの仲間やクライアントとコミュニケーションをとる機会もあります。そのため、円滑に仕事を進めるためには、一定のコミュニケーション能力が必要になってくると言えるでしょう。

『 プレゼンテーション能力が高い 』

兼ね備えていない

環境計測士といっても、様々な会社があり、仕事の内容も様々です。もしコンサルタントも行うような会社で働く場合は、クライアントに対してプレゼンテーションを行う機会が出てくるでしょう。専門性の高い内容を、できるだけ相手が分かりやすいようにまとめて、説得力を高める必要があります。仕事を成功させるには、ただ単に現場でデータを収集し、数値から分析するだけでなく、プレゼンテーション能力を高めておくことも大切でしょう。

『 プレッシャーに強い 』

兼ね備えていない

環境計測士の仕事は、とても緻密で、ミスが許されないものです。また、環境問題に携わる専門家として、大きな責任も担っています。環境計測士として活躍するためには、これらのプレッシャーに打ち勝ち、自分の職務を全うするメンタル面での強さも欠かせません。責任感の強い人も、環境計測士の仕事に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの環境計測士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 環境計測士に向いているか向いていないか
  • 環境計測士の職業適性度
  • 環境計測士に必要な10の資質
  • 解説で環境計測士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る