理想の就活/転職のための
自己分析サイト

環境保全技術者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今環境保全技術者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい環境保全技術者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

環境保全技術者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの環境保全技術者適性診断結果

あなたの適性度は53%で、環境保全技術者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。環境保全技術者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

環境保全技術者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.探究心に富んでいる
2.技術系の勉強が好き
3.自然環境保護への意識が高い
4.コミュニケーション能力が高い
5.責任感が強い
6.他人のために働くことを苦に感じない
7.社会問題への関心が高い
8.こだわりが強すぎない
9.多様な価値観や考え方への理解が深い
10.エネルギー関係の知識を持っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 探究心に富んでいる 』

あまり兼ね備えていない

環境保全技術者は名前の通り、自然環境の保全を目的とした技術開発に携わる人です。特に公害被害の予防が重要な課題であることから、技術者には自然環境の状態や公害が発生する原因に精通している必要があります。自然環境は場所によって異なる他、季節ごとにめまぐるしく変わるのも事実です。また、公害もその種類は様々であり、適切な対処法がそれぞれ異なります。正しい知識を持って公害対策に臨むためには常に最新の情報を入手し、自身の知識として取り入れる探究心が欠かせません。

『 技術系の勉強が好き 』

十分に兼ね備えている

環境保全技術者は郊外の発生を防ぐための探知機や浄化装置などの機器を設計し、製作やメンテナンスに関わるのも仕事の一部です。仕事の性質上、工業や技術に関する技能が必要になるのは否定できない事実です。最初からあらゆる技能を有するのは困難ですが、関心を持ち、技能の習得に尽力する姿勢が重要と言えるでしょう。

『 自然環境保護への意識が高い 』

そこそこ兼ね備えている

自然環境の変化は即座に影響をもたらすことは多くありません。しかし、長い年月をかけて少しずつ異常が生じ、気づいた時には重大なトラブルに発展する可能性は否定できません。自然環境の保護は世界的な課題である一方、手間がかかるわりには目立った効果が確認しにくいのも事実です。長期的な視野で臨む必要があることから、自然環境の保護がどれほど重要であるかを理解しなければ継続は難しいと言えるでしょう。環境保全技術者の仕事は技術系の仕事を通じて自然環境の保護に取り組むことであり、長期的な視野が求められる点は一般的な自然保護と変わりません。根気強く環境保護に従事し、自身の仕事の重要性を理解する姿勢が求められます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

自然環境の保護は尊い取り組みですが、その取り組みをすべての人が理解してくれるとは限りません。経済的な事情など、自然環境の保護を後回しにしている人は決して少なくないことから、そのような人にも環境保護の重要性を理解してもらうことが環境保全技術者の責務と言えるでしょう。どのような仕事を行っているのか、その仕事で自然環境の保護にどれだけ貢献しているかを分かりやすく説明できるコミュニケーション能力が必要と言えます。押しつけがましく持論を説くのではなく、聞いた人が自分の意思で環境保護に取り組むような、共感できる話術が求められます。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

仕事に従事する人はセンスや努力も必要ですが、それ以上に強い責任感が求められます。環境保全技術者も例外ではなく、自身の仕事に責任を持ち、途中で投げ出さずに最後までやり抜く根気と忍耐が必要と言っても過言ではありません。環境保護は一朝一夕で効果が出る仕事ではないため、長い目で見ながら根気強く続ける必要があります。場合によってはほぼ同じ作業を毎日繰り返すこともあるため、単調な状態になっても飽きない忍耐力、そして他人に押し付けない責任感が環境保全技術者の必須スキルとされています。

スポンサーリンク

『 他人のために働くことを苦に感じない 』

あまり兼ね備えていない

自然環境を保護する仕事は自分自身のためでもありますが、不特定多数の人が健康で安全に生活できることを目的としているのも事実です。名前も知らない赤の他人のために身を粉にして働く仕事とも言えますが、そのような働き方でも納得し、苦に感じない価値観を持っている人は貴重な人材と言っても過言ではありません。自身の体を気遣うのと同様に、見ず知らずの人々の健やかな暮らしを気遣うことができる人こそ、環境保全技術者として働くのに相応しいのは紛れもない事実です。

『 社会問題への関心が高い 』

そこそこ兼ね備えている

自然環境の変化は世界的な社会問題です。公害による大規模な環境汚染が注目されやすい傾向にありますが、家庭から排出される生ごみが地域の水源を汚染することもあるため、環境汚染は他人事ではないと言えます。環境保全技術者として働くにはマクロとミクロの両方の視野を持って環境保護へ取り組む姿勢が求められます。世界規模からご近所付き合いまで、様々な規模の社会問題に関心を持つことが優れた環境保全技術者の条件です。

『 こだわりが強すぎない 』

そこそこ兼ね備えている

自然環境の保護は妥協せずに徹底して行うのが望ましいとされていますが、一方で人々の快適な暮らしを維持するためにはある程度の環境汚染は避けられないとする見方もあります。環境汚染は皆無であることが理想ですが、その理想が必ずしも実際の社会生活で実現できるとは限りません。自然環境を守るためには技術開発や人々の便利な暮らしをどれだけ制限するのが最善かを慎重に判断するのも環境保全技術者の務めと言えるでしょう。理想と現実のギャップを埋め、納得できる形に仕上げることが環境保護の実現に繋がります。

『 多様な価値観や考え方への理解が深い 』

そこそこ兼ね備えている

自然環境の保護に対する考え方は人それぞれです。重要な事柄であると認識しつつ、様々な理由から後回しにしているケースは決して珍しくありません。個人だけではなく、地域ごとや会社組織ごとなど、何らかのまとまった集団の単位で価値観や考え方が異なるのも事実です。そのような価値観を持つに至った経緯を把握し、考え方を理解することによって軋轢が生じない自然環境の保護が実施できると言えるでしょう。

『 エネルギー関係の知識を持っている 』

あまり兼ね備えていない

環境保全技術者は仕事の性質上、公害被害の対策に従事することがあります。公害はエネルギー関係の企業が関与しているケースが少なくないため、適切な公害対策を行うにはエネルギー事業の知識が必須です。石油や原子力など世界的に広く用いられているエネルギーだけではなく、バイオテクノロジーのような最新の技術に基づいた新しい形のエネルギー事業の知識も有することで様々な公害被害への効果的な対処が可能になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの環境保全技術者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 環境保全技術者に向いているか向いていないか
  • 環境保全技術者の職業適性度
  • 環境保全技術者に必要な10の資質
  • 解説で環境保全技術者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る