理想の就活/転職のための
自己分析サイト

環境コンサルタントに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今環境コンサルタントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい環境コンサルタントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの環境コンサルタント適性診断結果

あなたの適性度は46%で、環境コンサルタントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。環境コンサルタントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

環境コンサルタントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.環境を守りたい気持ちが強い
2.環境問題に関心がある
3.環境団体に詳しい
4.取り組みたい環境問題がある
5.企画力がある
6.情報調査が得意
7.環境関連の法制や取り組みに詳しい
8.プレゼンテーションが得意
9.外国との仕事に抵抗がない
10.人付き合いが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 環境を守りたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

地球環境を保全していきたいという強い気持ちを持っている人は環境コンサルタントにうってつけです。環境コンサルタントとは環境保全についての専門的な知識や経験を持っている人のことで、世界的に取り組まれているSDGsの達成を代表としてさまざまな形で環境を守る取り組みに参画できます。環境を大切にするための仕事をしていきたいという意志がある人は環境コンサルタントとして働くと高いモチベーションを持てるでしょう。

『 環境問題に関心がある 』

あまり兼ね備えていない

環境問題に関心があって、自分でもできることを何かやっていきたいと思っている人は環境コンサルタントに向いています。環境コンサルタントは直接的には環境問題の解決のために手を動かすわけではありません。しかし、環境問題に取り組もうとしている自治体や市民団体、企業などのコンサルティングを通して、積極的に環境問題の解決を進める道筋を立てることができます。個人ではできない環境対策も自治体や企業であれば実現できる可能性があるので、個人で取り組むよりも大きな貢献ができるでしょう。

『 環境団体に詳しい 』

兼ね備えていない

環境団体に詳しい人は環境コンサルタントになると活躍できるでしょう。環境コンサルタントはクライアントと他の環境団体を引き合わせて、協力する体制を整えることも重要な役割の一つだからです。企業が考えている環境対策の取り組みを進める上で、NGOなどが協力してくれればスムーズに進む場合もあります。このような提案をする上で環境団体に詳しいのは強みになります。

『 取り組みたい環境問題がある 』

だいぶ兼ね備えている

具体的に取り組みたいと思っている環境問題がある人は環境コンサルタントになるとやりがいがあるでしょう。地球温暖化、大気汚染、海洋汚染、森林破壊など、地球環境問題は多岐にわたっています。一人の力ですべてをカバーすることは容易ではありませんが、自分が取り組みたい環境問題があるなら専門家として深い知識を付けられるでしょう。環境コンサルタントはプロとしての対応を求められるので、こだわりを持って取り組みたい環境問題がある人に向いています。

『 企画力がある 』

あまり兼ね備えていない

環境コンサルタントは企画力がある人に向いている職種です。環境コンサルタントは環境保全のために何をすべきかを企画して提案することが求められるからです。環境対策としてやるべきことがわかっていたとしても、具体的に何をすれば良いかがわからずに環境コンサルタントに相談するケースは多々あります。まず始めるべきことを企画としてまとめて提案できると、クライアントもすぐに取り組みを始められるので喜ばれます。

スポンサーリンク

『 情報調査が得意 』

十分に兼ね備えている

環境コンサルタントは情報調査能力が高いことが重要で、近年の環境問題の動向や環境対策の取り組みなどについて調べる力があると有利です。情報調査が得意という意識がある人は環境コンサルタントとして活躍できます。環境問題への取り組みは世界的に活発に進められているので、新しい情報が次々に出てきます。いつもアンテナを張って情報調査をする習慣を作れると、知識豊富な環境コンサルタントとして重宝されるでしょう。

『 環境関連の法制や取り組みに詳しい 』

十分に兼ね備えている

環境に関連する法制や取り組みに詳しい人は環境コンサルタントとして活躍しやすいでしょう。企業を支援する目的で補助金制度を設けていたり、環境問題への取り組みに対して産官学連携のプロジェクトの参加者の募集がおこなわれていたりする場合があります。クライアントにアドバイスをする上で重要な情報なので、環境コンサルタントとして成功する上で重要なポイントです。

『 プレゼンテーションが得意 』

あまり兼ね備えていない

プレゼンテーションが得意な人は環境コンサルタントに適しています。魅力的な企画ができたとしても、提案が受け入れられなかったら実現されません。訴求力のあるプレゼンテーションができる人は環境コンサルタントとして成功できます。

『 外国との仕事に抵抗がない 』

そこそこ兼ね備えている

環境問題はグローバルな視点で取り組む必要があります。グローバル視野がある人は環境コンサルタントとして活躍できるでしょう。世界との協力をしていくことは環境問題の解決には欠かせません。クライアントの環境対策に関する課題に応じて、グローバルな提携をする方針を提案できると信頼性の高い人材として認めてもらえます。

『 人付き合いが好き 』

兼ね備えていない

環境コンサルタントは人付き合いが好きな人に向いています。環境コンサルタントはクライアントや環境関連の団体との付き合いを通して仕事をする職種だからです。人脈を広げていくことでコンサルティングで提案できることも増えていきます。環境に関心を持っている人たちとのネットワークを広げていきたいと思っている人は環境コンサルタントにうってつけです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの環境コンサルタント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る