理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

芸人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今芸人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい芸人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

芸人に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの芸人適性診断結果

あなたの適性度は50%で、芸人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。芸人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

芸人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.お笑いが好き
2.度胸がある
3.話すことが好き
4.チャレンジ精神がある
5.リアクションが大きい
6.目立ちたがり屋
7.ハングリー精神を持っている
8.金銭面での困難を我慢できる
9.空気が読める
10.体力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
芸人適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 お笑いが好き 』

あまり兼ね備えていない

芸人にとって重要なものと言えるのが、「お笑いが好きであること」です。お笑い芸人は漫才やコントのネタを作って、それを披露するのが仕事となります。ただ芸を披露するだけでなく見に来てくれた人に笑ってもらう必要があるため、常に笑えるものを追求していくことが求められるでしょう。そのような作業は心の底からお笑いが好きでないと継続するのは難しいと考えられます。そのため芸人を目指すのであれば笑いを好きになることから始めるのが良いでしょう。

『 度胸がある 』

あまり兼ね備えていない

芸人は舞台に立って漫才やコントを披露します。人気が上昇していけば、テレビ番組に出演することも増えるでしょう。このように大勢の人の前でネタを披露するのが芸人の仕事であるため、度胸のある人ほど芸人に向いていると言えます。度胸のある芸人は緊張してしまうような状況でも自分の能力を最大限に発揮できるでしょう。人前でも緊張せずに自分の持ち味を活かせるような度胸を持っていれば、テレビの生放送でも大活躍できるかもしれません。

『 話すことが好き 』

十分に兼ね備えている

芸人は漫才やコントといったネタを披露する場面で多くの言葉を発することになりますが、それだけではありません。例えばバラエティー番組に出演することになれば、自分のエピソードを話すシーンも出てきます。他人と話すことが好きな人や自分の話を他人に聞いてもらうのが好きな人であれば、バラエティー番組に出演したときにも面白い話を披露できる可能性が高いです。

『 チャレンジ精神がある 』

そこそこ兼ね備えている

芸人は様々な場面で過酷な試練を受けることになります。その試練からは逃げることもできますが、逃げてしまうと仕事が減ってしまう可能性も高まります。多くの仕事を受けられるようになるためにも芸人はチャレンジ精神を持っていることが大切だと言えます。一見すれば無理だと思えるようなものにチャレンジして成功すれば評価が上がるでしょう。仮に失敗しても笑ってもらえるので芸人としては挑戦する方がメリットが大きいです。

『 リアクションが大きい 』

だいぶ兼ね備えている

リアクションの大きい人は芸人に向いていると考えられます。やりすぎだと思われるくらいの大きいリアクションを取れる人は、司会や共演者から良いパスを貰えることが多いです。またリアクションの大きい人はリアクション芸に長けた人だと思ってもらいやすいので、ドッキリを仕掛けてもらえることも多いでしょう。リアクションの大きい人はバラエティー番組の罰ゲーム系の企画でも仕事を貰いやすいかもしれません。

スポンサーリンク

『 目立ちたがり屋 』

だいぶ兼ね備えている

芸人は多くの人に見られることが重要です。多くの人に注目してもらうためには誰よりも目立っていることが大切なポイントとなります。そのため目立ちたがり屋で、どんどん自分をアピールできる人がお笑い芸人に向いています。昔から誰よりも目立ちたくて仕方がなかったという人は、芸人を目指してみてもいいかもしれません。

『 ハングリー精神を持っている 』

兼ね備えていない

ハングリー精神を持っている人は芸人に向いていると考えられます。ここでのハングリー精神は「有名になりたい」という気持ちや「お金持ちになりたい」という気持ちを指します。このハングリー精神を持ち合わせている人であれば、競争の激しい芸能界でも根気強く戦っていける可能性が高いです。ハングリー精神を持っていれば、売れない時期が長く続いたとしても日の目を浴びるまで芸人を続けられます。

『 金銭面での困難を我慢できる 』

十分に兼ね備えている

芸人には売れない時期があり、その時期は給料も安い傾向にあります。収入が少ないと生活も苦しくなりやすく、金銭面でのストレスを感じやすいでしょう。そのような状況でも「売れるまでの辛抱だ」と強い気持ちを持って我慢を続けられる人が芸人に向いていると言えます。この金銭面での我慢を続けられる人なら、何年かかったとしても芸人として売れる日を夢見て突き進んでいけるでしょう。

『 空気が読める 』

あまり兼ね備えていない

芸人の仕事は1人で乗り越えていくものではありません。普段はライバルですが、同じ番組や同じ舞台に出演しているときには協力し合う仲間でもあります。そのため「今はあの人が話しているから黙っておこう」、「ここは自分が話した方が良い流れになるな」といったように、その場の空気を読める人の方が芸人として活躍できる可能性が高いです。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

芸人は体力を消耗しやすい職業です。漫才やコントを行うだけでも、1日に何ステージもこなす必要があります。バラエティー番組の体当たり企画に挑む場合も体力の消耗は激しいでしょう。このように芸人の仕事は体力仕事と言っても過言ではないので、体力のある人ほど芸人に向いていると考えられます。人気芸人になれば1日のスケジュールも過密になってくるので、その点においても体力は重要な要素となります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの芸人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
芸人適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 芸人に向いているか向いていないか
  • 芸人の職業適性度
  • 芸人に必要な10の資質
  • 解説で芸人に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

芸人とは?

芸人は、芸を見せて、お金を稼ぐ人のことをいいます。

お笑い芸人とも言われ、みんなを笑顔にするのが仕事です。

テレビに出て、冠番組を持つことを目標としたり、賞レースで勝つことを目指す人もいます。

有名人になりたいだとか、異性にモテたいなど、志す理由は様々です。

単純にたくさんの人の笑顔を見たいから、という理由で芸人になりたいと考える人もいます。

テレビ番組にレギュラーで出演するような芸人になれば、同世代のサラリーマンでは考えられないほどの収入を得ることもできます。

ただ、長い間売れることなくくすぶる芸人も多く、ハイリスク・ハイリターンの職業と言えます。

芸人になるには?

一昔前までは、芸人になるには、先輩芸人の弟子になるのが一般的でした。

下積みを重ねて、少しずつ高座に上がったり、舞台に立ったりできるようになります。

実際に落語家や講談師など、師匠・弟子制度を守っている業界もたくさんあります。

しかし近年では、お笑い養成所を持っている企業が多いです。

お金を払って学校に通い、デビューのチャンスを掴む方法です。

同世代の芸人の卵たちと切磋琢磨しながら、腕を磨きます。

クラスや学校の人気者が、芸人を目指すパターンが多いです。

養成所にいながらお茶の間の人気者になるような人もいれば、何十年も売れない人もいます。

アルバイトをせずに芸人だけで生活ができる人は、少数派です。

芸人の給料・年収

芸人ほど、平均年収を出しにくい職業はありません。

テレビで冠番組を多数抱えるような人気芸人になれば、年収は数億円に上ります。

サラリーマンの生涯年収を、1年で稼ぎ出すような芸人も多く、夢のある職業です。

しかし一方で、20年・30年と芸人を続けながら、アルバイトで食いつないでいるような人もたくさんいます。

若手芸人などは、月収が数百円などという話もよく聞きます。

有名な賞レースで活躍することで、一夜にしてスターになる人も少なくありません。

年収が、1年で100倍になることもあります。

成功すれば、とてつもない年収を得ることができますが、そうでないケースも多々あります。

芸人の就職・転職先(求人)

所属する企業が舞台を持っていれば、そこに毎日出演することもできます。

若手芸人で少し人気が出てくれば、出番も増え、収入も少しずつ安定していきます。

しかし、舞台に出るだけで生活をするのは、苦しいです。

テレビに出演できるようになれば、華やかな芸能生活が待っています。

スタジオでの収録や、街中でのロケーションなど、多くの人の目に留まる場所で活躍をすることができます。

芸人の職場としては、地方の営業もポピュラーです。

いろいろな場所に行って芸を披露したり、学園祭やイベントに呼ばれることもしばしばです。

芸人を辞めて、裏方に回る人もいます。

放送作家に転身したり、制作会社を起業する人もいます。

転職をしても芸能界に関係する職業に残ることを目指す人もいれば、全く関係ない職業を選ぶ人も多いです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0