理想の就活/転職のための
自己分析サイト

芸人適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今芸人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい芸人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの芸人適性診断結果

あなたの適性度は56%で、芸人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。芸人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

芸人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.お笑いが好き
2.度胸がある
3.話すことが好き
4.チャレンジ精神がある
5.リアクションが大きい
6.目立ちたがり屋
7.ハングリー精神を持っている
8.金銭面での困難を我慢できる
9.空気が読める
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 お笑いが好き 』

あまり兼ね備えていない

芸人にとって重要なものと言えるのが、「お笑いが好きであること」です。お笑い芸人は漫才やコントのネタを作って、それを披露するのが仕事となります。ただ芸を披露するだけでなく見に来てくれた人に笑ってもらう必要があるため、常に笑えるものを追求していくことが求められるでしょう。そのような作業は心の底からお笑いが好きでないと継続するのは難しいと考えられます。そのため芸人を目指すのであれば笑いを好きになることから始めるのが良いでしょう。

『 度胸がある 』

あまり兼ね備えていない

芸人は舞台に立って漫才やコントを披露します。人気が上昇していけば、テレビ番組に出演することも増えるでしょう。このように大勢の人の前でネタを披露するのが芸人の仕事であるため、度胸のある人ほど芸人に向いていると言えます。度胸のある芸人は緊張してしまうような状況でも自分の能力を最大限に発揮できるでしょう。人前でも緊張せずに自分の持ち味を活かせるような度胸を持っていれば、テレビの生放送でも大活躍できるかもしれません。

『 話すことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

芸人は漫才やコントといったネタを披露する場面で多くの言葉を発することになりますが、それだけではありません。例えばバラエティー番組に出演することになれば、自分のエピソードを話すシーンも出てきます。他人と話すことが好きな人や自分の話を他人に聞いてもらうのが好きな人であれば、バラエティー番組に出演したときにも面白い話を披露できる可能性が高いです。

『 チャレンジ精神がある 』

だいぶ兼ね備えている

芸人は様々な場面で過酷な試練を受けることになります。その試練からは逃げることもできますが、逃げてしまうと仕事が減ってしまう可能性も高まります。多くの仕事を受けられるようになるためにも芸人はチャレンジ精神を持っていることが大切だと言えます。一見すれば無理だと思えるようなものにチャレンジして成功すれば評価が上がるでしょう。仮に失敗しても笑ってもらえるので芸人としては挑戦する方がメリットが大きいです。

『 リアクションが大きい 』

十分に兼ね備えている

リアクションの大きい人は芸人に向いていると考えられます。やりすぎだと思われるくらいの大きいリアクションを取れる人は、司会や共演者から良いパスを貰えることが多いです。またリアクションの大きい人はリアクション芸に長けた人だと思ってもらいやすいので、ドッキリを仕掛けてもらえることも多いでしょう。リアクションの大きい人はバラエティー番組の罰ゲーム系の企画でも仕事を貰いやすいかもしれません。

スポンサーリンク

『 目立ちたがり屋 』

そこそこ兼ね備えている

芸人は多くの人に見られることが重要です。多くの人に注目してもらうためには誰よりも目立っていることが大切なポイントとなります。そのため目立ちたがり屋で、どんどん自分をアピールできる人がお笑い芸人に向いています。昔から誰よりも目立ちたくて仕方がなかったという人は、芸人を目指してみてもいいかもしれません。

『 ハングリー精神を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

ハングリー精神を持っている人は芸人に向いていると考えられます。ここでのハングリー精神は「有名になりたい」という気持ちや「お金持ちになりたい」という気持ちを指します。このハングリー精神を持ち合わせている人であれば、競争の激しい芸能界でも根気強く戦っていける可能性が高いです。ハングリー精神を持っていれば、売れない時期が長く続いたとしても日の目を浴びるまで芸人を続けられます。

『 金銭面での困難を我慢できる 』

だいぶ兼ね備えている

芸人には売れない時期があり、その時期は給料も安い傾向にあります。収入が少ないと生活も苦しくなりやすく、金銭面でのストレスを感じやすいでしょう。そのような状況でも「売れるまでの辛抱だ」と強い気持ちを持って我慢を続けられる人が芸人に向いていると言えます。この金銭面での我慢を続けられる人なら、何年かかったとしても芸人として売れる日を夢見て突き進んでいけるでしょう。

『 空気が読める 』

そこそこ兼ね備えている

芸人の仕事は1人で乗り越えていくものではありません。普段はライバルですが、同じ番組や同じ舞台に出演しているときには協力し合う仲間でもあります。そのため「今はあの人が話しているから黙っておこう」、「ここは自分が話した方が良い流れになるな」といったように、その場の空気を読める人の方が芸人として活躍できる可能性が高いです。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

芸人は体力を消耗しやすい職業です。漫才やコントを行うだけでも、1日に何ステージもこなす必要があります。バラエティー番組の体当たり企画に挑む場合も体力の消耗は激しいでしょう。このように芸人の仕事は体力仕事と言っても過言ではないので、体力のある人ほど芸人に向いていると考えられます。人気芸人になれば1日のスケジュールも過密になってくるので、その点においても体力は重要な要素となります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの芸人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る