理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

納棺師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今納棺師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい納棺師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

納棺師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの納棺師適性診断結果

あなたの適性度は53%で、納棺師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。納棺師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

納棺師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.遺体に触れることに抵抗がない
2.メンタルが強い
3.手先が器用
4.美的センスがある
5.思いやりがある
6.責任感がある
7.筋力と体力がある
8.テキパキ素早く作業できる
9.車の運転スキルがある
10.観察力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
納棺師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 遺体に触れることに抵抗がない 』

だいぶ兼ね備えている

納棺師は、人の遺体に触れる仕事です。遺体を見ることができないという人では、務まりません。そして、人の遺体は冷たくなっている上に、独特な臭いを放っていることが多いです。そのため、人によっては、遺体に触れることに強いストレスを感じる場合があります。仕事の度に強いストレスを感じていれば、納棺師として働き続けるのは難しいでしょう。したがって、遺体に触れることに特に抵抗感を持たず、淡々と作業ができる人が納棺師に向いています。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

納棺師は、人の死に携わる仕事です。そして、悲しみに暮れている遺族の近くで作業をすることが非常に多いです。そのような悲しい雰囲気に飲まれてしまうことなく作業ができる、強いメンタルの持ち主が納棺師に向いています。また、納棺師が接する遺体の中には、事故などで大きく損傷していたり、肌の色が変わっていたりするものがあります。そういった遺体に触れても、心を壊してしまわないためにも、メンタルの強さが求められます。

『 手先が器用 』

だいぶ兼ね備えている

納棺師の仕事は、遺体の処理がメインです。その遺体の処理には、防腐処理や死化粧など、細かな作業が数多くあります。デリケートな遺体の鼻の穴に綿を詰めたり、死後に伸びた髭を剃ったりします。また、損傷している遺体の場合は、修復の作業も必要です。そういった作業をこなせる、手先の器用な人が納棺師に向いています。

『 美的センスがある 』

そこそこ兼ね備えている

納棺師が遺体の死化粧をする際には、遺体を美しくすることを考えなければなりません。また、生前の写真や映像を参考にしながら、なるべく生前の状態に近い見た目にすることも大切です。そのため、美的センスがあって、レベルの高い化粧を施せる人が、納棺師に向いています。

『 思いやりがある 』

そこそこ兼ね備えている

納棺師は、思いやりを持って遺体を取り扱わなければなりません。また、身近な人が亡くなって、悲しみに暮れている遺族に対しても思いやりが必要です。遺体をぞんざいに扱ったり、遺族に対してデリカシーのないことを言ってしまったりすると、大きなトラブルに繋がりかねません。そのため、常日頃から人の気持ちに敏感で、思いやりを持って接することができる人が納棺師向きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 責任感がある 』

兼ね備えていない

納棺師の具体的な仕事は、遺体を移動させたり、死化粧を施したりするなど色々あります。そういった仕事は基本的に、失敗が許されません。移動させる際に遺体を落下させてしまい、それを遺族に見られた場合、遺族の心を傷付けることになるでしょう。また、遺体の髭を剃る際に手元が狂うと、遺体の顔を傷付けることになる恐れがあります。その結果、最後の別れの際に、遺体を目にした遺族がショックを受けることになりかねません。そのような失敗をしないよう、責任感を持って働ける人が納棺師に向いています。

『 筋力と体力がある 』

十分に兼ね備えている

納棺師は、遺体を運ぶ作業も仕事のひとつです。基本的には2人で、遺体を持ち上げて移動させます。その遺体は非常に重いので、筋力が必要です。また、遺体に死化粧を施す際には、遺族が近くにいることが多いです。よって、脱力することができず、背筋を伸ばして正座をした状態で、作業をしなければなりません。そのような厳しい姿勢で作業を続けるには、体力が必要です。したがって、筋力と体力に自信があるという人が、納棺師に向いています。重いものを持ち上げることができない、体力がなくてすぐに疲れてしまうという人では、納棺師として働くのは難しいでしょう。

『 テキパキ素早く作業できる 』

そこそこ兼ね備えている

納棺師は、1日に複数の依頼が入ることも珍しくありません。よって、1件の仕事に使える時間は限られています。場合によっては、1時間以内で全ての作業を終わらせなければならないこともあります。そのような短時間での作業を実現できる、動作が素早い人が納棺師に向いています。のんびりと作業をしたいという人は、納棺師向きではありません。

『 車の運転スキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

納棺師は基本的に、自動車で移動します。そのため、自動車の免許が必要です。そして、依頼先が遠い場合は、長時間運転をする必要があります。その運転時には、間違っても事故を起こしてはいけません。事故によって、納棺師が依頼先に到着できなければ、それ以降の葬儀スケジュールが崩れてしまうからです。したがって、長時間の運転でも事故を起こさない、レベルの高い運転スキルを持っている人が納棺師に向いています。

『 観察力がある 』

だいぶ兼ね備えている

納棺師の仕事に必要なスキルは、学校や会社の研修で、ある程度は身に付けることができます。しかし、実践的なスキルは、実際に現場で先輩の納棺師の仕事を見ながら身に付けていかなければなりません。そのため、先輩の作業をしっかり見ることができる、観察力のある人が、納棺師に向いています。観察力がなければ、納棺師としてスキルアップするのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの納棺師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
納棺師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 納棺師に向いているか向いていないか
  • 納棺師の職業適性度
  • 納棺師に必要な10の資質
  • 解説で納棺師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

納棺師とは?

納棺師とは、お亡くなりになった人を棺に納める人のことです。

故人を棺に納める「納棺の儀」を行うのが納棺師です。

身体を洗い清め、身支度を整え、死化粧を施し、故人がきれいに身支度をして旅立てるよう準備をします。

納棺師が故人の顔や身体をきれいにすれば、遺族は故人の眠っているかのような安らかな表情を見ることができ、穏やかな気持ちで見送ることができます。

多くは葬儀社のスタッフが納棺の儀を行い、納棺師の肩書を持つ人が行うケースは少ないものです。

しかし遺体のケアは専門的知識や技術を要することも多く、納棺師の役割は重要です。

納棺師になるには?

納棺師になるための公的な資格はありません。

納棺師になるには、葬儀社に就職するのが一般的です。

納棺師の仕事は専門的知識や技術が求められるため、社内で研修制度を設けていることが少なくありません。

納棺師としての教育・研修を受け、最初は先輩のサポートをしながら経験を積んでいきます。

または、専門学校に通うことで、納棺師としての勉強ができます。

専門学校では葬祭に関する知識や遺族心理学、エンゼルケアや納棺の実技などを行い、納棺師としての知識やスキルを身につけられます。

そのうえで、納棺師を必要としている会社に就職すれば、納棺師として働くことができます。

納棺師の給料・年収

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、納棺師の平均年収は約386万円です。

初任給は15万~20万円程度が相場で、勤続年数が長くなるにつれ昇給するのが一般的です。

納棺師の資格はないため、資格手当は期待できませんが、経験があれば経験給が出ることもあります。

葬儀の内容は地域によって異なり、葬儀に費用をかける地域であれば、納棺師の給料も高くなる傾向にあります。

また、会社の規模が大きいほど、納棺師の給料も高くなり、平均年収が500万~600万円程度になることも。

管理職になれば役職手当がつくので、給料アップも期待できます。

納棺師の就職・転職先(求人)

納棺師として働く場合、葬儀会社に就職・転職をするのが一般的です。

葬儀会社の場合、納棺業務以外の仕事を行うことも多いでしょう。

納棺業務のみを行う業者もあるので、納棺師の仕事を専門にやっていきたい場合は、専門業者への就職・転職がおすすめです。

ただし、納棺業務専門の会社からの求人は多くはありません。

まずは一般の葬儀会社に就職をして経験を積み、機会をうかがい納棺業務専門会社への転職を検討するのも選択肢の一つです。

近年では葬儀の形が簡略化されつつありますが、納棺の作業は必要なものなので、将来的に納棺師の仕事がなくなることは考えにくいでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0