理想の就活/転職のための
自己分析サイト

電気工事士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今電気工事士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい電気工事士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

電気工事士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの電気工事士適性診断結果

あなたの適性度は50%で、電気工事士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。電気工事士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

電気工事士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.電気工事に興味がある
2.根性がある
3.体力に自信がある
4.コミュニケーションが得意
5.几帳面で丁寧に作業ができる
6.向上心がある
7.集中力を維持できる
8.マニュアル通りに仕事ができる
9.新しい知識を学ぶのが好き
10.忍耐力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 電気工事に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

電気工事士に向いている人というと、電気工事に強い興味があることが挙げられます。例えば、小さい時から電気機器を触るのが好きだった、電気のおもちゃを組み立てて遊ぶのが好きだったなどです。そもそも電気工事は複雑な知識、高い技術が必要なため、全く電気工事に興味がないと現場で使う資材、機材などを理解するのに時間がかかってしまいます。その点、電気工事に強い関心があれば、成長しようと必死に奮闘するので電気工事士として一人前になるのも早いです。

『 根性がある 』

十分に兼ね備えている

根性が備わっていることも電気工事士として必要なスキルです。電気工事士というのは目に見えない電気を扱う仕事なので、一歩間違えてしまうと命に危険が及びます。そのため、先輩から厳しい教育を受けることが少なくありません。また、電気工事士として身に付けないといけない知識、技術も多く、一人前になるまでがとても大変です。実際、仕事の厳しさに耐えきれず挫折してしまう方は多いです。電気工事士として活躍するには、厳しい指導にも耐えられる根性が必須といえます。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

電気工事士として働くには、体力に自信があることも大事です。重い機材を運んだり、夏の暑い屋外で長時間にわたって作業をしたりするのが当たり前なので、電気工事士は体力がいる仕事です。とりわけ新人の頃は荷物や材料運びなどの作業がメインとなるので、体力的に疲労感を感じやすいと言えます。そのため、学生時代に部活に力を入れていたなど体力に自信がある人に向いている仕事です。

『 コミュニケーションが得意 』

あまり兼ね備えていない

コミュニケーションが得意な人も電気工事士に向いています。そもそも電気工事士は一人で作業を行うのは稀で、ほとんどの場合、他業種とチームを組んで仕事に取り組みます。他業種とコミュニケーションを上手く図れれば、作業を進めやすくすることが可能です。また、仕事の質を高められることから、電気工事士にはコミュニケーション能力が必須です。

『 几帳面で丁寧に作業ができる 』

十分に兼ね備えている

几帳面で丁寧に作業ができる人も電気工事士に向いています。電気工事の現場は電気を扱うため、一歩間違えてしまうと感電などの危険が伴います。また、電気工事のどこかに不備があると漏電が発生して火災を招いてしまう恐れもあるのです。したがって、図案通りに几帳面に丁寧に作業ができる人は周囲の信頼を勝ち取ることができるので、電気工事士に向いています。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

電気工事士として活躍するには常に向上心を持つことも大切なスキルです。電気工事士として会社や同僚、先輩から信頼を得るためには、常に技術の向上に努めなければいけません。また、新しい資格、免状の取得を目指すことでレベルアップが可能です。向上心を持ち続け必死に努力できる人こそ、電気工事士として活躍できると言えるでしょう。

『 集中力を維持できる 』

兼ね備えていない

集中力を維持できるスキルも電気工事士として働く上で必須です。電気工事士は、同じ作業を淡々と繰り返すことが少なくありません。単調な作業を続けていると、ついつい気が抜けてしまいがちです。ただ事故を起こすことなく安全に作業をするためには、長時間にわたって集中力を維持することが求められます。そのため、常に集中して仕事ができる人は電気工事士として活躍できます。

『 マニュアル通りに仕事ができる 』

あまり兼ね備えていない

マニュアル通りに仕事ができる人も電気工事士に向いていると言えるでしょう。電気工事士として働くに当たり、先輩から指示された作業を定められた手順で期限内に行うことが重要です。マニュアル通りに作業を行うことで、効率よく安全に仕事が完遂できるからです。したがって、誰かに指示された通りに仕事をするのが嫌だという方、自由に仕事をしたいという方は電気工事士に向いていません。

『 新しい知識を学ぶのが好き 』

あまり兼ね備えていない

新しい知識を学ぶのが好きなことも電気工事士に必要なスキルといえます。そもそも電気工事の技術は常に同じというわけではなく、年々進化しているのです。効率の良い工法、安全に作業ができる新しい機材がどんどん登場しているため、電気工事士として活躍するには新しい技術を積極的に学ぶ必要があります。つまり、新しいことを勉強する意欲のある人に電気工事士は向いています。

『 忍耐力がある 』

十分に兼ね備えている

電気工事士として働くためには忍耐力が備わっていることも求められます。電気工事士の仕事は、狭い場所で配線作業をしたり、電気設備を要望通りに設置したりと長時間にわたって行われることが多いです。つまり、長時間にわたって一定の作業を地道に継続できる忍耐力が必須といえます。逆に、同じ作業をしていてすぐに飽きてしまう人だと仕事を続けるのが大変です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの電気工事士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 電気工事士に向いているか向いていないか
  • 電気工事士の職業適性度
  • 電気工事士に必要な10の資質
  • 解説で電気工事士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る