理想の就活/転職のための
自己分析サイト

エフェクトデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今エフェクトデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいエフェクトデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのエフェクトデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は51%で、エフェクトデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。エフェクトデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

エフェクトデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインソフトを使える
2.とにかくゲームが好き
3.柔軟な発想力がある
4.観察力がある
5.細かい事にこだわれる
6.コミュニケーション能力がある
7.協調性がある
8.物事の理解が早い
9.高い向上心がある
10.分析が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 デザインソフトを使える 』

十分に兼ね備えている

エフェクトデザイナーは、複数のデザインツールを扱えることがマスト条件とされています。そのため、Maya(3DCG制作ソフト)やAdobe After Effects(グラフィック制作ソフト)はもちろん、IllustratorやPhotoshopが扱えることが求められます。デザインツールを使いこなすことは、エフェクトデザイナーとしてスキルアップをするためにも必要であるため、時間がある時に勉強して幅広く扱えるようにしておくのがベストです。

『 とにかくゲームが好き 』

そこそこ兼ね備えている

エフェクトデザイナーは、ゲームの視覚効果を上げるための演出をするのが仕事です。どのような演出をすればワクワクするのかなど、ユーザー目線で考える必要があります。そのため、エフェクトデザイナーはゲームが好きであることも大切な要素です。ゲーム好きであれば色々なゲームをプレイしてエフェクトの効果を比較したり、どうすればより効果を上げられるのか考察したりして、自分の仕事にも役立てることができます。

『 柔軟な発想力がある 』

あまり兼ね備えていない

エフェクトはゲームの爽快感を高めたり、手ごたえを感じさせたりと、ユーザーの満足度を高めるために大きな役割を果たします。そのため、エフェクトデザイナーこれまでにない新しいエフェクトで、ユーザーの心をつかむことも大事です。ありきたりではないエフェクトをデザインするためには、発想力が必要になります。発想力を高めるためには、色々なゲームに触れるだけでなく、芸術や音楽など様々なものからインスピレーションを得ることも大切です。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ゲームの世界では、キャラクターの動きはもちろん武器や防具の造形や衝撃度などにリアリティが求められています。一つ一つの武器・防具の造形をリアルに表現するだけでなく、振り上げた時・振り下ろした時にどのような動きをするのかなども詳細に表現する必要があります。そのため、エフェクトデザイナーはクオリティの高い表現をするための観察力がある人に向いている仕事です。

『 細かい事にこだわれる 』

あまり兼ね備えていない

ゲームのエフェクト効果を上げるためには、それぞれのシーンに合う適切な演出が必要です。爆発の演出においても、ただ光を出すだけでなく、どのタイミングで出すかも計算しなければなりません。より充実感・爽快感が得られるように設計する必要があるのです。そのため、エフェクトデザイナーはゲームの充足度を最大限まで引き出す細部の演出力があることが求められます。リアリティのある演出をするためには、自然の摂理や物理的法則なども知っておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

エフェクトデザイナーは人とあまり関わりを持たず、1日中パソコンの前で作業を行うイメージがあります。しかし、実際にはゲームプランナーやCGデザイナー、プログラマーなどと連携して仕事を行うため、コミュニケーションを取りながらゲームを制作していきます。そのため、課題や問題点を話し合い解決したり、円滑に作業を進めたりするためにもコミュニケーション能力が必要です。

『 協調性がある 』

兼ね備えていない

ゲーム制作は分業化されており、それぞれが専門分野で力を発揮しながら協力して素晴らしい作品を作っていくというシステムになっています。信頼関係を築いていかなければチームワーク良く作業を進めることができないため、エフェクトデザイナーには協調性も必要です。自我が強く人と衝突ばかりする性質では、チームプレイの現場で働くのは難しいでしょう。

『 物事の理解が早い 』

そこそこ兼ね備えている

エフェクトはただインパクトがあるだけでなく、ゲームの世界観に合っていることが大切になります。斬新なエフェクトであっても、世界観に合っていなければゲームを台無しにしてしまいます。そのため、エフェクトデザイナーはゲームのコンセプトを理解し、世界観にそったエフェクトをデザインする能力が必要になります。

『 高い向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

ゲーム業界においては次々に新しい技術がでてくるため、エフェクトデザイナーとして長く活躍するためには向上心が必要になります。新しいデザインツールがリリースされたら使いこなせるように技術を身につけたり、ゲームエフェクトのトレンドを把握したりすることも大事です。常に新しいことを学び、仕事に活かしたいという積極的な学びの姿勢がある人に向いている仕事です。

『 分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

エフェクトデザイナーは、クリエイティブなエフェクトデザインをするだけでなく、分析力も求められます。年代や性別などによって好まれるエフェクトも異なり、ゲームのジャンルによっても支持されるエフェクトが違ってきます。どの層にどのようなエフェクトが支持されているのか的確に分析し、効果的にデザインできる人がエフェクトデザイナーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのエフェクトデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る