理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

エディトリアルデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今エディトリアルデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいエディトリアルデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

エディトリアルデザイナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのエディトリアルデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は36%で、エディトリアルデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。エディトリアルデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

エディトリアルデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインのセンスがある
2.コミュニケーション能力がある
3.相手の意図を汲み取るのが得意
4.デザインソフトを使える
5.納期をしっかり守れる
6.長時間集中して作業できる
7.客観的に視るのが得意
8.自分の意見をはっきり言える
9.向上心がある
10.デザインの流行に敏感
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
エディトリアルデザイナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 デザインのセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

エディトリアルデザイナーは、新聞や雑誌など、様々な印刷物のレイアウトを考えるのが仕事です。使用する写真やイラスト、文字のフォントなども、基本的にはエディトリアルデザイナーが決めます。そのように、印刷物の重要な部分を、エディトリアルデザイナーが担うことになります。したがって、大勢の人に受け入れてもらえるような印刷物を作れる、レイアウトやデザインに関するセンスがある人が、エディトリアルデザイナーに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

印刷物の作成には、エディトリアルデザイナーだけではなく、全体を取りまとめる編集者や、文章を書くライターなど、大勢の人が携わっています。そのような人たちとチームを組んで、連携を取りながら、ひとつの印刷物を作っていきます。そのため、チームメンバーとしっかりやり取りができる、高いコミュニケーション能力を持っている人が、エディトリアルデザイナーに向いています。人と関わりたくない、レイアウトやデザインの作業だけをしていたいという人は、エディトリアルデザイナーには向いていません。

『 相手の意図を汲み取るのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

エディトリアルデザイナーがレイアウトを考える際には、まず編集者と打ち合わせを行います。そして、編集者の考えを参考にしながら、具体的なデザインを決めていきます。ただ、編集者はデザインに関する専門家ではないため、わかりにくい提案をしてくることが多いです。エディトリアルデザイナーは、その提案の内容がどういったものなのかを考慮した上で、専門家としてレイアウトとデザインを作らなければなりません。そのため、相手の意図をしっかり汲み取れる人が、エディトリアルデザイナーに向いています。

『 デザインソフトを使える 』

そこそこ兼ね備えている

エディトリアルデザイナーがレイアウトやデザインを作る際には、印刷物用のDTPソフトというものを使用します。そして、クオリティの高い印刷物を作るためには、DTPソフトを使いこなさなければなりません。そのため、パソコンに苦手意識を持っていないだけでなく、ある程度使いこなせるという人が、エディトリアルデザイナーに向いています。コンピュータの操作は苦手で、使い方を覚えることに抵抗感があるという人は、エディトリアルデザイナーとして働くのは難しいでしょう。

『 納期をしっかり守れる 』

あまり兼ね備えていない

エディトリアルデザイナーの仕事には、納期が設定されています。その納期までに、必要なレイアウトデザインを全て完成させなければなりません。印刷物は、発売日や配布日に合わせて、印刷作業や運搬などのスケジュールがひと通り決目られています。もし、エディトリアルデザイナーが納期に間に合わせることができなければ、そのスケジュールを再調整しなければならず、大勢の人に迷惑がかかります。そのため、しっかりと納期を守れる人が、エディトリアルデザイナーになった方が良いでしょう。

スポンサーリンク

『 長時間集中して作業できる 』

あまり兼ね備えていない

エディトリアルデザイナーの仕事の大部分は、印刷物のレイアウトを決める作業です。1日中、写真や文字を配置していくだけの作業をすることも珍しくありません。そのような作業を、苦痛を感じることなく、黙々と続けられる集中力を持った人が、エディトリアルデザイナーに向いています。飽きっぽい性格をしていて、すぐに集中が切れてしまう人がエディトリアルデザイナーになると、納期までに作業が終わらない恐れがあります。

『 客観的に視るのが得意 』

十分に兼ね備えている

エディトリアルデザイナーは、大勢の人に気に入られるレイアウトを作らなければなりません。自身のセンスも大切ですが、印刷物を読む人のことを無視してレイアウトを作ってしまうと、受け入れられない恐れがあります。そのため、印刷物を手に取る人の立場に立って、客観的な視点からものごとを考えられる人が、エディトリアルデザイナーに向いています。

『 自分の意見をはっきり言える 』

兼ね備えていない

エディトリアルデザイナーは、大勢の人と連携をしながら仕事をしていきますが、自分の意見をはっきりと伝えなければならない場面が多いです。特に、デザイナーやカメラマンに、必要なイラストや写真を用意してもらう際には、明確な希望を伝える必要があります。また、編集者と打ち合わせする際にも、編集者の意見をただ聞くだけではなく、自分の意思を伝えなければなりません。そのため、仕事のためであれば、相手が誰であっても、しっかり意見を言える人が、エディトリアルデザイナー向きです。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

エディトリアルデザイナーは、より良いデザインを作るために、常に勉強をしなければなりません。そのため、デザインのためであれば、時間を惜しまず勉強できる、向上心のある人がエディトリアルデザイナーに向いています。そして、デザインの役に立ちそうなものは、ジャンルを問わずに次々と吸収しようとする意欲も大切です。

『 デザインの流行に敏感 』

兼ね備えていない

印刷物のデザインには、流行り廃りがあります。そして、流行に乗り遅れたデザインの印刷物は、読者が離れてしまう恐れがあります。そのため、流行に敏感な人が、エディトリアルデザイナーになった方が良いでしょう。流行っている新しいデザインを取り入れて、時代に合った印刷物を作ると、大勢の読者に受け入れられるはずです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのエディトリアルデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
エディトリアルデザイナー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • エディトリアルデザイナーに向いているか向いていないか
  • エディトリアルデザイナーの職業適性度
  • エディトリアルデザイナーに必要な10の資質
  • 解説でエディトリアルデザイナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

エディトリアルデザイナーとは?

エディトリアルデザイナーとは主に紙媒体の出版物のデザインを手掛けている職種です。

書籍や雑誌、カタログなどを出版する際には文字の大きさや画像のレイアウトなどを考えて制作することが必要になります。

本文をライターが書き、写真を写真家が撮影し、イラストをイラストレーターが描くという形で分業をして一つの出版物の素材を揃えるのが制作現場では一般的です。

その構成をエディトリアルデザイナーが考えてデザインすることで出版物が完成します。

編集者やディレクターと相談しながら読みやすさや美しさを重視した仕上がりにするのがエディトリアルデザイナーの役割です。

エディトリアルデザイナーになるには?

エディトリアルデザイナーになるにはデザインに関する知識とスキルが求められます。

資格がなくてもエディトリアルデザイナーになることができますが、基礎的なデザインの理論を学んでレイアウト設計に応用できる能力があることは必要です。

一般的には芸術や美術、デザインなどを専門とする大学や短大、専門学校で学んだ人がエディトリアルデザイナーになっています。

また、大学などを卒業して社会人になった人も、デザインセミナーなどで学んでエディトリアルデザイナーになっている場合があります。

出版社に編集者や記者として就職した人がデザインを学んでエディトリアルデザイナーになるというケースも少なくありません。

エディトリアルデザイナーの給料・年収

エディトリアルデザイナーの平均年収は厚生労働省などによる統計調査から具体的に確認することはできませんが、各社が出している求人情報や求人サイトなどの公開情報を参照すると、およそ400万円~500万円です。

エディトリアルデザイナーは出版物を完成させるための要なので、一度雇用されたら安定して働けるのが一般的です。

そのため、年次昇給によってだんだんと年収が上がっていきます。

見事なデザインの出版物を手掛けて売上が伸びれば、勤め先の業績も良くなるでしょう。

昇給やボーナスのチャンスも増えるので、成果を重視してデザインに取り組んでいけば年収が上がると期待できます。

エディトリアルデザイナーの就職・転職先(求人)

エディトリアルデザイナーの就職先・転職先は出版社がほとんどです。

出版社ではエディトリアルデザイナーは欠かせないので、スキルがあれば好待遇で採用してもらえる可能性があります。

また、デザイン会社でもエディトリアルデザイナーを募集している場合があります。

出版社の中にはデザイン会社にエディトリアルデザインを外注している場合があることに加えて、個人が出版するときにもプロにデザインしてもらいたいというニーズがあるからです。

出版物に特化しているので職場の種類は限られますが、専門的な力を発揮できる現場で働きやすいのがエディトリアルデザイナーの特徴です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0