理想の就活/転職のための
自己分析サイト

編集者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今編集者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい編集者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの編集者適性診断結果

あなたの適性度は52%で、編集者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。編集者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

編集者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.スケジュールや時間管理が得意
2.チャレンジ精神がある
3.文章力がある
4.デザインの構成が得意
5.コミュニケーション能力がある
6.様々な視点から物事を捉えられる
7.本や雑誌がとにかく好き
8.アイデアの発信が得意
9.細かい作業が得意
10.世の中の流行りを常に把握している
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 スケジュールや時間管理が得意 』

兼ね備えていない

編集者の仕事は、紙媒体やWEB媒体に掲載する記事を作成することが仕事です。日刊や週刊、月刊など掲載ペースはそれぞれ違いますが、納期があるためスケジュール管理や時間管理が得意な人でなければ務まりません。逆に納期に間に合うよう全体のスケジュールをしっかりと組むことができ、さらに時間を意識しながら業務をこなせる人は余裕を持って読者を納得させる魅力的な記事を作成することができるでしょう。

『 チャレンジ精神がある 』

そこそこ兼ね備えている

テーマを問わずさまざまな記事を作成しなければならないため、あらゆることに興味を持ちチャレンジ精神があることも編集者にとって必要な力です。今までに経験や体験したことがない分野であっても情報をしっかりと集め、読者を惹きつける記事を作成しなければいけません。初めて体験する分野であったとしても「やってみたら楽しいかも」とワクワクしながら楽しめる人やポジティブでチャレンジ精神がある人も、編集者として働いていくうえで強みになります。

『 文章力がある 』

そこそこ兼ね備えている

文章を書くことが好きな人は編集者に向いています。また、正しい日本語を使うことができ、校正力や文章力に優れている人も編集者として活躍することができるでしょう。魅力的な記事を作成するには、ただ文章を書くだけでなく読者を納得させ惹きつけるような文章を書けなければいけません。読者からの信頼を得るために常に向上心があり、今よりも文章力を上げたいという気持ちを持ち続け努力できる人も編集者の資質があると言えるでしょう。

『 デザインの構成が得意 』

そこそこ兼ね備えている

文章を書くことが得意なだけでなく、デザインの構成力が優れていることも求められます。紙媒体やWEB媒体においても数多くの記事があるため、いかにほかの記事と差をつけて魅力的なものに仕上げるかで多くの読者を獲得できます。文章を書くことが得意であっても、デザインを構成することが苦手という人は、構成力を身につけることが必要です。編集者は、文章を書くだけでなくデザインで表現することもあるため、デザインの構成力を鍛えておくと良いでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

編集者の仕事は一人で黙々とこなすのではなく、チームワークを大切にしながら進める業務が数多くあります。円滑に記事を作成できるようにそれぞれ担当に分かれて業務を進めますが、最終的にはチームでやりとりしながら一つの記事を仕上げていきます。また、取材先や校閲者のほかにも印刷担当者など、コンテンツを完成させるまでにさまざまな人と接するため、コミュニケーション能力が求められることも少なくありません。

スポンサーリンク

『 様々な視点から物事を捉えられる 』

そこそこ兼ね備えている

編集者は、一つの価値観にはまらず、さまざまな視点で物事を見る力が必要です。自分軸で物事を考えてしまうと記事を作成するうえで常に主体的な価値観で文章を作成してしまいます。しかし、さまざまな視点で物事を見る力がある人は、一つの価値観にとらわれることなく新しい目線で物事を見て考えられるので、飽きの来ないコンテンツを発信し続けることができます。

『 本や雑誌がとにかく好き 』

そこそこ兼ね備えている

本や雑誌が好きな人は、読者の気持ちを読み取りながらコンテンツを作ることができます。日常生活で本や雑誌を読まないという人は、読者目線でコンテンツを発信できないだけでなく心も掴むことができません。編集者の仕事は、文章を書くだけでなく取材をすることやデザイン構成を行うなど数多くあります。不規則に仕事をこなさなければならいこともあるため、本や雑誌が好きという気持ちがなければ編集者の仕事を続けることに苦痛を感じてしまうでしょう。

『 アイデアの発信が得意 』

そこそこ兼ね備えている

編集者は、コンテンツの企画にも関わります。指示待ちをしたうえで記事を作成するのではなく、自ら企画して採用された後に取材や記事作成と業務を進めていきます。そのため、アイデアが豊富で魅力的な企画を生み出すことができなければ、編集者としてのチャンスを掴むことは難しいでしょう。常に情報を集めるためのアンテナを張り、アイデアを生み出す努力が必要です。

『 細かい作業が得意 』

だいぶ兼ね備えている

編集者の仕事は、記事の作成や校正などさまざまありますが、業務の大半が細かい作業です。数千字にも及ぶ文章を書くだけでなく間違いがないか文字や写真なども細かくチェックしていきます。デスクに座り黙々と業務をこなさなければならないため、細かい作業をすることが苦手な人や集中力が続かないという人には編集者の仕事は不向きと言えるでしょう。

『 世の中の流行りを常に把握している 』

兼ね備えていない

編集者は、常に最新の流行をキャッチするためにアンテナを張っていなければいけません。新しい企画を生み出すために積極的に行動することや情報収集ができる人は、最新の情報や流行を求めている読者の心を掴むことができます。一方で、行動力がなくインドア派という人は、読者が求める新しい情報を効率良く集めることができません。編集者として活躍するには、気になる情報を見つけたら即座に行動し情報を集めるなど、積極的に動ける人になることも大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの編集者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る