理想の就活/転職のための
自己分析サイト

エコノミストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今エコノミストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいエコノミストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのエコノミスト適性診断結果

あなたの適性度は39%で、エコノミストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。エコノミストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

エコノミストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.経済への興味が強い
2.客観的に物事を見られる
3.金融や証券の仕組みに詳しい
4.分析力がある
5.理想と現実の折り合いをつけられる
6.失敗しても挫けず前向き
7.慎重さと大胆さを併せ持つ
8.勉強熱心で学ぶのが好き
9.冷静沈着
10.説明するのが上手い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 経済への興味が強い 』

そこそこ兼ね備えている

エコノミストは経済学者とも訳される肩書きです。名称の通り、経済の動向に詳しく、変化に伴う社会への影響を分析することができます。経済の動きは流動的であり、過去に起きた動きとまったく同じ結果になるとは限りません。また、予想外の事態に発展する可能性もありますが、エコノミストはこのような不確実な動向も正しく分析できる肩書きと見なされています。経済の動きを正確に把握するには客観的な視野が欠かせません。楽観的な観測は行わず、シビアなスタンスで分析することが重要です。

『 客観的に物事を見られる 』

あまり兼ね備えていない

エコノミストは世界経済など、大規模な経済の動向を分析するのが主な仕事です。一方で経済の変化がもたらす影響は国家単位の大規模なものばかりではありません。一般家庭の家計にも多大なる影響をもたらすことから、誰にとっても経済の変化は無関係ではないと言えるでしょう。エコノミストも同様であり、世界規模のマクロな経済学ばかりではなく、世帯単位のミクロな経済の動きにも精通していることが重要になります。お金の動きは規模の大小はありますが、どのような場でも起こり得ることから、それぞれの場での動き方を正しく理解することが優れたエコノミストの条件と言えるでしょう。

『 金融や証券の仕組みに詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

エコノミストは仕事の性質上、金融市場や証券取引への見解を求められることがあります。どちらも経済に直結する重要な事柄ですが、一方で専門知識が必須なことも事実です。経済の専門職であるエコノミストですが、金融や証券はそれぞれ独自の規制や運営方法があります。経済に詳しいことが必ずしも金融や証券の仕組みに詳しいこととイコールではありません。見解を求められた際に正しく意見を提示できるよう、日頃から勉強に励む姿勢が求められます。

『 分析力がある 』

あまり兼ね備えていない

経済の動きはいつ、どのような状況で変化するか分かりません。しかし、知識と経験があればある程度は予測が可能です。エコノミストの場合、予測に加えて分析を行うことから、素人による当てずっぽうな予測よりも信頼できると言えるでしょう。正しい分析を行うためには専門性の高い知識が必須であり、知識を得るには質の高い勉強が欠かせません。また、経済の動きの行方や社会への影響など、様々な事柄を詳しく知りたいと思う探究心も必要と言えるでしょう。

『 理想と現実の折り合いをつけられる 』

兼ね備えていない

経済学などの学問は理論の上に成り立っていますが、理論は必ずしも現実と同じになるとは限りません。現実では不測の事態が起こる可能性があり、理論と大きな違いに至る結果になります。そのため、理論と現実のギャップは避けられないと言えますが、学問として学びつつ、現実とのギャップを割り切って受け入れる姿勢が重要と言えるでしょう。理想論と現実の違いに押し潰されず、なぜ違いが生じたのかを冷静に考察できる強い精神力が求められます。

スポンサーリンク

『 失敗しても挫けず前向き 』

そこそこ兼ね備えている

経済の専門家であるエコノミストも常に正しい分析結果を出せるわけではありません。時には現実とは大きく異なる、的外れとも言える分析を出してしまうこともあります。エコノミストの見解が経済の動きに影響をもたらすケースも少なくないことから、誤った分析は本来ならあってはならないことです。自身の誤りを素直に受け入れると共に、なぜ誤った分析結果になったのかを省みるのが優れたエコノミストの条件と言えます。誤りに至った原因を正しく認識することで、次の分析が正しく導かれると言っても過言ではありません。

『 慎重さと大胆さを併せ持つ 』

そこそこ兼ね備えている

エコノミストは単に経済の動きを研究するだけではなく、今後の経済の変化や社会への影響を分析し、公表することも仕事の一部です。エコノミストの一挙一動が世界全体の経済を左右するのは決して大げさな表現ではありません。専門家の言葉は非常に重いものであり、だからこそ、自身の言動には慎重になるべきとされています。一方で言うべきことははっきり言う、誤解を恐れずに公表するなど大胆な振る舞いもエコノミストに求められる姿勢です。

『 勉強熱心で学ぶのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

経済の動きは常に変化するものなので、一度学んだらそれでお仕舞いではありません。過去に似たような変化があっても、現在の変化が同じ結果に至るとは限らないことから、常に様々な情報を入手し、勉強に励む必要があります。古い知識や過去の経験はスキルアップに必要ですが、反面、こだわり過ぎると正しい判断ができなくなるおそれもあります。古い考えに囚われないためにも、勉強への意欲を忘れてはいけません。

『 冷静沈着 』

あまり兼ね備えていない

エコノミストは常にシビアであるべきと言われています。物事を楽観的に、あるいは悲観的に捉えるのは正しい判断の妨げになるためです。物事を誤った見方で解釈するのは精神状態を安定させる、人が持つ特有の防衛心理の一種とされていますが、経済の動きを分析するエコノミストには不要な心理です。分析で算出した数字を冷静に受け入れるシビアなスタンスを持つことが大切です。

『 説明するのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

エコノミストは自身の分析結果を世に伝えるのが仕事ですが、相手に正しく理解してもらうことも忘れてはいけないポイントです。相手が必ずしも経済に精通しているとは限らないので、どのような人でも正しく理解できるように伝え方を工夫する必要があります。同じ内容でも表現の仕方で相手に伝わるかどうかが大きく変わることから、表現力に富んでいる人はエコノミストとして活躍できる可能性が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのエコノミスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る