理想の就活/転職のための
自己分析サイト

DTPオペレーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今DTPオペレーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいDTPオペレーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのDTPオペレーター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、DTPオペレーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。DTPオペレーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

DTPオペレーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コツコツ作業が得意
2.集中力がある
3.気分転換が得意
4.自己管理能力が高い
5.Photoshopなどのパソコン知識がある
6.印刷、デザイン知識を持っている
7.新しい知識を得ることを苦にしない
8.コミュニケーション能力がある
9.文章力がある
10.編集、デザインが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コツコツ作業が得意 』

あまり兼ね備えていない

細かい作業が多いDTPオペレーターには、コツコツ作業ができる人が向いているでしょう。DTP制作ではフォントの指定や文字間隔のバランス、色味の調整など、細かい作業が多くなります。これらの細かい作業をずっと繰り返し行うわけですので、コツコツ作業が得意であることはDTPオペレーターを目指すうえで重要な能力となります。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

DTPオペレーターには、集中力がある人が向いているといわれています。なぜなら、DTPオペレーターが作成する印刷物は世に出てしまうと修正をすることが難しく、制作の時点でミスがないことを要求されるからです。もしもミスがあったものを世に出してしまった場合、最悪回収することになりクライアントから損害賠償を求められる可能性があります。また、DTPデザイナーから送られてきたものを扱う仕事でもあるので、失敗した場合はデザイナーの今後の仕事にまで影響が及びかねません。責任重大です。逆に言えば、集中力を持ってこのようなことを起こさないように努力することで、DTPオペレーターとしてキャリアアップしていくことができるでしょう。

『 気分転換が得意 』

そこそこ兼ね備えている

集中力があることはもちろん大事ですが、その集中力を活かすために気分転換も重要になってきます。DTPオペレーターは長時間同じ作業を行う場合が多く、納期によっては残業や泊まり込みで作業することもあります。そうなった場合、どんなに普段集中力が高い人でも、疲れてくると集中力を欠いてきます。そんな時、効率的に気分転換できる人であれば高いパフォーマンスを維持しやすいと言えるでしょう。

『 自己管理能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

DTPオペレーターが扱う印刷物には納期が設定されています。この日付を超えてしまうと、クライアントや会社に大変な迷惑が掛かってしまいます。したがって、DTPオペレーターには自己管理能力が高い人が向いているでしょう。DTP制作の作業フローの中で、どの工程にどの程度の時間をかけるかを踏まえたうえで、納期までの予定を立てておくことが大切です。また、作業にアクシデントはつきものですので、余裕を持ったスケジューリングを行うようにしましょう。

『 Photoshopなどのパソコン知識がある 』

十分に兼ね備えている

DTPオペレーターはパソコンのソフトを使って制作を行います。ですので、必要なパソコンソフトを使える人がDTPオペレーターに向いていると言えます。DTPオペレーターが使うソフトは、主に「Photoshop」「Illustrator」「InDesign」といわれています。これらのソフト全てを完璧に使いこなしている必要はありませんが、どれか一つは不自由なく使用でき、ほかのソフトも使い方を知っている、程度の知識を持っていたほうがいいでしょう。また、パソコンのショートカットキーを使用できるか否かでも作業効率は大きく変わりますので、そちらの知識もあるとなおいいですね。

スポンサーリンク

『 印刷、デザイン知識を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

DTPオペレーターが扱う制作物は、パソコン上で制作するものではありますが結局は印刷物です。したがって、印刷の知識やデザインの知識を持っている人はDTPオペレーターに向いているでしょう。実際の印刷物として出力した際に、パソコン上で見る物とどのような差異があるのかを知っておくことは、より優秀なDTPオペレーターとなるうえではとても大切なことです。また、基本的なデザインはデザイナーが行いますが、それをチラシなどの印刷物として加工していくのはDTPオペレーターの仕事です。ですので、DTPオペレーターにもデザインの知識は求められます。

『 新しい知識を得ることを苦にしない 』

そこそこ兼ね備えている

ここまで様々な知識を持っている人がDTPオペレーターに向いていると書いてきました。これらの知識を持っていることはもちろん大切ですが、持っていなくても学んでいく意欲があり、それを行動に移せることはもっと大切なことです。印刷会社によって使っているソフトやその使い方まで、それぞれあります。それを意欲的に学んで自分のものにしていくことができる人であれば、多少知識がなくても後からつけていくことができます。ですので、新しい知識を得ることを苦にしない人は、DTPオペレーターに向いていると言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

DTPオペレーターはチームで一つの作業を行います。したがって、コミュニケーション能力がある人はDTPオペレーターに向いていると言えます。チームメンバーといい雰囲気で作業を行うためには、円滑なコミュニケーションが大切です。また、クライアントやデザイナーの意図を読み取ってそれに応えられることも優秀なDTPオペレーターとなるうえで必要な能力です。これにも、コミュニケーション能力はとても大切になってきます。

『 文章力がある 』

そこそこ兼ね備えている

DTPオペレーターには文章力がある人が向いています。なぜなら、印刷物には必ず文章が入るからです。イラストだけでは印刷物として伝えたい情報を伝えきることはできません。そのため、「何月何日から開催」や「どのような経緯で開催に至ったか」などの付加情報が必ず文章で挿入されます。文章力、日本語力がなければ、制作の時点でおかしな日本語になっていることに気付くことができません。このような理由から、DTPオペレーターには文章力がある人が向いています。

『 編集、デザインが好き 』

あまり兼ね備えていない

編集、デザインが好きな人はDTPオペレーターに向いています。DTPオペレーターは、細かくて単純な作業が多かったり、専門的な知識が必要だったりして、一朝一夕には身につかず慣れるまで大変なことが多いです。これらを乗り越えるためには、もちろん忍耐力なども必要でしょうが、何より編集・デザインが好きであることが一番大切です。「好きこそものの上手なれ」といいますが、人間は好きなことは不思議と苦にせず続けられるものです。編集・デザインが好きであるという方は、一度DTPオペレーターを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのDTPオペレーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る