理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ドラマーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ドラマーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいドラマーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのドラマー適性診断結果

あなたの適性度は50%で、ドラマーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ドラマーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ドラマーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.リズム感がある
2.地味な練習をコツコツできる
3.裏方として支えるのが好き
4.協調性がある
5.体力がある
6.同じ事を繰り返しても飽きない
7.常に冷静に対応できる
8.精神的にタフ
9.音楽が大好き
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 リズム感がある 』

だいぶ兼ね備えている

ドラマーに向いている人の特徴と言えば、リズム感が備わっていることが挙げられます。そもそもドラマーは、バンドにおいて曲のリズムとテンポを刻むという役割があります。ドラマーのテンポやリズムに狂いが少しでも生まれてしまうと、演奏している曲が滅茶苦茶になってしまいます。正確にリズムやテンポを刻めるドラマーこそ、他のバンドのメンバーは安心して演奏できるというわけです。したがって、リズム感はドラマーにとって必要なスキルです。

『 地味な練習をコツコツできる 』

十分に兼ね備えている

ドラマーには地道に練習ができるスキルが求められます。基本的に黙々と一人で練習をしないと、ドラムの演奏技術は上達しないからです。同じことを繰り返し練習しなければいけないので、頓挫してしまう方も少なくありません。したがって、地味な練習をコツコツとできる人こそ、活躍できるドラマーになれると言えます。

『 裏方として支えるのが好き 』

兼ね備えていない

裏方として人を支えるのが好きという方はドラマーに向いていると言えます。基本的にドラマーは、バンドの大黒柱としてボーカルやベース、ギターなどを支える役割があります。また、ライブを行ったとしても、ステージの一番後ろの目立たない場所で演奏することが多いです。バンドの中では決して目立たない存在ですが、他のメンバーが気持ちよく安心して演奏するためにドラマーは欠かせません。したがって、縁の下の力持ち的な役割が好きという方にドラマーはぴったりです。

『 協調性がある 』

だいぶ兼ね備えている

協調性もドラマーにとって必要なスキルと言えるでしょう。ドラマーとしてライブ活動を始めると、他のバンドや音楽関係者と知り合う機会があります。その際、協調性がないと付き合いづらいというレッテルを貼られ、次からライブに呼ばれなくなってしまいます。また、協調性を欠いてレコード会社との折り合いが悪くなるとプロモーションを行ってくれません。したがって、周囲の人とうまくやっていくための協調性はドラマーに必須です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ドラマーとして活躍するには、体力があることも重要なスキルです。ドラマーは、全身の筋肉を使ってドラムを叩かなければいけません。また、バンドによっては1日にライブを2回こなすこともあります。体力がないとすぐに疲れてしまうので、質の良い音楽を届けられません。したがって、ドラマーとして頑張るためには体力を鍛える必要があります。

スポンサーリンク

『 同じ事を繰り返しても飽きない 』

そこそこ兼ね備えている

ドラマーは、曲を演奏している際にテンポをキープするために同じビートを繰り返していることが多いです。曲の最初から最後までビートパターンが全く変わらないというケースもあります。したがって、ずっと同じことを繰り返しても飽きない人もドラマーに向いています。

『 常に冷静に対応できる 』

あまり兼ね備えていない

常に冷静に対応できる人もドラマーに向いています。ファンに向けてライブを開催した際にトラブルが起こるのはよくあることです。例えば、当初予定していたよりギターソロが長くなったり、緊張のためにボーカルが歌の入りを間違えたりなどです。このようなトラブルが起こった場合、冷静に対応できないとライブが滅茶苦茶になってしまいます。その逆に、冷静な対応力があれば、曲のリズムを止めずに落ち着いて立て直せます。

『 精神的にタフ 』

そこそこ兼ね備えている

ドラマーに向いている人の特徴というと、精神的にタフであることも挙げられます。ドラマーとして活動を始めたとしても、いきなり安定した生活を手に入れるのは非常に難しいです。最初のうちはバイトでお金を稼いで生計を立てるのがほとんどと言えるでしょう。また、どんなに頑張ってもドラマーとして才能が認められないケースも多く、途中で頓挫してしまう方も少なくありません。したがって、不安定な生活でも耐えられる精神面でのタフさが不可欠と言えます。

『 音楽が大好き 』

あまり兼ね備えていない

音楽が大好きであることもドラマーとして活動するには必要なスキルです。音楽を心の底から好きでなければ、人々を感動させるような素晴らしい曲を届けられないからです。また、ドラマーは地道な練習を続けていくことで上達しますが、音楽が好きでなければ過酷な練習の日々に耐えられないと言えます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ドラマーとして活躍したいなら、高いコミュニケーション能力も非常に大切です。バンドを組んでいるなら、ボーカルやギター、ベースなどの各パートと話し合うことでより良い音楽を届けられるからです。また、音楽関係者と積極的にコミュニケーションを図ればフェスに参加させてもらえる可能性もあります。仕事の幅を広げることができるので、ドラマーになりたいならば円滑にコミュニケーションができるスキルは必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのドラマー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る