理想の就活/転職のための
自己分析サイト

麻薬取締官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今麻薬取締官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい麻薬取締官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの麻薬取締官適性診断結果

あなたの適性度は56%で、麻薬取締官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。麻薬取締官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

麻薬取締官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正義感が強い
2.精神的にタフ
3.忍耐力がある
4.薬物や法学の知識がある
5.コミュニケーション能力がある
6.体力に自信がある
7.語学力がある
8.ネットでの調べ物が得意
9.協調性がある
10.車の運転が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

麻薬取締官に向いている人の特徴というと、正義感が強いことが挙げられます。そもそも麻薬取締官とは、法律で禁じられている薬物の所持・売買、横流しなどを取り締まる仕事です。違法薬物の売買、薬物の害のない社会を実現できるかは、麻薬取締官にかかっていると言って過言ではありません。麻薬取締官が気を抜いてしまうと、犯罪が繰り返されてしまいます。そのため、違法薬物は絶対に許さないという正義感が麻薬取締官として働く上で必要です。

『 精神的にタフ 』

だいぶ兼ね備えている

精神的にタフであることも麻薬取締官には求められます。そもそも麻薬取締官は、暴力団、密売人はもちろん薬物とは全く無関係そうに見える若者や主婦、会社員と接触する機会が多いです。そして、薬物に手を染めている人間は精神的問題を抱えているケースが少なくありません。薬物を常時乱用している場合、身も心もボロボロになっているものです。そのような心身ともに問題を抱えている人を相手に捜査しなければならず、辛く感じるのは日常茶飯事です。そのため、精神的にタフであることが必須です。

『 忍耐力がある 』

十分に兼ね備えている

忍耐力も麻薬取締官として活躍するために必要なスキルです。麻薬取締官は、長期間にわたって張り込みを行ったり、朝早くから尾行を行ったりするのは日常茶飯事です。麻薬の捜査というとかっこいいと感じる人も多いですが、地味な仕事を継続して行うことで実を結びます。そのため、忍耐力は麻薬取締官の仕事を続ける上で不可欠なものです。

『 薬物や法学の知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

麻薬取締官として活躍するには法学、薬物の知識が備わっているのも重要です。法律の規制をかいくぐるように、新しい種類のドラッグが日々誕生しています。また、薬物に関する法律においても常に変わっているのです。最新のドラッグ、改正された法律を知らないと、現場で信用を失う恐れもあります。したがって、麻薬取締官は日頃から薬物に関して情報収集したり、法律の専門的な知識を勉強したりする必要があります。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

コミュニケーション能力も麻薬取締官として働く上で不可欠です。麻薬取締官は薬の捜査をするというイメージが強いですが、実は未成年が興味本位で違法薬物に手を出さないように学校で薬物乱用防止の講習を開くこともあります。また、薬物乱用者の家族や友人からの相談を受けたり、一般の人からの通報に対応したりとコミュニケーション能力を使う機会が多いです。そのため、麻薬取締官として働くにはコミュニケーション能力を身につけることが大事です。

スポンサーリンク

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

体力に自信がある人も麻薬取締官に向いていると言えます。麻薬取締官は、昼夜を問わずに薬の売買が行われる場所で長時間張り込んだり、容疑者を尾行したりします。また、麻薬取締官だということを隠して密売人に近づき、違法薬物という証拠を得て密売人を逮捕するというような危険な捜査も多いです。密売人と乱闘するケースも起こり得るので、強靭な体力は麻薬取締官に必要なスキルです。

『 語学力がある 』

あまり兼ね備えていない

日本国内では外国人による薬物犯罪が増えているので、語学力も麻薬取締官にとって必要なスキルです。容疑者が外国人だった場合、事情聴取、逮捕するにあたって英語でコミュニケーションを図る必要があります。その際、卓越した英語の語学力があれば周囲から一目置かれる存在になれるでしょう。また、アジア系の外国人の犯罪も多いので、中国語や韓国語なども習得していれば活躍の場が広がります。

『 ネットでの調べ物が得意 』

そこそこ兼ね備えている

麻薬取締官に向いている人の特徴というと、ネットの知識が豊富にあることも挙げられます。実は、近年、インターネットを利用して薬物の売買が行われるケースが増えています。そのため、パソコンによる情報処理、解析などを得意としていると、麻薬取締官として活躍できるでしょう。

『 協調性がある 』

あまり兼ね備えていない

麻薬取締官として働く上で協調性があることも重要です。そもそも薬物の乱用をしている被疑者、薬物の販売をしている犯罪組織の情報収集はチームで行うケースが多いです。つまり、個人プレイに走ってしまうと、一緒に働く麻薬取締官の同僚に迷惑をかける恐れがあります。捜査に支障を来してしまうこともあるので、信頼される麻薬取締官になるには協調性が必要です。

『 車の運転が得意 』

十分に兼ね備えている

麻薬取締官に向いている人の特徴というと、車をうまく運転できることが挙げられます。薬を所持していると疑われる被疑者は車で移動するケースも多く、その際に車で尾行することになります。その際、車の運転が苦手だと被疑者に尾行がバレたり、事故を起こしてしまうリスクが高いです。そのため、自動車をうまく運転する能力は必須です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの麻薬取締官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る