理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ドレスコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ドレスコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいドレスコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ドレスコーディネーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのドレスコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は46%で、ドレスコーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ドレスコーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ドレスコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ファッションセンスがある
2.ホスピタリティがある
3.流行に敏感で勉強熱心
4.接客が好き
5.企画、提案力がある
6.聞き上手
7.気遣いができる
8.責任感の強い
9.コミュニケーションスキルがある
10.体力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ドレスコーディネーター適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 ファッションセンスがある 』

兼ね備えていない

ドレスコーディネーターは、結婚式の主役である新郎新婦を、最高の衣装で輝かせることが最大のミッションとなります。そのため、まず求められるのはファッションに対するセンスです。新郎新婦は結婚式に対してそれぞれの希望を抱いていますので、提案するドレスもその希望に沿ったものでなくてはなりません。どんな要望にも満足してもらえるドレスを提案するためには、付け焼刃のファッションセンスでは追いつきません。本物のファッションセンスを備えている人ほど、ドレスコーディネーターとして成功する確率は高くなるでしょう。

『 ホスピタリティがある 』

だいぶ兼ね備えている

心のこもったおもてなしができる、いわゆるホスピタリティのある人はドレスコーディネーターに向いています。新郎新婦にとって、結婚式は生涯最大のライフイベントの一つです。そのため、新郎新婦は衣装選びの段階からワクワクドキドキの連続です。2人の気持ちに心の底から寄り添い、幸せになってほしいと願いながらドレス選びのお手伝いができる人は、その熱意が新郎新婦にも伝わります。2人の信頼を勝ち取ってよい仕事をする意味でも、ホスピタリティはドレスコーディネーターの大切な素質となります。

『 流行に敏感で勉強熱心 』

だいぶ兼ね備えている

ドレスコーディネーターとして最高の提案を行うためには、深い専門知識を身につける必要があります。結婚式を控えた新郎新婦は、自分たちでも衣装に関するさまざまな知識を仕入れながらドレス選びに臨みます。ドレスコーディネーターに対しても、難しい質問や高度なアドバイスを求めてくることもあるでしょう。ドレスコーディネーターとしてはプロとしての的確な回答を行いたいものです。そのためにも、常に流行の最先端を押さえておく必要があり、デザインだけでなく素材や色彩についての知識などもアップデートしなくてはなりません。ドレスコーディネーターになるためには勉強熱心であることも大切な素養として求められます。

『 接客が好き 』

そこそこ兼ね備えている

ドレスコーディネーターというと、鋭いアート感覚を持った芸術家肌の人が多そうですが、提案したドレスが新郎新婦に気に入ってもらい、結婚式当日に着てもらえるという結果を出すためには、営業的な努力も必要になります。人と触れ合うのが好き、人に喜んでもらえる提案をしたいといった接客好きな人も、ドレスコーディネーターに向いている人です。

『 企画、提案力がある 』

あまり兼ね備えていない

ドレスコーディネーターは、基本的に新郎新婦の希望を聞いたうえで、どのドレスがふさわしいのかを見極めて2人に提案していきます。しかし最高の結果を出すためには、新郎新婦も気づかない2人の魅力を衣装を通じて提案することも必要になってきます。体型や配色などを勘案しつつ時には希望通りではない提案も積極的に行い、結果として2人にも満足してもらえるような結果を出す提案力がドレスコーディネーターには必要になってきます。

スポンサーリンク

『 聞き上手 』

そこそこ兼ね備えている

結婚式に着るドレスのイメージを、新郎新婦が積極的に発信してくれる場合は、ドレスコーディネーターとしてその希望に沿った提案ができます。しかし2人のイメージがまとまっていなかったり、話すことが苦手でうまくイメージを伝えられないタイプの人であったりした場合は、さまざまな角度から話を聞いて希望のポイントを引き出していく必要があります。イメージがよくわからないからといって自分の判断を押し付けたり、的外れな提案を行ってしまったりすれば、顧客の信頼も得られません。ドレスコーディネーターは聞き上手である必要があります。

『 気遣いができる 』

だいぶ兼ね備えている

結婚式を控えた新郎新婦は、ナーバスな心理状態にある場合が少なくありません。衣装を選ぶ際も、考えがまとまらなかったり、うまく希望を伝えられなかったり、といった場面もあるでしょう。そのようなときにも2人の気持ちに寄り添うような接し方ができれば、次第に落ち着いてきて会話もスムースになってきます。このような気遣いができるかどうかがドレスコーディネーターとしての素質の一つになります。

『 責任感の強い 』

だいぶ兼ね備えている

結婚式のハイシーズンともなると、ドレスコーディネーターは1日に何組も掛け持ちで担当することがあります。式当日に衣装一式もれがないかどうか、汚れやほころびなどがないかどうかなどをチェックし、アクセサリーや小物なども含めて完璧に揃えておかなくてはなりません。前日の準備も含め相当忙しくなりますが、ドレスコーディネーターとして間違いなくやり切るという責任感が必要になります。

『 コミュニケーションスキルがある 』

兼ね備えていない

ドレスコーディネーターは、コスチュームのほかにもヘアスタイルやメイク、アクセサリー一式などを含めトータルに演出を行うのが仕事です。そのため、衣装だけでなく各方面の担当スタッフとしっかりと連携を図る必要があります。新郎新婦とのコミュニケーションだけでなく、結婚式に関わる大勢の人たちと円滑に仕事を進めるという意味でも、コミュニケーションスキルの高い人がドレスコーディネーターに向いているといえるでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ドレスコーディネーターは常に立って動いている仕事です。提案した衣装を持ってきたり、試着を手伝ったりといった作業は日常茶飯事ですが、衣装は想像以上に重く、試着も立ち座りの繰り返しで、体力をかなり消耗してしまいます。そのため、ドレスコーディネーターは体力に自信のある人が向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのドレスコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ドレスコーディネーター適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ドレスコーディネーターに向いているか向いていないか
  • ドレスコーディネーターの職業適性度
  • ドレスコーディネーターに必要な10の資質
  • 解説でドレスコーディネーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ドレスコーディネーターとは?

ドレスコーディネーターは、結婚式や披露宴で着るウェディングドレスをコーディネートする仕事です。

事前のヒアリングや試着によって、ドレス選びをサポートしたり、挙式当日にドレス着用を手助けしたりするのが基本的な仕事内容です。

そして、新婦のウェディングドレスだけでなく、新郎のタキシード選びが仕事に含まれることも多いです。

また、洋風のドレスだけではなく、和装のコーディネートを行う場合もあります。

その他にも、小物の手配やヘアメイクなど、挙式に関する全てのコーディネートに携わるのが、ドレスコーディネーターです。

ドレスコーディネーターになるには?

ドレスコーディネータ―として働くための条件は、特にありません。

そのため、高校や専門学校、大学などを卒業したタイミングで、ドレスコーディネータ―の求人に申し込むことが可能です。

ドレスコーディネータ―の求人には、未経験を募集しているものも数多くあります。

そのような求人で採用されれば、ドレスコーディネータ―として働くことができます。

また、アソシエイトブライダルコーディネーターやブライダルコーディネート技能検定などの資格を持っていれば、採用される可能性が高くなります。

そのため、可能であれば、資格を取得しておいた方が良いでしょう。

ドレスコーディネーターの給料・年収

複数の調査によると、ドレスコーディネータ―の年収は、300万円から400万円が相場です。

令和3年度に行われた調査では、日本の平均年収はおよそ420万円なので、平均よりは少し低い程度です。

そして、勤続年数が長くなるに連れて、収入が増える傾向があります。

また、長く勤めて、ドレスコーディネートのスキルを高められたら、チーフやリーダーなど、中心となって働く役職が与えられる場合が多いです。

その役職が与えられたタイミングで、収入が増えるパターンもあります。

そのため、ドレスコーディネータ―として長く勤めた場合、日本の平均よりも高い収入を得ることは不可能ではありません。

ドレスコーディネーターの就職・転職先(求人)

ドレスコーディネーターは、ドレスショップやドレスサロンのスタッフとして働くことになります。

また、結婚式場や、結婚式場として利用されるホテルなどで働くことも可能です。

その場合は、用意されているドレスルームで、式場やホテルを利用する人を相手に接客を行います。

いずれの場合も、ドレス選びのサポートや、挙式当日のコーディネートなどを、専門として行います。

そして、ドレスコーディネータ―内で、チーフやリーダーなどの役職が与えられている人を中心に、チームで挙式のサポートを行っていきます。

役職を持たない人は、チーフやリーダーの指示に従って働いたり、サポートをしたりすることになるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0