理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ドッグトレーナー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ドッグトレーナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいドッグトレーナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのドッグトレーナー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ドッグトレーナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ドッグトレーナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ドッグトレーナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.犬が好き
2.犬種による好き嫌いがない
3.人間嫌いではない
4.犬を甘やかさず毅然とした態度を取れる
5.落ち着いて仕事ができる
6.忍耐力がある
7.体力がある
8.瞬発力がある
9.観察眼がある
10.試行錯誤ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 犬が好き 』

あまり兼ね備えていない

ドッグトレーナーに欠かせないのは、犬が好きだということです。ドッグトレーナーは、仕事中は犬に付きっきりになることがほとんどです。そのため、犬が苦手という人には務まらないでしょう。犬が好きだからこそ、しっかりしつけをしてあげたい、飼い主との良好な関係を築く役に立ちたいと考える人であれば、仕事のモチベーションを維持しやすいでしょう。

『 犬種による好き嫌いがない 』

あまり兼ね備えていない

ドッグトレーナーでは、小型犬から大型犬まで、幅広い種類の犬を担当することになります。そのため、犬種による好き嫌いをしないことも、ドッグトレーナーに欠かせない要素です。犬が好きという人の中には、小型で可愛い見た目をしている犬だけが好きで、怖い見た目の大型犬は苦手という人もいます。そのような人は、ドッグトレーナーとして働くのは難しいでしょう。あくまでも仕事として、どのような犬が相手であっても、平等に接することが求められます。

『 人間嫌いではない 』

そこそこ兼ね備えている

ドッグトレーナーを志望する人の中には、人と接することが苦手だから、犬を相手にする仕事が良いという人もいます。ただ、ドッグトレーナーは、極度の人間嫌いの人には向いていません。ドッグトレーナーは、犬の飼い主から、しつけの依頼を受けることが非常に多いです。その際には、どういった問題抱えているのか、どのようなしつけを希望するのかなどを、飼い主から聞き出す必要があります。また、犬を飼い主に返す際には、しつけに関するアドバイスをしなければなりません。そのように、コミュニケーションが必要になる部分が多いです。したがって、飼い主がどのような人であっても、コミュニケーションを取れる能力が欠かせません。

『 犬を甘やかさず毅然とした態度を取れる 』

だいぶ兼ね備えている

ドッグトレーナーの仕事は基本的に、犬をしつけることです。ただ、犬は、人が甘い態度を取ると、すぐに見下してしまいます。そうすると、言うことを聞かなくなり、しつけが難しくなります。そのようなことにならないために、犬を甘やかさず、毅然とした態度を取らなければなりません。犬が好きだからといって、好かれるために甘い態度を取ってしまう人は、ドッグトレーナーには向いていないでしょう。

『 落ち着いて仕事ができる 』

十分に兼ね備えている

ドッグトレーナーは、仕事中、常に安定した態度を取れることが望ましいです。犬という生き物は、人の反応に対して非常に敏感です。そのため、ドッグトレーナーの態度が安定しなければ、犬のメンタルが崩れてしまうかもしれません。そうすると、精神が不安定になったり、身体を壊したりして、しつけどころではなくなる恐れがあります。そうならないよう、常に落ち着いた態度で仕事ができる人が、ドッグトレーナーに向いています。

スポンサーリンク

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

犬のしつけは、そう簡単にできるものではありません。中には、人の言うことを聞こうとしない犬もいます。そのような犬のしつけをするのが、専門家であるドッグトレーナーの仕事です。そして、何回も同じ動作を繰り返して、やって良いことと良くないことを覚え込ませることが多いです。そのため、厄介な犬が相手でも、辛抱強くしつけができる忍耐力が欠かせません。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ドッグトレーナーには、犬を相手にできる体力も必要です。犬は基本的に毎日の散歩を必要とする上に、犬種によっては走り回らせなければならない場合もあります。それに付いていけるほどの体力がなければ、ドッグトレーナーとして働くのは難しいかもしれません。また、首輪に付けたリードを使って、犬の行動をコントロールすることでしつけをすることもあります。その際に、大型犬相手でもしっかりコントロールできるほどの筋力も必要です。

『 瞬発力がある 』

だいぶ兼ね備えている

犬をしつけるためには、叱ることと褒めることが大切です。ただ、犬は短期的な記憶力があまりないため、時間を空けてから叱っても、何に対して叱られているのかが理解できません。褒める場合も同様に、時間を空けてしまうと、犬には褒められる理由がわかりません。そのため、ドッグトレーナーには、犬の行動に合わせて、すぐに叱ったり褒めたりできる瞬発力が必要です。

『 観察眼がある 』

そこそこ兼ね備えている

ドッグトレーナーは、問題行動をする犬をしつけることも多いです。どういった部分に問題を抱えているのかを見極めて、修正してあげる必要があります。そのためには、注意深く観察しなければなりません。したがって、どのような犬が相手でも、早めに問題を見つけられる観察眼が必要です。

『 試行錯誤ができる 』

あまり兼ね備えていない

ドッグトレーナーの仕事は、一筋縄ではいきません。どのようなしつけが必要となるのかは、犬の個体によって異なります。そして、試してみた方法が、上手くいかないことも多いです。それでも心が折れることなく、試行錯誤を繰り返しながら、正しいしつけ方法を見つけ出せる人が、ドッグトレーナーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのドッグトレーナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る