理想の就活/転職のための
自己分析サイト

医師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今医師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい医師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの医師適性診断結果

あなたの適性度は50%で、医師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。医師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

医師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.体力がある
3.人に思いやりを持って接せられる
4.高い向上心を持って仕事に取り組める
5.長期間粘り強く頑張れる
6.ポジティブで前向き
7.年齢問わず人と接することが好き
8.人を元気づけるのが得意
9.真面目で几帳面
10.責任感が強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

医師としてやっていくには、患者の声に耳を傾けるだけでなく、病気に対する不安を取り除けるようにわかりやすく伝えられる力も必要です。医療の現場では、不安を抱える患者やその家族とやりとりしなければならない機会がたくさんあります。わかりやすく病気や治療方針を説明するだけでなく、時に患者の気持ちに寄り添いながら適切にサポートしなければいけません。患者とコミュニケーションを上手に取ることができれば、患者からの信頼を得ながら治療に専念してもらえるようになるでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

医師の仕事は、時間を問わずとても不規則です。夜間勤務をこなすことやオンコールなどによって長時間労働を強いられることもあるため、メンタルの強さや体力があることも医師として活躍するのに欠かせない条件となります。医師の労働環境は見直されつつありますが、まだまだ他業種と比べると過酷です。そのため、医師は患者とコミュニケーションを円滑に取れるだけでなく、長時間勤務を強いられた時にもしっかりと患者に向き合えるように体力も兼ね揃えていることも大切です。

『 人に思いやりを持って接せられる 』

あまり兼ね備えていない

人に優しく思いやりを持って接することができる人は医師に向いています。医師は、高い技術力があるだけでなく患者の気持ちに寄り添ってサポートできる力も求められます。患者が病気や治療に対して大きな不安を抱えている時に強い言葉や態度で向き合ってしまうと、さらに患者に負担をかけてしまうでしょう。患者の不安を取り除くために優しく思いやりを持って気遣いができる人は、患者の不安を取り除いて心を開くことができ、お互いに信頼関係を結びながら患者をサポートすることができます。

『 高い向上心を持って仕事に取り組める 』

兼ね備えていない

医師になるまでに長期間にわたり多くの勉強を重ねていますが、さまざまな病気に対処できるように、医師として働くことになっても向上心を持ち続けなければいけません。医師免許を取得したから新たな知識を身につける必要はないと考えてしまう人は、医師としてのスキルを伸ばすことができず、誠実に患者とも向き合えなくなってしまうでしょう。しかし、向上心を持っている人は、勉強を重ね新たな医療知識を身につけることができ、さまざまな医療や治療に適切に対処できる技術や知識を得られます。

『 長期間粘り強く頑張れる 』

だいぶ兼ね備えている

患者の中には、まだ明確な治療方法が確信されていない難しい病気を抱えている人もいます。そのため、医師になるために勉強を頑張ってきた人でも患者との向き合い方の難しさに直面してしまうこともあるでしょう。しかし、粘り強く頑張れる人は、諦めずに研究や勉強を続けることで、たとえ難病の治療であったとしても誠実に患者をサポートすることができるでしょう。

スポンサーリンク

『 ポジティブで前向き 』

そこそこ兼ね備えている

患者は、自分の病気に対して大きな不安を抱えながら治療に向き合っています。そのため、気持ちが落ち込みやすく、人によっては鬱症状を発症してしまう人もいます。医師は、患者の不安を取り除き前向きな気持ちで治療に専念してもらうために、明るい気持ちで患者と接しなければいけません。患者だけでなく医師まで暗い気持ちでいると、より大きな不安を患者に与えてしまいます。医師が明るいと患者は勇気づけられ前向きな気持ちで治療と向き合うことができるでしょう。

『 年齢問わず人と接することが好き 』

そこそこ兼ね備えている

医師が対応する患者の年齢はさまざまです。高齢者だけでなく子どもと接する機会も多くあります。年齢問わず幅広い年齢層の患者と向き合わなければならないため、大人と円滑にコミュニケーションを取れる人だけでなく子どもも好きという人でなければ医師は務まりません。特に子どもは病院に苦手意識を持ちやすいので、根気強く子どもの心に寄り添える性格の持ち主は医師に向いていると言えるでしょう。

『 人を元気づけるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

前向きな気持ちや言葉をかけて患者と向き合える人は医師に向いています。病気や治療に対して否定的な言葉で患者に伝える人、表情が暗い人やネガティブな人は、知らず知らずのうちに患者を傷付けてしまうことがあるのです。また、医師は、患者だけでなく病院では看護師や事務員など、さまざまな人たちとチームワークを大切にして働きます。そのため、リーダーとして一緒に働く仲間を明るくまとめられる力も必要です。

『 真面目で几帳面 』

だいぶ兼ね備えている

医師は、投薬の指示を出すなどミスが許されない細かい仕事もこなさなければいけません。1日に多くの患者と接しなければならない中でも正確さが求められます。大雑把な人やだらしない人では、あってはならないミスを犯してしまう可能性もあるため注意しなければいけません。几帳面な人は、いつでも正確さを意識して仕事に向き合えるので、命と関わる仕事である医師の仕事に向いていると言えるでしょう。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

命に関わる仕事に就いている医師が重大なミスをすると大事故につながり、患者が命を落としてしまうこともあります。医師は、患者の命を守るために責任感がなければいけません。患者と誠実に向き合うのはもちろんのこと、自分の言動に責任を持って患者と向き合うことが大切です。また、一つひとつ慎重に行動し、患者に思いやりの気持ちを持って言葉を掛けるなど、どんなことにも真面目に向き合う責任感のある人は患者に愛される医師になることができます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの医師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る