理想の就活/転職のための
自己分析サイト

DJ適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今DJの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいDJに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのDJ適性診断結果

あなたの適性度は56%で、DJの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。DJを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

DJに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が好き
2.好きな音楽ジャンルがある
3.人を喜ばせる事が好き
4.トークが得意
5.英語が得意
6.機材、ガジェットが好き
7.コミュニケーションが得意
8.記憶力がいい
9.体力がある
10.DJが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 音楽が好き 』

あまり兼ね備えていない

DJになるにはまず何よりも音楽が好きでなくてはなれません。幅広いジャンルの年代の音楽の知識を持っているのは当然として、歌手、演奏者、作曲者、エンジニア、曲が作られた時代の背景など、持っていた方が良い知識はたくさんあります。さらに日夜、貪欲に音楽を聴いて知識をたくわえていける人、それが苦にならない人はやはり音楽が好きな人でしょう。「誰も知らない埋もれた良い音楽を掘りおこし、自分のミックスリストに載せてクラブで流してフロアを盛り上げる」、これこそDJと言えます。

『 好きな音楽ジャンルがある 』

あまり兼ね備えていない

広い音楽の知識だけでなく、自分の好きな音楽ジャンルがある人は向いています。アニソンなら誰にも負けない知識がある人や、洋楽なら何でも来いという人はDJに向いていると言えます。好きな音楽ジャンルならそういった知識も自然と身についているはずです。DJイベントではジャンルに特化したイベントが各地で開催されており、得意なジャンルがあるならばそういったイベントに出演しやすくなります。このジャンルならこの人、と言われる存在になればイベントに引っ張りだこになるでしょう。

『 人を喜ばせる事が好き 』

そこそこ兼ね備えている

DJは音楽を途切れなくかけてフロアを盛り上げていくのが仕事です。そのため目の前の人を喜ばせる事が好きな人は向いていると言えるでしょう。その場の空気を読んで適切な行動ができたり、落ち込んでいる人に誰よりも早く気づいて適切な言葉をかけられる、そんな人が向いています。それはフロアの雰囲気を読んでより盛り上がるような音楽をかける事にもつながっていきます。自分の選曲で実際にフロアが盛り上がっていくのを見られるのは、DJの醍醐味と言えます。

『 トークが得意 』

だいぶ兼ね備えている

DJは曲の合間にトークを入れてフロアを盛り上げる必要もあります。そのためトーク、特にその場が盛り上がるような煽れるトークができる人はDJに向いています。話が好きでついつい話し込んでしまったり目の前の人との会話を楽しんで時間を忘れてしまった経験がある人や自分の知っている知識を面白く説明してその場を盛り上げる事ができる人またはその場の空気を読んで面白いトークができる人も向いています。

『 英語が得意 』

十分に兼ね備えている

英語が得意な人は曲の紹介などで流暢に英語を話せればフロアをより盛り上げていく事が出来ます。クラブには海外の人も多くいるので英語が出来ればコミュケーションも取りやすくなりより盛り上がることは間違い無いでしょう。またDJは海外でもできる仕事なので英語が出来れば活躍の場が広がります。

スポンサーリンク

『 機材、ガジェットが好き 』

そこそこ兼ね備えている

DJはターンテーブルやミキサー、サンプラーなど様々な音楽機材を扱います。そういった機材、ガジェットが好きな人は機材をよく調べたり操作の練習も苦になりません。機材の知識はトラブルの対応にも役に立ちます。また最新の機材の情報をよく調べるのが好きだったり他の人があまり使わないような機能について知っていたりするとDJ仲間から機材について頼られる存在になります。

『 コミュニケーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

クラブで仕事をするDJは様々な人とコミュニケーションを取っていかなければなりません。クラブの店員やお客さんとうまくコミュニケーションが取れれば仕事をする上でやりやすくなります。また仕事を増やしていく過程でイベントの主催者や同じDJの仲間から仕事が舞い込んでくる事も珍しく無い業界なので人脈作りが重要になってきます。コミュニケーションが得意な人はそれが強みになります。

『 記憶力がいい 』

だいぶ兼ね備えている

DJをやっていく上でその場にあった曲をかけたり、出会った人の名前、顔などを咄嗟に思い出せる記憶力の良い人はDJに向いています。たくさんの知識を蓄えていても咄嗟に出てこなければ宝の持ち腐れになります。お客さんからの急なリクエストにも自然な流れで曲をつなげていくには知識とそれを引っ張り出してくる記憶力が物を言います。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

DJの仕事は意外と体力を使います。夜通し行われるイベントをこなす体力や重い機材を運ぶ筋力など肉体が強い方は向いていると言えます。また有名なDJともなれば日本中のイベントを駆け巡り様々な地方の人を盛り上げる必要が出てきます。それに耐えられる体力があった方が良いです。盛り上がっているフロアを前に誰よりも陽気に振る舞える体力がある方が良いでしょう。

『 DJが好き 』

あまり兼ね備えていない

何よりもDJが好きである事が重要です。DJを続けていく上で時に色々な出来事が起こります。良いことも悪いこともある中でもめげずにDJを続ける強い熱意がある人はDJに向いています。会社の忘年会や知り合いのパーティでDJをするのは誰でもできます。今はDJ配信を行なっている人もたくさんいます。そんな中でもDJで報酬を得て生計を立てていこうとすれば並大抵の努力ではつとまりません。プロとして任された時間フロアをきっちりと盛り上げていく、それが出来るのは、やはりDJが好きな人です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのDJ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る