理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ダイビングインストラクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ダイビングインストラクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいダイビングインストラクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのダイビングインストラクター適性診断結果

あなたの適性度は42%で、ダイビングインストラクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ダイビングインストラクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ダイビングインストラクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ダイビングが好き
2.海が好き
3.わかりやすい説明ができる
4.人の話を落ち着いて聞ける
5.大人数の面倒を同時に見られる
6.様々なタイプの人に会うのが好き
7.陽気で快活な性格
8.体力に自信がある
9.トラブルにも冷静に対処できる
10.年齢性別を問わず親しく付き合える
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ダイビングが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ダイビングインストラクターはダイビングが好きな人に向いています。昔からずっと趣味でダイビングをやってきた人は、経験を生かせるでしょう。ダイビングインストラクターになると教えることが必要になるので、必ずしも趣味でダイビングをするのとは少し違いがあります。しかし、ダイビングが好きで知識や技術があれば、ダイビングインストラクターとして活躍する基礎として十分です。

『 海が好き 』

あまり兼ね備えていない

ダイビングインストラクターは海が好きな人に適しています。ダイビングインストラクターになると仕事をしている間はほとんど海にいることになります。海の美しさを楽しみながら仕事をしたいという人にはうってつけでしょう。ダイビングインストラクターは指導をしている間は半分以上は海の中ですが、残りの時間は海岸にいる場合がほとんどです。昼間の海の輝きや夕焼けも楽しみたい人にとって適している職種です。

『 わかりやすい説明ができる 』

十分に兼ね備えている

ダイビングインストラクターは説明好きな人にとって楽しい仕事です。ダイビングインストラクターは言葉と実演でダイビングのやり方を詳しく説明し、手足を取るようにして技術を身に付けてもらうのが役割だからです。説明をするのが得意という認識があるなら、きっと受講生からも喜ばれるでしょう。教えることが好きなら、ダイビングインストラクターになるとモチベーションも上がります。

『 人の話を落ち着いて聞ける 』

そこそこ兼ね備えている

ダイビングインストラクターは人の話を落ち着いて聞ける人に向いています。受講生にはいろいろな人がいて、説明がわからなくて癇癪を起してしまう人もいるでしょう。相手の気分や様子にかかわらず、落ちついて話を聞いて対応できる人は幅広い受講生に対応できるのでダイビングインストラクターに対する適性があります。

『 大人数の面倒を同時に見られる 』

そこそこ兼ね備えている

ダイビングインストラクターは大勢の人を同時に見られる人が活躍しています。ダイビングスクールで働く場合には数人から十数人の受講生をまとめて指導することがあるため、全体を見渡せる力があるのが大切です。講義であれば問題にはならなくても、実際に海の中に入っているときには溺れそうな人を見つけて助けることが必要になります。広い視野で全体を見られるのはダイビングインストラクターにとって欠かせないスキルです。

スポンサーリンク

『 様々なタイプの人に会うのが好き 』

あまり兼ね備えていない

いろいろな人との出会いを大切にしているのはダイビングインストラクターとして働いている人に多い特徴です。ダイビングスクールで働いていても、海の家などを経営しながらダイビングインストラクターをしていても、毎日違う人たちが受講してくれます。シーズンになると大勢の受講生との出会いのチャンスがあります。人との出会いが楽しみだと感じる人にとってダイビングインストラクターは魅力的な職種です。

『 陽気で快活な性格 』

そこそこ兼ね備えている

陽気で快活な性格を持っている人はダイビングインストラクターに向いています。受講生はダイビングを学んで楽しみたいという気持ちを持っているので、楽しいと感じながらダイビングをできる雰囲気づくりをするのが重要です。陽気で快活なら明るく楽しい雰囲気を自然に作り上げられます。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

ダイビングインストラクターとして成功している人は体力に自信があるのが特徴です。仕事としてダイビングを教えていると一日に何度も潜ることになるので負担は大きくなります。ダイビングそのものにも体力が必要ですが、さらに受講生のケアをする必要があるため、余計に体力を使うことになります。緊急事態にはすぐに対応しなければならないという面もあり、体力的な余裕がある人にとって活躍しやすい職種です。

『 トラブルにも冷静に対処できる 』

十分に兼ね備えている

ダイビングインストラクターには冷静さが求められます。ダイビングにトライしている間にパニックになってしまう人もいれば、ボンベの使い方を誤ってしまって呼吸ができなくなる人もいます。その状況に気付いたら速やかに冷静な対応をしなければならないのがダイビングインストラクターです。受講生がパニックになっても落ち着いて対応できる力があることはダイビングインストラクターになるなら大切なポイントです。

『 年齢性別を問わず親しく付き合える 』

兼ね備えていない

ダイビングインストラクターは誰とでも親しく付き合える人に向いています。ダイビングをやりたいという人は若い人から中高年者まで幅広く、男性も女性もチャレンジするようになっています。年齢や性別を問わずにうまく付き合える人はダイビングインストラクターとして働きやすいでしょう。特に若い世代の受講生が多いので、若い人たちとの付き合い方や教え方がよくわかっている人はダイビングインストラクターとして活躍できます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのダイビングインストラクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る