理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ディスプレイデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ディスプレイデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいディスプレイデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのディスプレイデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、ディスプレイデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ディスプレイデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ディスプレイデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインのセンスがある
2.新しいアイデアを出すのが好き
3.コミュニケーション能力がある
4.プレゼンテーションが得意
5.マルチタスクが得意
6.スケジュールを守れる
7.学ぶ意欲が高い
8.体力がある
9.メンタルが強い
10.流行に敏感
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 デザインのセンスがある 』

そこそこ兼ね備えている

ディスプレイデザイナーは、大勢の人の目に留まって、興味を持たれるディスプレイを作るのが仕事です。そのようなディスプレイを作れる、デザインセンスが必要です。背景に使用する色や、マネキンに着させる服など、センスが問われる要素は数多くあります。そして、ディスプレイは平面ではなく立体なので、奥行きも意識しなければなりません。そのため、空間デザインのセンスも求められます。したがって、デザインに関する、幅広いセンスを持っている人が、ディスプレイデザイナーに向いています。

『 新しいアイデアを出すのが好き 』

あまり兼ね備えていない

ディスプレイデザイナーが手掛けるディスプレイは、真新しさを求められることが多いです。ありきたりなデザインでは、人の目に留まるのが難しいからです。そのため、ディスプレイデザイナーは、斬新な独自デザインのアイデアを生み出さなければなりません。よって、様々なアイデアを作るのが好き、新しいアイデアが次々と湧いてくるという人が、ディスプレイデザイナーに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ディスプレイデザイナーは、ひとりではできない仕事です。ある程度規模が大きなディスプレイを作るのであれば、複数人で飾り付け作業をしなければなりません。その作業をスムーズに進めるために、コミュニケーションを取る必要があります。また、クライアントの希望通りに、ディスプレイを作ることも多いです。そのクライアントの希望を聞くためには、コミュニケーションを取ってしっかり打ち合わせをしなければなりません。したがって、色々な人と連携が取れる、コミュニケーション能力がある人が、ディスプレイデザイナーに向いています。ひとりで黙々と作業をしたい人は、ディスプレイデザイナー向きではありません。

『 プレゼンテーションが得意 』

十分に兼ね備えている

ディスプレイデザイナーは、作ったデザインがクライアントに受け入れられるとは限りません。クライアントの好みではないなどの理由で、デザインが却下されることはよくあります。そうならないために、プレゼンテーションをしなければなりません。説得力のあるプレゼンテーションができれば、クライアントを納得されられる可能性が高くなります。したがって、プレゼンテーションができる人が、ディスプレイデザイナーに向いています。

『 マルチタスクが得意 』

あまり兼ね備えていない

ディスプレイデザイナーは、ディスプレイに関する作業を統括するポジションです。そのため、デザインの作成や飾り付け以外にも、使用する素材の発注や、スタッフへの指示など、やらなければならないことはたくさんあります。そのため、色々なことを考えて行動できる人が、ディスプレイデザイナーに向いています。やるべきことが多すぎると、頭がパンクしてしまうという人は、ディスプレイデザイナーには向いていません。

スポンサーリンク

『 スケジュールを守れる 』

あまり兼ね備えていない

ディスプレイデザイナーの仕事は基本的に、期限が設けられています。その期限までに、デザインの作成からディスプレイの仕上げまでを済ませなければなりません。そのため、綿密なスケジュールを立てて、そのスケジュールをしっかり守れるという人が、ディスプレイデザイナーに向いています。デザインにこだわりすぎて、期限までに作業を完了させられない人は、たとえ良いデザインを作れたとしても、ディスプレイデザイナー向きではありません。

『 学ぶ意欲が高い 』

あまり兼ね備えていない

ディスプレイデザイナーがより良いデザインを作るためには、センスだけでなく、勉強も必要です。どういった色や形が大勢の人に好まれるのか、学習しなければなりません。さらに、ディスプレイは広告のひとつなので、広告効果を高めるために、マーケティングについても学ぶ必要があります。よって、デザインとマーケティングの勉強ができる人が、ディスプレイデザイナーに向いています。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ディスプレイデザイナーは仕事量が多いので、勤務時間が長くなりやすいです。特にディスプレイが完成間近になると、長時間飾り付けの作業をするということが多くなります。また、最初から厳しいスケジュール設定で、そのスケジュールに合わせるために、1日の作業量が多くなるということも珍しくありません。そのような長時間の仕事に耐えられる、体力のある人がディスプレイデザイナーに向いています。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

ディスプレイデザイナーは、常に時間に追われながら仕事をしなければなりません。そして、ディスプレイが完成した後は、クライアントから評価されることになります。もし、評価が悪ければ、次回以降の依頼がなくなってしまうかもしれません。そのようなプレッシャーに負けることなく、安定して仕事を続けられる、強いメンタルを持っている人が、ディスプレイデザイナーに向いています。

『 流行に敏感 』

兼ね備えていない

ショッピングモールやイベント会場などに設置されるディスプレイは、流行に敏感な人が目にすることが多いです。ディスプレイデザイナーは、その人たちから、高い評価を得られるようなデザインを作らなければなりません。そのためには、流行をいち早く取り入れる必要があります。したがって、流行に敏感で、日ごろからデザインに関する様々な情報を得ようとする人が、ディスプレイデザイナーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのディスプレイデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る