理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ディスパッチャーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ディスパッチャーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいディスパッチャーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ディスパッチャーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのディスパッチャー適性診断結果

あなたの適性度は42%で、ディスパッチャーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ディスパッチャーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ディスパッチャーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.情報分析と計画立案が得意
2.縁の下の力持ちでもOK
3.コミュニケーション能力がある
4.英語が得意
5.状況に応じて柔軟に対応できる
6.常に冷静でいられる
7.メンタルが強い
8.洞察力がある
9.集中力がある
10.不規則な生活でも問題ない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ディスパッチャー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 情報分析と計画立案が得意 』

あまり兼ね備えていない

ディスパッチャーの主な仕事は、航空計画を立てることです。そのため、計画を練るのが好きだという人は、ディスパッチャーに向いているかもしれません。そして、天候や乗客の数、他の航空機の状況などを把握した上で、運行ルートを作り上げていきます。したがって、数多くの情報を分析するのが得意という人も、ディスパッチャー向きです。

『 縁の下の力持ちでもOK 』

そこそこ兼ね備えている

ディスパッチャーは、航空業界における裏方の仕事です。目立つことはほとんどなく、どのような仕事をしているのか、一般的にもあまり知られていません。そのため、仕事をする上で特に目立つ必要はない、誰かに認めてもらわなくても、人の役に立っているということを自覚できるという人が、ディスパッチャーに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ディスパッチャーは、ただ航空計画を立てるだけではなく、フライトを見守ることも仕事の内です。見守るといっても、ただ傍観するのではなく、管制やパイロットと、こまめに連絡を取り合わなければなりません。異常など、何か伝えるべきことがあった場合、連絡をするのはディスパッチャーの仕事です。そのため、会話によってしっかりとコミュニケーションを取れる能力も必要です。管制もパイロットも、担当する人は数多くいるため、誰とでもコミュニケーションが取れなければなりません。

『 英語が得意 』

あまり兼ね備えていない

ディスパッチャーの仕事には、パイロットや管制官との言葉のやり取りも含まれます。そして、そのやり取りは基本的に英語で行います。そのため、英語が話せることが必須となります。したがって、英語が得意ですでに話すことができる、あるいは、英語を勉強することに特に苦手意識を持っていないという人が、ディスパッチャーに向いています。英語が話せない、英語の勉強をしたくないという人は、ディスパッチャーにはなれません。

『 状況に応じて柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

ディスパッチャーは、予想外のトラブルにも対応をしなければなりません。航空機に発生した異常や、地上で起こった事故など、様々なトラブルが発生する恐れがあります。そのようなトラブルが発生した時に、パイロットや管制と連絡を取り合うのも、ディスパッチャーの仕事です。そして、どういったトラブルがいつ発生するのかはわかりません。そのため、ディスパッチャーには、状況に応じて対応できる柔軟性が必要です。

スポンサーリンク

『 常に冷静でいられる 』

だいぶ兼ね備えている

ディスパッチャーは、航空機や管制などに、必要な情報を伝えることが仕事のひとつです。そして、感情的にならず、淡々と情報を伝えることが求められます。予想外のトラブルが起こった際にも、求められることは変わりません。常に冷静になり、必要な情報のみを伝えなければなりません。したがって、どのような時でも、冷静さを維持できる人が、ディスパッチャーに向いています。予想外のことが起こった時に、パニックを起こしたり、思考が停止してしまう人は、ディスパッチャーには向いていません。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

ディスパッチャーの仕事は数多くありますが、いずれも責任重大です。中には、大勢の人の命に関わる仕事もあります。そのため、人命がかかっているということをしっかり受け止められる、強いメンタルを持っている人が、ディスパッチャーに向いています。また、いつ緊急対応が必要になるかわかりません。その緊急対応にしっかり応じるためにも、メンタルの強さが必要です。

『 洞察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ディスパッチャーの仕事のひとつは、航空トラブルを未然に防ぐことです。計画の内容やその時の気象状況など、数ある情報の中から、トラブルに繋がりそうなものを見つけて、早い段階で対処しなければなりません。そのためには、問題のありそうな情報を見つけることができる洞察力が必要です。そのため、日ごろから何らかの異常に気付ける敏感な人は、ディスパッチャーに向いている可能性があります。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ディスパッチャーの仕事のひとつであるフライトの見守りでは、いつどのようなトラブルが起こったとしても、すぐに対応できるようにしておかなければなりません。そのため、集中して情報を確認したり、分析したりする必要があります。そのため、長時間の勤務であっても、集中し続けられる能力が欠かせません。もし、集中力があまり続かないのであれば、事故に繋がりかねないので、ディスパッチャーとして働くのは避けておいた方が無難です。

『 不規則な生活でも問題ない 』

そこそこ兼ね備えている

ディスパッチャーは基本的に、24時間365日体制で働き続けなければなりません。そのため、複数人で交代しながら働くことになります。そして、日中勤務と深夜勤務のどちらも担当します。したがって、生活スタイルを仕事に合わせられて、特に不規則な生活でも問題ないという人は、ディスパッチャーとして働きやすいでしょう。週に5日、決まった時間にのみ働きたいという人は、ディスパッチャーには向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのディスパッチャー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ディスパッチャー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ディスパッチャーに向いているか向いていないか
  • ディスパッチャーの職業適性度
  • ディスパッチャーに必要な10の資質
  • 解説でディスパッチャーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ディスパッチャーとは?

ディスパッチャーは航空会社において、航空機が安全に飛行できるコースを決定したり、気象状況や高度に合わせた対応を行ったりする仕事です。

日本の航空機の飛行コースは基本的にコンピューターで入力することによって決まる仕組みになっています。

航空機は一機ごとに全く異なる状況にあり、取り巻く状況も刻一刻と変化します。

そんな中で最適な飛行計画を立てるのがディスパッチャーの役目です。

一つ間違えるだけでも事故に繋がってしまう恐れがあるので、卓越した判断能力と深い知識が求められます。

航空会社には一定の人数のディスパッチャーを配置することが義務付けられています。

ディスパッチャーになるには?

ディスパッチャーには2つの国家資格があり、その両方を取得していることがディスパッチャーには求められます。

1つ目は航空無線通信士です。

これは航空機に取り付けられている無線設備を使用するための資格であり、この資格があれば無線航空局とのやり取りを行うことが出来ます。

2つ目は運航管理者の資格です。

これは国土交通省によって認定されています。

受験条件に航空関係での業務経験が必要となるので、航空会社に就職してから取得することになります。

航空会社に一般社員として入社し、その後にこれら2つの資格を取ることがよってディスパッチャーになることが出来ます。

ディスパッチャーの給料・年収

複数の調査からディスパッチャーの平均年収は約350万円~450万円です。

日本全体の平均年収とそれほど大きな違いはありません。

航空機の発着数の多い関東地方はディスパッチャーの給料が高い傾向にあります。

経験を積むことでより多くの航空機の飛行計画が任されるようになり、それに伴って給料も上がります。

年収は50代前後でピークを迎えることが多く、その時には600万円を超える方も少なくありません。

ディスパッチャーだけでなく他の航空業務を兼務することにより、さらに年収が高まることもあります。

派遣社員のディスパッチャーとして働くことも可能であり、その場合の平均年収は320万円ほどとなっています。

ディスパッチャーの就職・転職先(求人)

ディスパッチャーのほとんどは航空会社に所属しています。

ごく稀に経験のあるディスパッチャーが独立することもありますが、その際にも航空会社との提携が必要となります。

航空会社には大きく分けてパイロット、フライトアテンダント、航空監理者という3つの職業の方が在籍しています。

ディスパッチャーは航空監理者に分類されており、航空会社の中にある部署に所属します。

ディスパッチャーになった後に航空管制官の試験を受ける方もいて、合格することによって航空会社内での権限が大きくなります。

ディスパッチャーの管理職になるためには、そういった試験に合格することが極めて重要です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0