理想の就活/転職のための
自己分析サイト

演出家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今演出家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい演出家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの演出家適性診断結果

あなたの適性度は50%で、演出家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。演出家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

演出家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.演劇や舞台に興味がある
2.論理的思考が得意
3.言葉遣いにセンスがある
4.情報収集が好き
5.体力に自信がある
6.コミュニケーションに自信がある
7.基本的なITの知識がある
8.リーダーシップがある
9.状況に応じた柔軟な対応が取れる
10.前向き思考でクヨクヨしない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 演劇や舞台に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

演出家の仕事と言えば、演劇や舞台に携わる事です。文字通り劇中の演出を考える役割であり、普段から演劇や舞台に興味関心がある方々の方が向いています。趣味が演劇鑑賞であったり、ずっと大好きなミュージカルの舞台がある等、このような方々に適した仕事です。鑑賞しながら、自分ならこのように演出を行う等と、自然と演出家の立場になってシミュレーションをしていた等、このような習慣がある方にぴったりです。

『 論理的思考が得意 』

十分に兼ね備えている

いかに自然体で観客に感動を届けるか、演出家の仕事はとてもエモーショナルな部分があります。一方でお芝居の筋を破綻なく構築したり、意図的に場面を盛り上げる等、演出にはきめ細かなシステムが必要です。アイデアを練るには感覚的なセンスが必要ですが、いざ演出を台本に落とし込む際には論理的な思考が求められます。伏線や喜怒哀楽を違和感なく観客に届けるためにはロジカルに脚本、芝居をゼロから組み立てなければいけません。

『 言葉遣いにセンスがある 』

十分に兼ね備えている

一言で笑顔と言っても、実際は色々な表情があります。満面の笑みであったり、寂しさを隠すのようなほほえみ、苦痛と歓喜が織り交ざった笑い等、芝居で登場する笑顔は実に多彩です。 プロの演出家の方々は、意図した通りの芝居を行ってもらうために、言語を上手く活用します。分かりやすく演出の意図を台本に添えて表情の指示を行ったり、稽古中に豊かな語彙やメタファーをフル活用しなければなりません。

『 情報収集が好き 』

十分に兼ね備えている

演出のテクニックやセンスは常に磨き続ければいけません。演出家に求めるスキルは、時代やジャンルによって変わる為です。今、世間ではどういったドラマが好評なのか、SNSではどういったカルチャーが流行っているか等、常に世間の関心事にアンテナを向け続けないといけません。SNSの利用、ネット検索や雑談が得意なら、そういった情報収集が自然体で出来るでしょう。何気ない会話から面白いテクニックを閃いたり、時代に合ったセンスが見つけられるものです。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

体力と演出の仕事は直接結びつくものではありません。ただ現実問題として、芝居の稽古はかなりの長時間になりやすいです。稽古の間、しっかりと演者の演技をチェックし、必要であれば的確なコーチングをする必要があります。担当する現場によっては、稽古や本番の舞台が一日の間に何度も何度も繰り返される事があり、それにしっかりと付き添うバイタリティーが必要です。

スポンサーリンク

『 コミュニケーションに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

演出家は普段から色々なスタッフ、メンバーとコミュニケーションを交わします。初対面の方々と良い関係を築き上げなければいけません。他人と仲良くなる事が得意な方、老若男女問わず色々な方々と楽しく会話が出来る方など、こういったタイプは演出家に適しています。現代の創作の現場は、スタンドプレーではなく基本的にチームプレーです。自分の気持ちをしっかりと伝えながらも相手の気持ちを考えて、穏やかに説明やコーチングが出来るコミュニケーションスキルが求められます。

『 基本的なITの知識がある 』

兼ね備えていない

高度なパソコンスキルは不要ですが、基本的なITの知識は演出家にも求められます。クライアントからEメールで連絡を受けたり、ビデオチャットでスタッフと会議を行ったり、メンバーに説明をする際にメッセンジャーアプリを行ったり、宣伝広報のためにSNSを活用したりと、演出家のルーチン業務にも様々なIT系のツールが必要になりました。仕事柄、情報の取り扱いには細心の注意を払う必要があり、ITの知識があった方がリスクマネジメントの面でも安心です。

『 リーダーシップがある 』

あまり兼ね備えていない

演出家は舞台や創作を後方からサポートする仕事です。ただ制作現場では、リーダーシップが求められる立場でもあります。脚本やストーリー構築に大きく携わるため、どういった意図で演出を行うか、メンバーに対して積極的に自分の気持ちや狙い等を発信しなければなりません。時には前例を打ち崩すのような斬新な演出を行う必要もあり、そんな時もリスクに怯えずピンチをチャンスに変える勇気を発揮する事が求められます。

『 状況に応じた柔軟な対応が取れる 』

兼ね備えていない

創作や演劇の世界は、想定外の出来事がしばしば起きます。急にメンバーが入れ替わったり、クライアントからのリクエストで内容が大きく様変わりしたり、視聴者の反応を見ながら作中の描写をブラッシュアップしたりと、常に臨機応変な対応が必要です。柔軟な思考ができ、頑固にならず、淡々と現実的な対応策が講じられる方に演出の仕事は向いています。

『 前向き思考でクヨクヨしない 』

そこそこ兼ね備えている

息抜き上手な方は、演出家に向いています。なかなか成果が挙がらず辛い時期が続く時でも、良い意味で楽天的で前向きな姿勢なら、ストレスを必要以上にため込まず明るく仕事を行っていけます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの演出家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る