理想の就活/転職のための
自己分析サイト

国会議員政策担当秘書に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国会議員政策担当秘書の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国会議員政策担当秘書に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの国会議員政策担当秘書適性診断結果

あなたの適性度は34%で、国会議員政策担当秘書の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。国会議員政策担当秘書を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

国会議員政策担当秘書に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.清潔感がある
2.感情的にならない
3.気配り上手
4.スケジュール管理が得意
5.書類を作成する事が得意
6.正しい日本語が使える
7.記憶力がいい
8.裏方仕事が苦でない
9.英語が堪能
10.雑談力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 清潔感がある 』

兼ね備えていない

国会議員政策担当秘書は、日頃から議員と共に多くの人と関わります。政治家にとって、相手へ与えるイメージはかなり重要な項目です。一緒にいる秘書の身だしなみがだらしなければ議員自身の印象も悪くなってしまうのです。国会議員政策担当秘書を目指すなら、常に清潔感がある身だしなみを意識する事が大切です。

『 感情的にならない 』

兼ね備えていない

国会議員政策担当秘書をしていると、小さなミスなどで叱られる事もあります。なかには、八つ当たりだったり理不尽だと感じる事もあるでしょう。ですが、感情的になってしまうとコミュニケーションを円滑に行う事はできません。大切なのは、いかに議員と呼吸を合わせられるかなのです。国会議員政策担当秘書は、いついかなる時も冷静である事が大切なのです。

『 気配り上手 』

十分に兼ね備えている

国会議員政策担当秘書は、議員と一緒に行動する事が多々あります。そんな時に、居心地がいいように工夫する事が大切です。気温に合わせてエアコンの温度を設定したり、飲み物を準備しておくなど細やかな気配りが大切です。こうした気配りは、政治家との絆も深くするため仕事もスムーズに行えます。普段から細かい変化に気づく人や、他者に対して配慮ができる人は国会議員政策担当秘書にピッタリです。

『 スケジュール管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

議員の仕事というのは多岐に渡ります。必要な予算や新しい法律に関する議論をしたり、テレビや雑誌のインタビューを受ける事もあります。また、各地のイベントに参加したり視察に向かう事もあります。国会議員政策担当秘書は、これらのスケジュールを正確に把握し必要な準備を行う必要があります。電車や飛行機に乗車する時間を計算して移動をしたり、使用する書類を用意しておく事で議員を陰からサポートできます。普段から、スケジュール通りに物事を進める事が得意な人は国会議員政策担当秘書に向いています。

『 書類を作成する事が得意 』

そこそこ兼ね備えている

国会議員政策担当秘書の仕事は、議員の側にいるだけではありません。時には、パソコンを使って書類を作成する事もあります。この時、内容がわかりにくかったり誤字脱字が多かったら議員の仕事に支障をきたす恐れがあります。国会議員政策担当秘書になりたいと考えるなら、書類作成のスキルを勉強しておくと有利です。

スポンサーリンク

『 正しい日本語が使える 』

そこそこ兼ね備えている

国会議員政策担当秘書を目指すなら、正しい日本語を身につける事は重要です。日本語は奥が深く、間違った敬語を使っている人も多々います。僅かなミスは、議員の評判にも繋がるため言葉は慎重に選ばなくてはなりません。国会議員政策担当秘書を目指しているなら、敬語や丁寧語について勉強し身につけておく事が必要です。

『 記憶力がいい 』

兼ね備えていない

記憶力がいい人は、国会議員政策担当秘書に向いていると言えます。議員というのは、日頃から大勢の人と会い様々な会話をします。著名人や海外の要人とも会う機会があるため、その顔や名前だけではなく簡単な略歴を覚える必要があります。万が一、顔と名前が一致しなかったら恥をかくだけではなく信頼も失ってしまいます。国会議員政策担当秘書を目指しているなら、日頃から記憶力を鍛えておきましょう。

『 裏方仕事が苦でない 』

兼ね備えていない

国会議員政策担当秘書というと、なにか特別なスキルが必要なのではと考える人もいます。ですが、それは違います。その仕事内容は、普通の秘書と殆ど変わりがありません。電話やメールの応対をしたり、来客を案内する事もあります。忙しい議員に代わり、裏方に徹する事こそが仕事なのです。作成したファイルの管理や保管を行ったり、挨拶状を書いたりもします。元々、秘書のスキルが身についている人にとっては特別な何かを始める事はありません。これまで通りの働き方でいいのです。

『 英語が堪能 』

そこそこ兼ね備えている

日頃から英語が堪能な人は、国会議員政策担当秘書に向いていると言えます。特別な日には、海外の要人から電話やメールが来る事もあるため、すぐに読めなくては業務に差し支える場合があります。日常会話は元よりですが、政治に関する英単語も覚えておくといいでしょう。また、英語スキルがあれば海外を訪問した時に議員をサポートする事も可能です。

『 雑談力が高い 』

あまり兼ね備えていない

国会議員政策担当秘書だからといって、難しい会話ばかりをしているわけではありません。議員や他の関係者とコミュニケーションをとる事も大切です。その時に役立つのが、雑談力です。雑談というと、実のない話と勘違いする人もいますがそれは違います。雑談は、互いの距離を一気に縮めるコミュニケーションツールでもあるのです。国会議員政策担当秘書を目指すなら、日頃から雑談に関するスキルについても考えておく事が大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国会議員政策担当秘書適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る