理想の就活/転職のための
自己分析サイト

国会議員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国会議員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国会議員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの国会議員適性診断結果

あなたの適性度は57%で、国会議員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。国会議員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

国会議員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.多くの財産がある
2.幅広い知識を学ぶ姿勢がある
3.カリスマ性を持っている
4.人の意見に左右されない
5.体力がある
6.意思が強い
7.知名度を上げる努力が苦でない
8.豊富な人脈がある
9.責任感が強い
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 多くの財産がある 』

十分に兼ね備えている

国会議員はフルタイムの仕事の上、安定している職業だとは言えません。落選してしまえば無職になってしまう上に、選挙自体に多くのお金を必要とします。親からある程度の資産を受け継いでいる人の方が、全く財産のない人よりも国会議員に向いていると言えるでしょう。もし財産がないが国会議員になりたいのなら、工夫が必要になります。例えば清貧さをアピールすることでイメージアップを図ったり、お金がないことを逆手に取った手法を編み出さなければならないのです。

『 幅広い知識を学ぶ姿勢がある 』

そこそこ兼ね備えている

国会議員は立法府か、あるいは行政府で仕事をします。法律に関する知識を持っていたほうが、仕事をスムーズに進めることができます。所属する委員会によっては更に細かな知識が求められるでしょう。初めから知識を持っている必要はありませんが、必要になった時には学んでいかなければなりません。

『 カリスマ性を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

カリスマ性と言っても、はっきりとしたものではありません。漠然と好感が持てるだとか、この人についていきたいと思わせることができればいいのです。カリスマ性のような力は持って生まれたものと考えるかもしれませんが、後天的に獲得することも不可能ではありません。仕事を成功させるなどの成功体験による自信が、力を与えてくれることもあるのです。

『 人の意見に左右されない 』

兼ね備えていない

国会議員という仕事には批判がつきものです。その批判の中には論理的なものもありますが、感情的なものも多いです。自分が正しいことを行っていたとしても、批判されてしまうことも多いでしょう。マスメディアを通して発信することも多いため、発言を切り取られたり相手に誤解を与えてしまうことも多いのです。そういった状況に置かれてもあきらめることなく発信を続けられる人が、国会議員に向いています。繊細な人よりも、図々しいと言われるような人のほうが適性があると言えるでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

国会議員の仕事には、オフというものがありません。議会に出席する前にも数多くの勉強会に出なくてはならず、夜には会合に顔を出して人脈を構築する必要があります。メールを打つことや、手紙を書くことすら仕事の1つに数えられるかもしれません。それだけでなく、選挙に向けた準備も常時行う必要があります。選挙の準備とは土日に選挙区に戻り、選挙民の要望を叶えるようなことです。祭りやイベントにも顔を出し、求められればお酒を飲まなければなりません。これらのことを日常的にこなすには、体力が人並み以上に必要となります。少なくとも健康でなくては、国会議員は務まらないでしょう。

スポンサーリンク

『 意思が強い 』

そこそこ兼ね備えている

国会議員は国民から選ばれているので、国民の代表者だと言えます。有権者の要望を聞くだけでなく、国をよりよくしていく義務が国会議員にはあります。国を良くしていくためには大きな構想力とそれを実行していくための意志の力が重要です。自分のやりたいことを明確に持っていて、それを実行できる能力がある人が国会議員に向いています。

『 知名度を上げる努力が苦でない 』

だいぶ兼ね備えている

日本の選挙制度は小選挙区制と比例代表制とが併用されてできています。どちらの場合でも知名度は得票率に直結しますが、特に比例代表制の場合は高い知名度が有利に働きます。参院選の比例区は全国を一つの単位とします。小選挙区なら握手をしたり演説をしたりして自分の考えを浸透させることもできますが、全国を対象とする比例区では難しいでしょう。初めから人柄や考え方が知られている方が、選挙を有利に戦えます。

『 豊富な人脈がある 』

あまり兼ね備えていない

国会議員になるための資格試験のようなものはありません。議員になるための道は唯一つ、選挙に勝つことです。能力があることやお金を持っていることは国会議員になるために役に立ちますが、それだけでは選挙に勝つのは難しいでしょう。自分を引き立ててくれる有力者や、自分を議員にするために力を貸してくれる仲間が求められてきます。そういった人脈は一朝一夕で手に入るものではありません。普段の行動や人との接し方から、変えていかなくてはならないのです。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

国会議員の職務は、幅広い範囲に及びます。その多くが人々の生活に直結するものとなるので、一般人以上の責任感が求められます。今この瞬間だけでなく、十年二十年先まで見通して行動しなければなりません。長期的な計画をやり遂げるためには、強い責任感が求められます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

国会議員は、数多くの人間と付き合っていく必要があります。選挙では有権者と握手をして、信頼を勝ち取らなくてはなりません。いくら能力や理想があったとしても人間嫌いには務まらない仕事だと言えます。コミュニケーション能力と言っても、ただ話がうまければいいわけではありません。行動や発言に一貫性があり、付き合いを通して相手に信頼感を抱かせる必要があるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国会議員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る