理想の就活/転職のための
自己分析サイト

探偵適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今探偵の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい探偵に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの探偵適性診断結果

あなたの適性度は56%で、探偵の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。探偵を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

探偵に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.度胸がある
2.集中力が高い
3.体力に自信がある
4.忍耐力がある
5.協調性が高い
6.運転が得意
7.周辺地理に詳しい
8.外見的特徴が少ない
9.観察力がある
10.コツコツと地道に努力ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 度胸がある 』

あまり兼ね備えていない

探偵の仕事をする場合、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。また危険な場所へ調査に行くこともあるため、トラブルに立ち向かうときや危険な場所へ行く場合の度胸が求められます。度胸がない人の場合、尾行中に不審な動きをして調査対象にばれるリスクも大きくなります。調査対象者が予想外の動きをした場合でも、冷静に対処できる度胸があるのが探偵に向いている方の特徴の1つです。

『 集中力が高い 』

あまり兼ね備えていない

探偵の仕事では、長時間の尾行や張り込みが求められるケースも多くなっています。調査中に集中力が切れてしまうと、調査対象を見失ってしまう、決定的な場面の写真を撮り損ねるなど調査の失敗につながるリスクがあります。一流の探偵を目指すなら、長時間の調査中に一瞬でも気を抜かない集中力が求められます。逆に言えば飽きっぽい人だと、集中力が切れやすいので探偵の仕事にあまり向いていません。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

体力も探偵をするうえで重要な能力の1つです。例えば尾行をしている場合、1日中歩き続けて調査対象を追い続ける必要がある場合も見られます。また決定的瞬間を逃さないために、尾行中に重い機材を持ち歩くこともあります。さらに夜遅くの仕事や朝早い仕事もあるため、体力がないとすぐに集中力が低下して調査の失敗につながってしまいます。調査の成功につなげるためにも、探偵には体力が重要な要素です。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

探偵は浮気や不倫の証拠を押さえるため、調査対象者の尾行や張り込みをすることもあります。しかし尾行や張り込みを始めたとしても、すぐに浮気や不倫の証拠が押さえられるとは限りません。長時間の張り込みが何日も続くこともあるため、忍耐力がない方には探偵の仕事は向いていません。なかなか証拠がつかめない場合でも、焦らずチャンスを待てる忍耐力があるかが探偵になれるかどうかのカギです。

『 協調性が高い 』

十分に兼ね備えている

探偵は1人で調査を行うため、社交性やコミュニケーション能力の高さは必要ないというイメージを持っている方もいます。ですが探偵は1人で調査をするのではなく、基本的にチームプレイです。また長時間の張り込みで近隣住民や店舗のスタッフなどに怪しまれたときでも、社交性やコミュニケーション能力があれば、探偵とばれずに調査が続行しやすくなります。

スポンサーリンク

『 運転が得意 』

そこそこ兼ね備えている

探偵の仕事と聞くと、歩いて尾行するというイメージを持つ方もいるでしょう。実際に尾行をする場合、徒歩での尾行や公共交通機関を使って尾行することもありますが、車両尾行を行う場合もあります。車両尾行は、運転技術が低いと調査対象者にばれるリスクが高まります。調査場所への移動にも車を使うことが多いため、探偵にはある程度の運転スキルも必要です。

『 周辺地理に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

効率よく尾行をするためには、調査する場所の地理に詳しいかどうかもポイントの1つです。地理に詳しければ、尾行時に裏道を使って調査対象にばれにくいようにふるまう、到着時間を予測して先回りの行動が可能になるなどのメリットがあります。周辺情報を知らなくても、スマホなどで地図を見ながら行動すれば問題ないと考える方もいるかもしれません。ですが地図を見ている間に調査対象を見失うリスクもあるため、よそ見をせずに行動するためにも地理に詳しいかどうかは探偵における重要な要素です。

『 外見的特徴が少ない 』

だいぶ兼ね備えている

探偵が尾行をするとき、特に大切なポイントが調査対象にばれずに行動できるかという点です。ですが派手な髪色やファッションなど目立つ特徴がある方は、尾行中にばれるリスクが高まります。逆に言えば、外見的な特徴が少なく目立たない方であれば、尾行してもばれにくいのです。特に背が高くも低くもなく、平均的な体系の方は、尾行がばれにくいという探偵に必要な要素を持っていると判断できます。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

対象者の小さな変化も見逃さず調査が行えるかどうかは、探偵における重要な能力です。人間観察が好き、洞察力が優れている場合には、調査対象者の変化に気づいて依頼を成功につなげられる場合もあります。怪しい行動を見逃さない観察力や洞察力を活かせれば、尾行の負担も減らせるかもしれません。ただし観察力があっても、露骨に観察をすると不審に思われる可能性があります。観察力があるかどうかだけではなく、ばれないように観察できるかも探偵に必要な能力です。

『 コツコツと地道に努力ができる 』

あまり兼ね備えていない

探偵の仕事に派手なイメージを持っている方もいるかもしれません。ですが探偵の仕事の多くは、地道な調査の繰り返しです。成果の出ない張り込みや尾行を何日も続けることもあります。また尾行や張り込みのスキルを磨くためには、繰り返し反復練習を行うことが大切です。地道な張り込みや尾行、そして探偵スキル向上のための反復練習を地道にコツコツ努力できる方は、一人前の探偵になるために必要な能力を持っています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの探偵適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る