理想の就活/転職のための
自己分析サイト

歯科技工士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今歯科技工士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい歯科技工士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの歯科技工士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、歯科技工士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。歯科技工士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

歯科技工士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.物を作るのが好き
3.機械やコンピュータの扱いが得意
4.忍耐力がある
5.1人での作業が苦痛ではない
6.コミュニケーション能力がある
7.学習意欲が高い
8.自分の意思を主張できる
9.メンタルが強い
10.マルチタスクができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

歯科技工士は、虫歯の治療に使用する歯の詰め物や、入れ歯を作るのが主な仕事です。詰め物も入れ歯も精密さが重要で、少し作りが雑になるだけでも、使用する人が違和感を覚えてしまいます。人によっては、1mm未満の誤差であっても、使いづらいと感じることがあります。そのため、詰め物も入れ歯も、高い精度で作り上げなければなりません。歯科技工士には、そのような高精度の詰め物や入れ歯を、手作業で作れるほどの、手先の器用さが求められます。

『 物を作るのが好き 』

あまり兼ね備えていない

歯科技工士の仕事は、物作りのひとつです。素材を削り出して、詰め物や入れ歯の形を作っていきます。そのため、物作りが得意という人が、向いているでしょう。物作りが得意であれば、仕事としての作業も、特に苦痛を感じることなく行えるでしょう。むしろ、やりがいを感じられるはずです。そして、より精度の高い詰め物や入れ歯を作ろうと、やる気を出すことも可能でしょう。

『 機械やコンピュータの扱いが得意 』

そこそこ兼ね備えている

歯科技工士は基本的に、専用の機械を作って詰め物や入れ歯を作っていきます。そのため、機械の扱いが得意でなければ、務まらないでしょう。機械の扱いが上手であれば、より精度の高い詰め物や入れ歯を作ることができ、大勢の人から必要とされる歯科技工士になれるはずです。また、現代では、作業の一部をコンピュータで制御することも珍しくありません。したがって、デジタル機器も問題なく使えるという人も、歯科技工士に向いています。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

歯科技工士の仕事は、詰め物や入れ歯を作る作業を繰り返すことが中心です。作るものは、依頼内容によって若干異なりますが、基本的な作業は変わりません。そのため、ほとんど同じ作業を繰り返しても、特に苦痛を感じることのない、忍耐力のない人が、歯科技工士に向いています。同じ作業ばかりでは飽きてしまう、色々な作業をしたいという人は、向いていません。

『 1人での作業が苦痛ではない 』

十分に兼ね備えている

詰め物や入れ歯を作る作業は、1人でも行えて、複数人での分担は必要としません。そのため、周囲に誰もいない環境で、1人黙々と作業を繰り返すことが多いです。そのような、1人の環境でも問題なく作業をすることができる人は、歯科技工士に向いていると言えるでしょう。賑やかな職場で働きたい、周囲に誰もいない環境では寂しくて耐えられないという人は、歯科技工士は避けた方が良いです。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

歯科技工士は、1人で淡々と詰め物や入れ歯を作っていれば良いというイメージを持たれやすいです。しかし、他の人との意思疎通ができる、コミュニケーション能力が欠かせません。歯科技工士は、実際に患者さんに詰め物や入れ歯を提供する歯科医師から、依頼を受けて仕事をします。そのため、少なくとも歯科医師とはコミュニケーションを取れなければなりません。また、歯科医師をサポートする、歯科衛生士とのやり取りをすることもあります。さらに、独立した歯科技工士として働く場合、自らを歯科医師に売り込まなければなりません。いずれにしても、人と全くコミュニケーションを取らずに、歯科技工士として働くことは不可能です。

『 学習意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

歯科技工士が使用すべき技術は、常に進歩し続けています。詰め物や入れ歯の素材は新しいものが出てくる上に、機械も新製品が次々と登場しています。そういった新しい素材や機械に対応できるように、勉強をしなければなりません。勉強を怠ると、新しい技術を使用する人たちに、仕事を奪われてしまう可能性が高いです。そのため、現状に満足することなく、より良い詰め物や入れ歯を作るために学習を欠かさない人が、歯科技工士に向いています。

『 自分の意思を主張できる 』

だいぶ兼ね備えている

歯科技工士は、歯科医師の依頼を受けて、詰め物や入れ歯を作っていきます。しかし、歯科医師の指示をただ受けているだけではいけません。自身の意見をしっかり伝えることも大切です。特に、歯科技工士として独立する場合、納期や費用に関しては、自身がしっかり主張をしなければなりません。もし、ただ歯科医師の指示を受けているだけだと、現実的ではない納期を指定されたり、安い費用で作らされたりする恐れがあります。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

歯科技工士の仕事は、値段の高い素材から、詰め物や入れ歯を削り出すこともあります。そして、作業に失敗してしまえば、その高い素材は無駄になってしまいます。それでも特に緊張することなく、必要な作業をこなせるほど、強いメンタルを持っている人が、歯科技工士に向いています。

『 マルチタスクができる 』

あまり兼ね備えていない

歯科技工士では、一度に複数の依頼を受けることがあります。そして、複数の詰め物や入れ歯を作る作業を、同時進行させることも珍しくありません。そのため、異なる仕事をまとめて行える。マルチタスク能力も必要です。複数の作業の同時進行が行えなければ、納期に間に合わず、歯科技工士としての信頼を失ってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの歯科技工士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る