理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

歯科衛生士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今歯科衛生士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい歯科衛生士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

歯科衛生士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの歯科衛生士適性診断結果

あなたの適性度は50%で、歯科衛生士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。歯科衛生士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

歯科衛生士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.コミュニケーション能力がある
3.体力に自信がある
4.柔軟な対応ができる
5.協調性がある
6.向上心がある
7.親しみやすい人柄
8.根気強い
9.人の役に立ちたい思いが強い
10.清潔感がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
歯科衛生士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 手先が器用 』

兼ね備えていない

歯科衛生士は歯石を除去したり、口の中に薬を塗布したりなど細かい作業を行うことが多い職業です。そのため、手先が器用であることは歯科衛生士として大きな強みとなります。手先が不器用であっても実習で経験を積みスキルを上げていくことはできますが、マスターするまでに練習が必要です。手先が器用であると細かい作業も軽々こなしやすいため、技術をよりスピーティーに習得しやすいでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

歯科衛生士は歯磨きのやり方を指導したり、行う処置の説明をしたりなど、患者さんとコミュニケーションを取るのも仕事の一環です。そのため、それなりのコミュニケーション能力が求められます。歯科衛生士が患者さんとスムーズにコミュニケーションを取ることで、どのような悩みを抱えているのか知り治療に役立てることができたり、治療中の痛みを気軽に話せる環境を整えたりすることができます。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

歯科衛生士は力仕事ではありませんが、基本的に立ちっぱなしの仕事であるため体力が必要です。歯のクリーニングや視界のサポート業務をするほかにも、受付や院内の清掃など様々な業務を兼任することもあります。仕事量が多いと、それをこなす体力が必要です。また、歯石の除去は1回に30分以上も集中して作業を行うことも少なくないため、疲労感も感じるでしょう。体力があるとともに、健康を維持するための自己管理能力も求められます。

『 柔軟な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

歯科衛生士の主な仕事は歯科診療のサポートですが、仕事の範疇から離れた業務にも対応できる柔軟さも必要になります。少人数の歯科医院の場合は、歯科衛生士が受付から診療のサポート、掃除までを行うこともあります。これは歯科衛生士の仕事ではないと拒否していると、スムーズに診療が進みません。柔軟に対応できる歯科衛生士が、多くの歯科医院から求められる人材となります。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

歯科医院では、歯科衛生士や歯科医師、歯科助手などが働いており、それぞれ協力して患者さんの診療に取り組みます。患者さんにより良い治療を提供するためには、各分野がお互いに高め合い、助け合いながら治療態勢を整えていく必要があります。他の歯科衛生士と競い合ったり、マウントを取ったりする人は、職場の輪を乱してしまいます。そのため、歯科衛生士はチームワークの大切さを理解し、協調性のある人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

医療は常に進歩を続けており、新しい治療法なども次々に確立されています。歯科衛生士は直接的に患者さんに治療をするわけではありませんが、治療方法を聞かれたり、説明したりすることもあるため、新しい治療法などを知っておくことは大切です。そのため、歯科衛生士は向上心があることも大事です。歯科医療について学び続け知識を蓄積し続けることは、歯科衛生士としての自信にもつながるでしょう。

『 親しみやすい人柄 』

十分に兼ね備えている

歯科衛生士は、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の患者さんと対応しなければなりません。そのため、小さな子供でも安心して話せる、親しみやすい人柄の人に向いています。歯科医院以外でばったり患者さんと出会った時でも、気さくに挨拶できるような人は歯科衛生士に向いています。また、お年寄りの中には気難しい人もいますが、親しみやすい人柄であれば、気難しい人もうまく接することができるでしょう。

『 根気強い 』

兼ね備えていない

歯科衛生士の仕事は、細かい作業をコツコツと行わねばならず根気が必要です。時間をかけて作業をすることに飽きてしまったり、疲れてしまったりする人には向いていません。根気のない人が歯石除去などの作業をした場合、いい加減なやり方で歯石が残ってしまうこともあるでしょう。丁寧に根気よく作業が行える人に向いている仕事です。

『 人の役に立ちたい思いが強い 』

だいぶ兼ね備えている

歯科衛生士は直接的に治療を施すのではなく、予防歯科を啓蒙することで患者さんの歯の健康を守る仕事です。そのため、人の役に立ちたいと思える人に向いています。歯の健康は体全体の健康にも影響すると言われているため、患者さんの歯の健康をサポートすることは体の健康を守ることにもつながります。患者さんの食生活や生活スタイルなどを聞き出し、適切な指導ができる人に向いているでしょう。

『 清潔感がある 』

そこそこ兼ね備えている

歯科衛生士は患者さんの口の中を触るため、清潔感が求められる仕事です。患者さんに「触られたくない」と思われるような見た目の人は、歯科衛生士として失格です。患者さんがリラックスして処置を受けられず、歯科医院の評判を落とすことにもなりかねません。身だしなみに気を使い、清潔感のある人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの歯科衛生士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
歯科衛生士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 歯科衛生士に向いているか向いていないか
  • 歯科衛生士の職業適性度
  • 歯科衛生士に必要な10の資質
  • 解説で歯科衛生士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

歯科衛生士とは?

歯科衛生士は国家資格を持ち、歯科医療の現場で歯科医師の診療の補助や、患者の口内の健康づくりをサポートする職業です。

歯科医師を除き、患者の口の中を触ることが出来るのが歯科衛生士です。

歯科医師がスムーズに治療を進められるように、診療器具の準備やレントゲン撮影の補助などを行います。

歯石や歯垢の除去、フッ化物の塗布、ブラッシング指導も歯科衛生士の代表的な仕事です。

治療で訪れた患者が口内の健康を維持し、再び治療が必要とならないように指導をする大切な役割を担っています。

歯科衛生士の性別は、女性が99パーセントとなっており、非常に女性に人気が高い職業です。

歯科衛生士になるには?

歯科衛生士になるには国家資格が必要です。

高校を卒業後、歯科衛生士養成機関で3年間所定の過程を修了し、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。

養成機関の多くが専門学校や短期大学ですが、歯科衛生士養成課程のある四年制大学でも資格を取得することが出来ます。

国家試験の合格率は90パーセント以上となっており、在学中にしっかりと勉強をしていれば、ほぼ合格することが出来るでしょう。

なお、国家試験は年1回、3月に実施されます。

多くの学生が実習が終わる秋から就職活動を始め、3月の国家試験の前には就職先が決まります。

国家試験に合格すれば、歯科衛生士として採用が正式に決まります。

歯科衛生士の給料・年収

令和3年度厚生労働省賃金構造基本統計調査によると、歯科衛生士の平均年収は387万円となっています。

月給では28万円程度、ボーナスが52万円程度です。

初任給は正社員として採用された場合、18万円~21万円程度が相場となっています。

4年生大学を卒業している人は、専門学校や短期大学を卒業している人よりも初任給が1~2万円程度多くなる傾向です。

パート・アルバイト、派遣社員で働く場合も国家資格が必要です。

誰もが働けるわけではないので、時給も事務職などよりは少し高めとなります。

しかし、若い世代の割合が多い職業であるため、平均年収は他の職業に比べて低めとなっています。

歯科衛生士の就職・転職先(求人)

歯科衛生士の就職先は、歯科診療所やクリニック、病院などの医療機関が大多数です。

医療機関以外では、市区町村や介護保険施設などで働く人もいます。

国家資格が必要なこともあり、歯科衛生士の求人倍率は非常に高く、平成16年度以降新卒求人の倍率は20倍を超えています。

養成機関でしっかりと勉強し、歯科衛生士の国家資格を取った人であれば、就職で困ることは非常に少ないと言えるでしょう。

転職についても、歯科診療所やクリニックは日本全国どこにでもあり、数もとても多いので、自分の希望に合った職場が見つけやすい環境にあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0