理想の就活/転職のための
自己分析サイト

歯科医師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今歯科医師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい歯科医師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの歯科医師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、歯科医師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。歯科医師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

歯科医師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.コミュニケーション能力がある
3.マルチタスクが得意
4.向上心がある
5.集中力がある
6.忍耐力がある
7.論理的な説明が得意
8.リーダーシップがある
9.きれい好き
10.注意力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

歯科医師に欠かせないのは、器用さです。歯科医師の仕事の多くは、虫歯の治療です。虫歯を削って詰め物をするという流れですが、その虫歯を削る際には、繊細な作業が必要です。0.1mm以下の細かさで、歯を削っていくことになります。そのため、器用さがなければ務まりません。昔から手先が器用で、細かな作業が得意だという人は、歯科医師に向いているでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

歯科医師は、様々な患者さんの治療をすることになります。子供から大人まで幅広く、原則として患者を選ぶことができません。そのため、どのような人が相手であっても、しっかりと治療内容を説明できる、コミュニケーション能力がある人が向いています。また、どういった治療が必要なのか、患者さんから聞き出すこともあります。その際にも、コミュニケーションが必要です。さらに、歯科医師の仕事は、ひとりではできません。歯科衛生士や歯科助手など、複数人と連携する必要があります。そこでも、コミュニケーション能力が求められます。

『 マルチタスクが得意 』

そこそこ兼ね備えている

歯科医師は、複数の患者さんの治療を、同時進行で進めていくことも多いです。患者さんに麻酔をした後、その麻酔が効くまでの間に、別の治療を済ませるというパターンは珍しくありません。また、治療をしながら、別の患者さんに関する指示を、助手に伝えることもよくあります。そのため、複数の作業を同時に進めるのが得意な、マルチタスク能力がある人が、歯科医師に向いていると言えるでしょう。

『 向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

歯科治療に関する技術は常に進歩していて、新しい素材や治療用の機械などが次々と登場しています。そういったものを取り入れることで、より良い治療を実現することができます。ただ、導入するだけで、新しい技術を使えるようになるわけではありません。歯科医師が自らのスキルを高めて、新しい技術を使いこなせるようになる必要があります。したがって、自らのスキルを高めようとする向上心が求められます。つまり、現状に満足することなく、自分磨きを欠かさない人が、歯科医師に向いています。

『 集中力がある 』

十分に兼ね備えている

歯科治療では、狭い口腔内で作業をし続けることになります。そして、1日の大部分を、治療の作業に費やすことも珍しくはありません。また、歯科治療の基本は同じで、どの患者さんが相手でも、似たような作業をすることは多いです。それでも飽きてしまうことなく、作業をし続けられる集中力が欠かせません。したがって、目の前の作業に没頭し続けられる、集中力のある人が歯科医師に向いています。

スポンサーリンク

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

歯科医師の仕事では、治療が無駄になることは珍しくありません。せっかく治療した歯が、患者さんのケア不足によって、改めて虫歯になるということはよくあります。そのような場合でも、イライラすることなく、自身がやるべき治療を淡々と進められる、忍耐力が必要です。また、歯科治療に詳しくない患者さんが理解できるように、何度も同じ説明を繰り返さなければならないこともあります。そのため、忍耐力のある人が歯科医師に向いていると言えるでしょう。

『 論理的な説明が得意 』

そこそこ兼ね備えている

歯科医師は、患者さんに対して、治療内容の説明をする必要があります。その際に、どのような治療を行ったのか、その治療によってどうなったのかを、論理的に説明できなければなりません。もし、論理的ではなく、曖昧な説明をすると、患者さんからの信頼を失ってしまう恐れがあります。したがって、物事を頭で理解するだけでなく、それを詳しく説明するのが得意という人が、歯科医師向きです。

『 リーダーシップがある 』

だいぶ兼ね備えている

歯科医師は、ひとつの歯科治療のリーダーです。自身が治療を行いながら、歯科衛生士や歯科助手に指示を出さなければなりません。そのため、リーダーシップが必要となります。また、歯科医師は、開業医として働くことも多いですが、その際には、経営のトップとして他のスタッフを導いていかなければなりません。したがって、自らが主導となって、他の人に指示を出したり、引っ張ったりすることが好きという人が、歯科医師向きです。

『 きれい好き 』

そこそこ兼ね備えている

歯科医師は、虫歯を治療したり、しつこい歯の汚れを取り除いたりして、口腔内をきれいにするのが仕事です。そのため、きれい好きの人が向いています。きれい好きであれば、患者さんの口腔内をきれいにしようと、頑張れるはずです。また、歯科医院の内部は、衛生的に保つ必要があります。もし、歯科医院が汚れていれば、医療的なトラブルが発生するリスクが高くなる上に、患者さんが抱くイメージが悪くなってしまうでしょう。そうならないために、歯科医院のトップに立つ歯科医師は、きれい好きであった方が良いです。

『 注意力がある 』

あまり兼ね備えていない

歯科医師は、患者さんの歯を検査して虫歯があるかどうかを確認します。ただ、虫歯は歯の表面にできているわかりやすいものばかりではなく、歯の裏側や、歯と歯の間などにできるものも多いです。また、すでに歯科治療をした部分で、詰め物の奥にできているパターンもあります。そのようなわかりにくい虫歯も早期発見できるような、注意力が欠かせません。さらに、レントゲンを撮影して、口腔内に異常がないかどうかを確かめることも多いです。その際にも、見づらいレントゲン写真で、些細な異常を見逃さない注意力が必要となります。したがって、日ごろから細かな部分に目が行くほど、注意力がある人は、歯科医師に向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの歯科医師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る