理想の就活/転職のための
自己分析サイト

歯科助手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今歯科助手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい歯科助手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの歯科助手適性診断結果

あなたの適性度は51%で、歯科助手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。歯科助手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

歯科助手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人をサポートするのが好き
2.臨機応変にテキパキ動ける
3.コミュニケーション能力が高い
4.専門知識を学ぶのが好き
5.歯医者に通った経験がある
6.人を癒して安心感を与えられる
7.人に対して丁寧な対応ができる
8.人から指示されることに抵抗がない
9.協調性が高い
10.思いやりがある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人をサポートするのが好き 』

十分に兼ね備えている

相手の動きを見ながら次に何をしてほしいのか判断し、サポートする力がある人は歯科助手に向いています。病院では医師が患者の治療を行いますが、この時次の動作を考えながら手際良く治療が行えるようにサポートしなければなりません。医師がしてほしいことができない、サポートをするために空気を読むのは苦手と感じている人には向いていません。相手が何を求めているのか、どうしたら作業しやすいのか考えられる人が向いています。

『 臨機応変にテキパキ動ける 』

十分に兼ね備えている

歯医者ではさまざまな患者が来るため、皆同じように進めれば良いわけではありません。入社してからマニュアルを教えてもらい、どんな風に動けば良いのか教えてもらえます。しかし、実際現場ではマニュアル通りにいかないこともあり、その時の状況に応じて臨機応変に対応しなければなりません。あまり急なことに対応できず、心の負担も大きいと感じてしまう人には向いていないでしょう。逆にその時の状況に合わせて動けるタイプの人は歯科助手に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

歯科助手は物ではなく人を相手にする仕事です。そのため、人が苦手で話すのが苦痛な人には合わないと言えるでしょう。現場ではさまざまな患者とコミュニケーションを取り、治療の補助を行います。患者もさまざまな人がいるため、相手に合わせつつ会話をしていかなければなりません。普段から人と話すのが好きで、コミュニケーションを取っている時が楽しい人はその延長線上で患者と話せるでしょう。逆に人と接するのが苦手な人は向いていません。

『 専門知識を学ぶのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

歯科助手は資格がなくてもできる仕事ですので、今まで経験がない人でもできます。しかし実際に働くと、専門的な言葉やレセプトの計算など新しく覚えなければならないことが多いです。これまで多少でも経験がある人は良いかもしれませんが、まったくの初心者の人には難しいかもしれません。それでも知識を吸収し、新しいことを覚えるのが苦ではない人に合うでしょう。あまり新しいことに挑戦するのが苦手で経験がない人には合いません。

『 歯医者に通った経験がある 』

兼ね備えていない

これまでに歯医者に通っていた人は、歯科助手の人がどんなことを患者にしているのかを見ているでしょう。何回も通っているうちに、どんな風に院内で動いているのか見てわかっている人も多いのではないでしょうか。虫歯になった経験もなく歯医者にあまり行った経験がない人は、雰囲気や動きも見たことがないため慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。一度も歯医者に行ったことがない人よりも、通った経験があるほうが馴染みやすく向いているでしょう。

スポンサーリンク

『 人を癒して安心感を与えられる 』

そこそこ兼ね備えている

歯医者のイメージは、患者からすると機械の音が大きくて痛いかもしれない・・・という恐怖もあります。特に小さい子どもの場合は、怖いことが苦手で歯医者を見るだけで嫌になる子もいます。それでも治療の前に優しい雰囲気の歯科助手に指導されたら心も癒されるのです。癒し系の歯科助手を見て、ホっとすることで治療の怖いという思いも薄れます。元々周りからも、一緒にいると落ち着くと言われる癒し系の人に合っています。怖い雰囲気を出しがちな人はあまり合いません。

『 人に対して丁寧な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

患者としては、歯医者では口の中を見られ触れられるため丁寧にしてほしいと思っています。適当に扱われては不愉快に感じてしまいます。歯科助手は患者の治療の補助を行うため、丁寧に作業を進めなければ患者に嫌われてしまうのです。普段から人に丁寧に接することができる人は、歯科助手になっても患者に重宝されます。さらに、医師などもどんな動きをしているのか見ているため、丁寧だと喜んでくれるでしょう。逆に大雑把な人には合いません。

『 人から指示されることに抵抗がない 』

兼ね備えていない

歯科助手は、医師や歯科衛生士に比べるとできない業務もあります。一緒に歯医者で働いている中では、雑用係になります。医師や歯科衛生士から指示を受ける機会も多くなってしまうのです。人に使われ言われたことをこなし、さらに何を求めているのか先回りして考える力を持っている人には歯科助手が合っています。しかし、指示されて誰かの下で雑用的な仕事をするのが嫌な人には、歯科助手の仕事は合わないとも言えるでしょう。

『 協調性が高い 』

そこそこ兼ね備えている

歯科助手として働く場合、医師や歯科衛生士など何人かと一緒に仕事をします。お互いのコミュニケーションが上手に図れていないと、患者にスムーズな治療が行えず関係性もギスギスしてしまいます。患者とのコミュニケーションだけでなく、医師をはじめ働いている従業員とも和を大切にしながら接することができる人に向いているでしょう。一匹狼のように、自分が良ければほかの従業員とコミュニケーションが図れなくても問題ないと思っている人には合いません。

『 思いやりがある 』

そこそこ兼ね備えている

病院の中でも、歯医者は怖いところだと感じている患者は多いです。そんな時に、思いやりがあって患者を安心させてくれる力がある人は歯科助手に向いています。相手の立場になって考えると、その思いやりは相手にも伝わっているものです。「ここの歯医者は行きやすい」と感じる患者も増え、病院としても繁盛するようになるでしょう。逆に患者の立場に立てず、機械のように淡々としか作業できない人に歯科助手は向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの歯科助手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る