理想の就活/転職のための
自己分析サイト

データベースエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今データベースエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいデータベースエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

データベースエンジニアに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのデータベースエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は50%で、データベースエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。データベースエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

データベースエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.整理整頓が好き
2.几帳面な性格
3.論理的思考力がある
4.臨機応変に柔軟な対応できる
5.広い視野を持っている
6.向上心が高い
7.コミュニケーション能力がある
8.正確な作業ができる
9.冷静な対応が得意
10.情報収集が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 整理整頓が好き 』

あまり兼ね備えていない

片付けが苦手で、自分の部屋の中でもどこに何があるのかわからず整理整頓が苦手という方もいるでしょう。そのような方は、データをわかりやすく格納して必要なとき取り出しやすい状態に整理しておくことが大切なデータベースエンジニアの仕事は向いていないかもしれません。細部までこだわってデータの整理整頓が苦にならない場合には、必要なデータを適切に管理してデータベースエンジニアとして活躍できる可能性があります。

『 几帳面な性格 』

そこそこ兼ね備えている

データベースエンジニアの仕事で大切なポイントの1つが、データベースの設計や開発において細部までしっかりと確認を行うことです。細かいデータの確認が苦にならない几帳面な性格な方に適した仕事です。おおざっぱな性格な方は、細かい点のチェックでストレスを感じる場合もあるでしょう。几帳面ではなくおおざっぱな性格でもエンジニアを目指したいなら、データベースエンジニア以外のエンジニアの仕事を選ぶことでやりがいを感じやすくなるかもしれません。

『 論理的思考力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ビジネス全体から最適なデータベースや構築するために適した製品の選択など、データベースエンジニアは作業をするだけではなく、さまざまなことを考えながら業務を進めていくことが大切です。それぞれの点を分析して最適なアプローチを選べる論理的思考力がある方は、より使いやすいデータベースを構築しやすくなります。

『 臨機応変に柔軟な対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

データベースを構築していく過程で、想定していなかったトラブルが発生することも珍しくありません。また今までトラブルが起きていなかったデータベースで何らかの不具合が起きてしまうこともあるでしょう。トラブルが起きてしまった場合、原因を見極めて冷静に対処することがデータベースエンジニアに求められる能力です。自分で考えた通りに作動するとは限らないので、状況に合わせて臨機応変に対応できる力を身に着けることが優秀なデータベースエンジニアを目指すうえで必要なポイントです。

『 広い視野を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

データベースエンジニアは、スムーズに業務を進めるために広い視野を持つことが求められます。そもそもデータベースというのは、さまざまな要素が組み合わさって作られていくものです。そのため一部分だけに注目してしまうと、全体が把握できていないことが原因でエラーにつながるリスクがあります。システムとデータベースの相互関係などは、広い視野を持って全体を把握していないとトラブルが起きる原因になりやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク

『 向上心が高い 』

そこそこ兼ね備えている

日々技術が進歩している現代社会では、向上心を持っていないエンジニアは時代に取り残されてしまう可能性があります。そのためデータベースエンジニアは、向上心を持って最新技術について学ぶことが必要です。新たなプログラミング言語のスキルやデータベース製品に関する情報を学びながら、データベースエンジニアとして成長を続けられるようにしましょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

データベースエンジニアは、プロジェクトメンバーの一員として仕事を進めていく場合が多く見られます。プロジェクトごとにチームメンバーが変わる場合が多いため、毎回異なるメンバーとコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくことが大切です。コミュニケーション能力が高ければ、初めて一緒にするメンバーとも打ち解けて、お互いに意見や情報を共有しながら質の高い仕事が進めやすくなると押さえておきましょう。

『 正確な作業ができる 』

だいぶ兼ね備えている

そもそもデータベースというのは、システムにおける根幹を支える役割を担っています。そのためデータベースの構築というのは、他の役割と比べて特に失敗が許されない、正確性が重視されるものです。正確性が重視される役割を担っているからこそ、正確な作業ができる方に適した仕事です。

『 冷静な対応が得意 』

そこそこ兼ね備えている

データベースエンジニアとして働くうえで、顧客から急な仕様変更を要求される場合もあります。急な変更を余儀なくされると、慌ててどのように対応したらいいのか戸惑ってしまう方もいます。ですが変更があっただけで慌てていたら、正確で質の高い仕事をすることができません。変更が起きることは珍しくないので、何か問題が起きたときでも慌てず冷静に対処することがデータベースエンジニアにとって大切なことです。

『 情報収集が好き 』

あまり兼ね備えていない

データベースエンジニアとして質の高い仕事を続けるためには、エンジニアやテクノロジー関連全般の情報収集を続けることが大切です。情報収集が大切とわかっていても、興味のある分野でなければ、定期的に情報を集めて勉強することが嫌になる場合もあるかもしれません。データベースエンジニアの仕事や関連分野に興味があるか、学び続けることが苦にならない方であれば、楽しみながら仕事を続けやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのデータベースエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • データベースエンジニアに向いているか向いていないか
  • データベースエンジニアの職業適性度
  • データベースエンジニアに必要な10の資質
  • 解説でデータベースエンジニアに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

データベースエンジニアとは?

データベースエンジニアはエンジニア職の中でデータベースを専門に取り扱う職種です。

データの活用によるビジネスが注目されるようになって活躍の場が広がってきている職種で、データを取り扱うためのシステムの開発や設計、運用や管理などを担当します。

また、データベースに格納されたデータを分析したり、インターネットなどに存在する無数のデータを収集するシステムを整えたりするのもデータベースエンジニアの仕事です。

AI技術の活用によって効率的なデータベース分析をする手法を確立するなどの基礎研究に携わっているデータベースエンジニアもいます。

データベースエンジニアになるには?

データベースエンジニアになるには特別な資格は必要ありませんが、データベースシステムについての総合的な知識とスキルが求められます。

一般的には大学の情報科学科や情報工学科、数学科や統計学科などで知識と考え方を身に付けて、データベースを取り扱っている企業に就職してデータベースエンジニアになっています。

また、データベースの分野で用いられているプログラミング言語をスクールやセミナーで学んでデータベースエンジニアになる場合も多くなりました。

データベースエンジニアには数学と統計学の知識が必要になるので勉強しておくと有利です。

データベースエンジニアの給料・年収

データベースエンジニアの平均年収はさまざまな求人サイトなどの情報から判断すると450万円~550万円くらいです。

あくまで平均年収なので、勤め先や働き方などによって違いがあります。

データベースエンジニアはスキルアップを通して他のエンジニアにはできない能力を発揮できるようになると年収が上がるのが一般的です。

スペシャリストとして高度なシステムを設計できるようになったり、ジェネラリストとしてAIやネットワークなどのスキルも身に付けたりした人がハイクラスのデータベースエンジニアとして高い年収の待遇を獲得しています。

データベースエンジニアの就職・転職先(求人)

データベースエンジニアの勤め先として典型的なのはデータベースシステムの開発会社です。

データベースエンジニアが専門性を発揮してシステムの設計や開発を担える現場なので人気があります。

また、IT系の総合コンサルティング会社や一般的なシステム開発会社でもデータベースエンジニアの募集がよくおこなわれています。

近年では自社のデータベースシステムを導入した一般企業でも、システムの運用とデータ分析の担い手としてデータベースエンジニアを雇用することが多くなりました。

多様な職場を選べるのはデータベースエンジニアの魅力的なポイントです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る