理想の就活/転職のための
自己分析サイト

データアナリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今データアナリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいデータアナリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

データアナリストに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのデータアナリスト適性診断結果

あなたの適性度は55%で、データアナリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。データアナリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

データアナリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.数字と数学が好き
2.データ分析が好き
3.将来性のある仕事に就きたい
4.常に向上心を持って臨める
5.デスクワークが苦にならない
6.集中力に自信がある
7.地道な作業をコツコツと続けられる
8.プレッシャーに強い
9.客観的な視点を持っている
10.几帳面で神経質
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 数字と数学が好き 』

そこそこ兼ね備えている

データとは、言うなれば数字であるため、数字・数学が好きな人はデータアナリスト向きです。一日中数字を扱っていても抵抗がなく、むしろ楽しいと感じられる人がベストです。ビジネスで大成功を収めている人は、総じて数字に強い現実があります。費用対効果を常に考えなければ、利益を出し続けることは困難です。数字が大嫌いでもデータアナリストになることは可能ですが、長続きせずにすぐにやめてしまう傾向があります。

『 データ分析が好き 』

あまり兼ね備えていない

データアナリストは、データ分析のプロでなくてはいけません。そのため、日頃からデータを見るのが好きで、データから売上、将来性などを予測する習慣がある人が適しています。一般的には理系の人が向いているとされますが、中小規模の企業では文系のデータアナリストが大勢活躍しています。データが好きな人が好ましいですが、逆にデータ分析は好きではなくても、仕事でやると本気になれるという人ならば大丈夫です。

『 将来性のある仕事に就きたい 』

だいぶ兼ね備えている

定年退職までずっと稼ぎ続けられる仕事に就きたい人にとってデータアナリストは適職でしょう。日本はITの分野で世界的に大きな後れを取っている状態にあります。逆にいえば発展途上であり、そこに大きなチャンスが転がっているのです。また、データアナリストの仕事は高い需要があり、極めて売り手市場の状態にあります。需要に対して供給が追い付いていない状況にあり、言い換えれば将来性が高いということです。手に職をつけたい、安定して稼げる仕事に就きたいという人には適職になり得ます。

『 常に向上心を持って臨める 』

そこそこ兼ね備えている

向上心のある人はスキルアップに貪欲です。自身のスキルアップに楽しさを見い出せる人は、どのような業界でも成功できるでしょう。データアナリストとして成功している人を見ても、高い向上心を持っています。向上心があると自主的に勉強しますし、そもそも勉強が苦になりません。つらいことを楽しめる人は、最後に大きな結果を出すのです。向上心はモチベーションにも直結し、モチベーションが高い状態はストレス耐性も高いです。

『 デスクワークが苦にならない 』

だいぶ兼ね備えている

データアナリストの業務は、基本的にコンピューターを使用して行われます。そのため、パソコンを使用したデスクワークに抵抗がない人が好ましいでしょう。デスクワークが好きな人の特徴として、高い集中力を発揮できる、地道な作業が苦にならないなどがあります。デスクで作業をするのはすぐに飽きてしまうという人は、データアナリスト向きではありません。特にパソコン作業を始めるとすぐに眠たくなるという人は、数字とデータを長時間扱うこの仕事は不向きでしょう。

スポンサーリンク

『 集中力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

データアナリストは、決して華やかで派手な仕事ではありません。裏方的な地味な作業になるので、一つのことに集中できる人が好ましいでしょう。逆に飽き性の人は向いておらず、これはデータの扱いがずさんになったり、ミスが頻発したりする傾向があるためです。集中力のある人は生産性が高く、またミスが少ないのが特徴です。集中力は延々と続くものではありませんが、1時間より3時間、3時間より5時間というように、長続きする人のほうが成功しやすいのは間違いありません。

『 地道な作業をコツコツと続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

データアナリストは、日々データと向き合う仕事です。作業は非常に地味なものであり、これをコツコツと継続できる人が向いていると言えます。地道な作業は基本的に孤独であり、人とほとんど会話をしないような状況も多いでしょう。こうした孤独な環境においても、一人でコツコツと頑張れる人がデータアナリストに向いています。理想的なのは自分一人でも、モチベーションの維持ができる人です。仕事で成果を出すためには継続が必須であり、モチベーションこそが継続の原動力になるためです。

『 プレッシャーに強い 』

十分に兼ね備えている

データアナリストに求められるスキルの一つにメンタルの強さがあります。データアナリストという仕事は、初心者の段階であっても周囲からプロだと判断されます。過剰な期待をされることが多いので、それがプレッシャーになることもあるでしょう。一方で、データ分析には時間を要するものですし、時に失敗をすることもあります。失敗やミスを繰り返せば、クレームを受けることもあるでしょう。データアナリストとして大成するには、プレッシャーに強いことが条件の一つになります。

『 客観的な視点を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

物事についてなぜそうなるのか客観視できる人はデータアナリスト向けです。一方で、流行や世論の影響を受けすぎる人、つまり流されやすい人は向いていません。データという数字をもとにして分析をしていく性質上、感情論に流される人は不向きです。重要なのは常に冷静に状況分析をし、客観的・論理的に物事を考えられることです。結果よりも理由や原因が気になり、それを追求していける人が好ましいでしょう。

『 几帳面で神経質 』

そこそこ兼ね備えている

几帳面で神経質な人は、データの扱いが得意だと言えます。細かい作業が苦になる人だと、一日中データとにらめっこする状況は耐えられないでしょう。データアナリストは典型的なデスクワークであるため、一人でパソコンと向き合って何時間でもコツコツと作業できる人が向いています。大雑把な性格の人は飽きやすい傾向があり、それがミスを誘発することがあります。几帳面・神経質といった性格は、ミスを減らすうえでもメリットになるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのデータアナリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • データアナリストに向いているか向いていないか
  • データアナリストの職業適性度
  • データアナリストに必要な10の資質
  • 解説でデータアナリストに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

データアナリストとは?

データアナリストの仕事は、クライアントが現在抱えている課題を解決することを目的としたデータ分析の専門家のことを指す言葉です。

大量のビッグデータを分析し、クライアントに役立てるために使用します。

この仕事は解析だけでは終わらないため、高度な分析スキルだけでなく推察力やプレゼン力など複数の能力が求められるでしょう。

データアナリストの仕事は大きく2つに分けることができます。

1つ目はコンサル型で、その仕事内容は分析で得た結果を課題解決のためのコンサルティング業務のために利用することになります。

2つ目はエンジニア型で、プログラミングスキルを活用してシステム構築やシステムの改善を行うのが仕事内容です。

データアナリストになるには?

データアナリストになるために、必要不可欠であるという資格は存在しません。

しかしデータアナリストとして仕事をやっていく上で必要となるスキルは、数学や統計学など数多く存在します。

そういった知識やスキルを養成するために、大学や専門学校に通っておくという選択肢もありです。

学校に通わなくても、独学でスキルを身につけることも可能です。

統計検定やオラクルマスターなど、データアナリストになる上で取っておいたほうがいい資格もあります。

この職業につくためのルートとしては、企業に就職し実績を積んでいくやり方が最もオーソドックスです。

フリーランスとして働く道もありますが、その場合はある程度のスキルや経験を求められます。

データアナリストの給料・年収

複数の調査結果を総合して勘案すると、データアナリストの平均年収は550万円というのが相場のようです。

月給で換算した場合、およそ46万円程度稼いでいることになります。

データアナリストの場合、給与は働き方や勤務先によって大きく変わってしまうので、その点は注意しなければなりません。

企業で働いている場合とフリーランスで働いているのとでは当然違いが出てくるでしょう。

同じフリーランスであってもスキルや知識によって収入は50万円〜100万円程度違ってきます。

スキルや経験によって最終的に1000万円ほど稼げる場合もあるので、夢のある職業だと言えます。

データアナリストの就職・転職先(求人)

データアナリストはビッグデータを分析する仕事なので、膨大な情報を扱う企業に需要があります。

データを扱うならIT業界に限らず、一般的な企業にも需要が高いです。

データアナリストはコンサル型かエンジニア型かによって、働き先に違いがあります。

コンサル型データアナリストの場合は、マーケティング支援企業やコンサルティング会社からの求人が最も高い傾向があります。

データアナリティクスを専門にしている企業も増加しているので、企業の選択肢は更に増えていくと言えるでしょう。

サービスの質の向上に特化してるエンジニア型データアナリストの勤務先は、IT企業が最も多いです。

具体的にはIT系のコンサルやweb系企業、ゲーム会社などが考えられます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る