理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ダンサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ダンサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいダンサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ダンサーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのダンサー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、ダンサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ダンサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ダンサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくダンスが好き
2.身体能力が高い
3.人を楽しませるのが好き
4.高い向上心がある
5.コミュニケーション能力が高い
6.ダンスの知識がある
7.持久力がある
8.緊急事態にも冷静に対処できる
9.メンタルが強い
10.自分の強みを上手く発揮できる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ダンサー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 とにかくダンスが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ダンサーになるためには様々なダンスの技術や表現力を磨く必要がありますが、最も大切だと言われているのがダンスが好きなことです。ダンスをすることが好きならば長く続けることが出来ますし、練習をすることもあまり苦になりません。厳しいレッスンでもダンスが好きなら乗り越えられますし、自ら努力しようとするのです。いつでもどこでもダンスのことを考えられる、いくらダンスをしても飽きないという人はダンサーに向いています。

『 身体能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

ダンサーに向いている人の特徴の一つは、身体能力が高い人です。先生などのお手本を見てすぐに踊ることが出来る、自分が思い描く動きをダンスで表現出来る人はダンサーとして生きていける可能性があります。音楽のリズムに上手く乗ってダンスができ、滑らかな動きを出来ることも必須条件です。さらにダンサーとして長く活躍するためにも高い身体能力を保つ必要があり、筋トレやストレッチなど身体のケアをコツコツ続けることも重要です。

『 人を楽しませるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

自分自身のダンスで人々を楽しませたい、自分のダンスを通して幸せな気持ちになって欲しいと思っている人はダンサーが天職かもしれません。ダンスを練習して自分だけが納得して、自分がやりたいことだけをしてお客さんの気持ちを無視してしまう人はプロのダンサーとは言えません。ダンサーはお客さんにダンスを披露して楽しんで貰い、それに見合うお金を頂く職業です。お客さんの気持ちを無視してしまうと観客席がガラガラになってしまうこともあるので、お客さんの要望に応えられるサービス精神も大事なのです。お客さんに喜んで貰いたい、お客さんが求めていることをダンスを通して表現したいと考える人がダンサーにぴったりです。

『 高い向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

ダンサーに欠かせないスキルの一つには、向上心があることも挙げられます。ダンスの世界は常に新しいものが生まれ、斬新なダンスや振り付けが数多く出てきます。新しい才能が次々発見されることもあり、生き残るためには常に向上心を持たなければなりません。ダンスの技術や表現力を常に磨いて、向上心を持って努力出来る人が業界で生き残れるのです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

バックダンサーやショーダンサーなどは一人だけで踊ることはほとんどなく、何人かでパフォーマンスをします。コミュニケーション能力が高ければ一緒に舞台を盛り上げる仲間たちとすぐに打ち解けることができ、息の合ったパフォーマンスになるのです。素晴らしいステージを作り上げるためにもこまめに仲間とコミュニケーションを取って、チームプレーを大切にする気持ちを持ちましょう。

スポンサーリンク

『 ダンスの知識がある 』

兼ね備えていない

プロのダンサーになるためには、様々なジャンルの踊りの基礎知識を勉強しておくことも大事です。各ジャンルの基礎知識があると踊ることが出来るダンスの種類も多くなりますし、色々な舞台に出られるチャンスも広がります。一つのジャンルにとらわれることなく、様々なジャンルの基礎知識を身につけることが必須です。ダンスの基本であるバレエから新しいジャンルの踊りまで、幅広い知識の持ち主はダンサーとしての道が開けます。

『 持久力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ダンサーの仕事は長時間舞台に立ち続けて踊ることがあります。一つの公演で何時間も踊ることも珍しくなく、持久力が必要不可欠なのです。何時間でも踊ることが出来る、持久力に自信がある人はダンサー向きの身体かもしれません。持久力に自信がない人でも持久力を付けるための訓練が出来る、コツコツ走り込みをして持久力の向上が出来るタイプならダンサーになれるかもしれません。

『 緊急事態にも冷静に対処できる 』

十分に兼ね備えている

ダンサーをしていると公演途中で振り付けが変わってしまう、メンバーチェンジが行われるなどのハプニングに遭遇することがあります。そんな予期せぬ出来事が起こっても焦らず、冷静に対処出来る対応力がある人はダンサー向きの性格です。柔軟に対応することが出来る能力があればどんなことがあってもその舞台を最後までやりきれますし、自分のダンスをきちんと最後まで踊りきれます。

『 メンタルが強い 』

だいぶ兼ね備えている

競争が激しい業界でもあるので、メンタルが強いタイプなら勝ち残っていけます。オーディションで何度も落とされても立ち直りが早ければ次のオーディションでも実力が発揮でき、前向きに色々なことに挑戦出来るようになります。辛いことがあってもクヨクヨせずに、自分自身のためにも前向きに頑張れる性格の持ち主はダンサーとして必要なスキルを持っている人に当てはまります。

『 自分の強みを上手く発揮できる 』

そこそこ兼ね備えている

ただ習ったダンスを舞台上で踊るのではなく、自分の持ち味を表現出来る人は魅力的に見えます。舞台映えもして人を惹き付けることができ、魅力的なダンサーになれるのです。どのようにして踊ればより自分の持ち味を発揮出来るのか、客席から目立つことが出来るかなど常に研究することは欠かせません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのダンサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ダンサー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ダンサーに向いているか向いていないか
  • ダンサーの職業適性度
  • ダンサーに必要な10の資質
  • 解説でダンサーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ダンサーとは?

ダンサーは、自分の体を使ってダンスを踊り、観客に感動を与えるのが仕事です。

ダンサーと一口に言っても、ダンスにはクラシックバレエ、モダンダンス、ストリート、社交ダンスなどいろいろな種類があり、それぞれ動きはもちろん基礎も全く違います。

当然それぞれのダンサーには専門とするダンスがあり、日々その技術を磨いているのです。

また、自ら踊るのではなく、生徒にダンスを指導したり、ダンスの振り付けを担当することもあります。

全身を使って動くダンスは子供から大人まで習い事として人気で、ダンスインストラクターはダンサーの貴重な収入源となっています。

ダンサーになるには?

ダンサーになるのに特別な資格や学歴は必要ありません。

極端な話、一人でひたすら技術を磨き続けてダンサーになる、ということも可能ではあります。

とはいえ、ダンスで生計を立てていくのは非常に厳しいことです。

技術はもちろん、精神面を鍛えるという意味でも、多くは専門学校やダンススクールで知識やスキルを磨きます。

このとき気を付けたいのが、学校やスクールによって学ぶ内容が全く異なるという点。

自分がどんなダンサーになるのかはっきりさせた上で学ぶ場所を選ばなければなりません。

有名なダンサーから指導を受けるため、海外留学する人も多いです。

ダンサーの給料・年収

ダンサーの多くは、1ステージいくら、という形で収入を得ています。

当然仕事が取れなければお金は入ってこないので、非常に厳しい世界なのです。

平均年収は320~420万円と言われていますが、幅が非常に広いのでこれはあくまで目安です。

新人の場合、ステージ1回につき数千円~1万円が相場となります。

劇団などに所属する場合も、公演が行われた日のみ給料が支払われる形になるので、アルバイトや仕事をかけもちしたり、ダンスインストラクターと平行してダンサーとして働いている人が多いです。

フリーで活動する場合は仕事の有無が収入に直結するので更に厳しくなります。

ダンサーの就職・転職先(求人)

ダンサーとして比較的安定して仕事がしたいなら、劇団やテーマパークに所属するのがいいでしょう。

とはいえ大型劇団やテーマパークは所属ダンサーの数が多いので、経験や実力によって収入には差ができます。

フリーランスとして働く場合は、いかに仕事を取るかがポイントになります。

プロモーションビデオに出演したり、バックダンサーとして活動するなどいろいろな仕事が考えられますが、ダンスだけでは食べていくのはなかなか厳しいでしょう。

振付師やインストラクターと兼任して収入を確保している人が大半です。

ダンサーとして人気が上がり、自分の名前でイベントが開けるようになると収入は一気に上がります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0