理想の就活/転職のための
自己分析サイト

酪農家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今酪農家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい酪農家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの酪農家適性診断結果

あなたの適性度は37%で、酪農家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。酪農家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

酪農家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.動物が大好き
2.自然が好き
3.体力がある
4.精神的に強い
5.資格取得に積極的
6.臨機応変に動ける
7.根気強い
8.朝に強い
9.人との交流が少なくてもOK
10.経営の知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 動物が大好き 』

あまり兼ね備えていない

酪農家は主に牛を飼育し、乳製品を生産する仕事です。動物を相手にする仕事なので、動物好きの人は楽しんで働くことができるでしょう。酪農家のパートナーは牛。牛がいなければ仕事にならないので、必然的に牛中心の生活になります。体調を崩したら一日中付いている必要がありますし、出産など日をまたいで離れられない場面も出てきます。そんなときでもパートナーに深い愛情を持っていれば、辛さも薄らぐはずです。

『 自然が好き 』

兼ね備えていない

牧場はその性質上田舎の辺境に建っていることが多いため、大自然の中で仕事をすることになります。四季の移り変わりをダイレクトに感じながら、綺麗な空気の中で仕事をする。そこに魅力を感じる人は、酪農家に向いていると言えます。逆に娯楽の多い都会でないと暮らせないという人はかなり厳しいかもしれません。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

酪農家はとにかく体力勝負です。デスクワークはほとんどなく、牛舎の清掃や餌やり、搾乳など一日中動き回ることになります。重い物を持つ機会が多いので筋力が必要なのはもちろんのこと、フォークやスコップをよく使うので握力も重要になります。牧場によっても異なりますが、基本的に朝が早く夜が遅いため睡眠時間も短くなりがちです。また、牛中心の生活になるため、ひとたび牛が病気になれば休みが吹き飛びます。そういった意味でも、動くのが好きで体力がある人向きの仕事と言えるでしょう。

『 精神的に強い 』

そこそこ兼ね備えている

動物が好きというだけでは務まらないのが酪農家です。こちらが動物の機嫌を見極めるのは当たり前ですが、動物はこちらの機嫌に無頓着です。機嫌の悪い牛に尻尾ではたかれる、というのはよくある光景なので、大好きな動物に冷たくされてもめげない強さが必要になります。また、酪農家は牛や馬の出産から死まで、その生涯を世話する仕事なので、時には可愛がっていた動物の死に向き合わなければなりません。そうした経験を乗り越えていけるかどうかが、酪農家として働けるかどうかの判断基準になるでしょう。

『 資格取得に積極的 』

兼ね備えていない

酪農家として働くのに必要な資格はありません。人手不足が深刻な業界なので、無資格未経験の受け入れに寛容です。しかし持っていると便利な資格はたくさんあります。家畜人工受精師など牧場ならではの資格はもちろん、トラクターなどの農業機器や普通自動車免許、大型免許なども役に立つ資格です。資格取得のためにはやはり勉強する必要があるので、積極的に取り組める人は適性があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 臨機応変に動ける 』

兼ね備えていない

自然の中で生き物相手に仕事をするため、思いがけないことがよく起こります。牛が突然病気になることもあれば、自然災害が襲ってくることも。そんなときに冷静に行動できるかどうかは非常に重要なポイントです。しっかりと現状を把握し次に何をすべきか考えることができる、そんな人は酪農家に向いていると言えるでしょう。

『 根気強い 』

あまり兼ね備えていない

牛と付き合うには根気が必要です。ほんのわずかな距離を移動するだけでも大変で、途中気ままに立ち止まったり、全く別の方向に向かおうとしたり。牛は体が大きいので、人間の思い通りに動かすのは非常に難しいのです。一方で非常に繊細な生き物なので、人間側が焦れて大声を出したり叩いたりするのは御法度です。長い時間をかけて牛と付き合い信頼関係を結んで行くには、根気強さが必要になります。

『 朝に強い 』

そこそこ兼ね備えている

牧場の朝は非常に早いので、朝起きるのが苦痛で仕方ないという人は酪農家に向きません。人間が牛に合わせる必要があるので、うっかり遅刻もできません。また牧場が辺境にあって家から職場が遠い場合、通勤時間も長くなりますし、その分起きる時間も早くなります。当然車通勤になるので、移動中ウトウトすることもできません。

『 人との交流が少なくてもOK 』

十分に兼ね備えている

酪農家だからというより田舎で働く上で避けられないのが、他人との交流機会が著しく減ってしまうことです。牧場はその性質上、職場のメンバーも固定されており、接客機会もほとんどなく、牧場外部の人と関わる機会があったとしても農協や飼料会社などごく限られた人だけになります。そうした閉じた人間関係が苦にならない、むしろそっちの方が楽に働けるという人なら、酪農家に向いているでしょう。

『 経営の知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

将来自分の牧場を持ちたいと思っているなら、経営に関する知識やセンスも積極的に身につける必要があります。土地の取得方法や出荷ルートの構築、人材確保、農業簿記の知識など、牧場経営のために学ぶべきことはたくさんあります。毎日の業務の合間を縫って自分の夢のために努力を続けられるかどうか、しっかり考える必要があるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの酪農家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る