理想の就活/転職のための
自己分析サイト

細胞検査士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今細胞検査士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい細胞検査士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの細胞検査士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、細胞検査士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。細胞検査士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

細胞検査士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.忍耐力がある
2.責任感がある
3.探究心がある
4.コミュニケーションスキルがある
5.細かいところに目が行く
6.慎重な性格と言われる
7.観察や調べることが好き
8.体力がある
9.勉強をするのが好き
10.生涯仕事を続けたい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

細胞検査士は、顕微鏡と通して悪性か良性なのかを判断する仕事です。毎日細胞を注意深く観察し、ガンの早期発見に役立つ仕事をします。細胞検査士が行う主な仕事は検査作業。献体に塗抹、固定などの処理を行い、標本を完成させます。顕微鏡を使用して、この標本を細かく観察し、細胞の変化を発見するのが重要な仕事です。小さな異常や変化に気づく必要があるため、同じ作業をしていても飽きない忍耐力が必要とされます。すぐに諦めてしまわない強い忍耐力がある人は、細胞検査士の仕事に最適です。

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

細胞検査士は、患者さんが病気を実感する前に病気を発見することが多いです。人の命に関わる仕事であることから、責任感が強く、仕事に責任を持てる人が向いています。健康診断などで見逃されてしまうような病変でも、細胞検査士は変化を発見し、再検査などを助言することが可能です。治療が遅れれば、患者さんの生命に関わってくることもあるでしょう。常に緊張感と強い使命感を持って仕事ができれば、一人でも多くの患者さんを救えます。

『 探究心がある 』

そこそこ兼ね備えている

細胞検査士の仕事は、良性か悪性かの判断がつきにくい細胞に出会うことも多いです。経験を積むことで判断ができることも多いですが、判断に迷ってしまうこともあるでしょう。何かいつもと違うことがあった時に、なぜそうなっているのかを深く追求し考えることができる人は、細胞検査士に向いています。探究心があれば、新しい知識と技術を身につける努力も惜しみません。日々努力をすることで、スキルが身につくため、探究心があることは重要なポイントです。

『 コミュニケーションスキルがある 』

だいぶ兼ね備えている

細胞検査士は、顕微鏡だけに向かい合うだけが仕事ではありません。医師や他の細胞検査士とミーティングを行い症例の検討などを行います。シフト制で、他のスタッフに業務を引き継ぐ仕事もあるため、最低限のコミュニケーションスキルは必要です。誰とでも楽にコミュニケーションを取れる必要はありませんが、人と話すのが苦でないと仕事がスムーズに進みます。

『 細かいところに目が行く 』

十分に兼ね備えている

細胞検査士は、細胞を観察するのが仕事のため、細胞の細かな違いに気づく必要があり、見落としをしてはいけません。性格が細かくて几帳面と言われている人であれば、細かい部分のチェックなども得意なので向いています。顕微鏡に向かって淡々と仕事をこなすため、単調な作業でも苦痛にならない人が最適でしょう。大雑把な性格だとミスが発生しやすく、大きなトラブルに発展することもあり、注意深く仕事ができる人が向いています。

スポンサーリンク

『 慎重な性格と言われる 』

そこそこ兼ね備えている

細胞検査士の仕事は、病変を早期に発見するために慎重に作業を行い、じっくりと観察を行わなければなりません。大雑把に作業をするとミスが出てしまったりするため、ひとつひとつの作業を確実に行う慎重さが求められます。検査を行う際にも、見逃しがないように丁寧な作業が求められる仕事です。細胞検査士は、慎重な性格で、丁寧な仕事ができる人に向いています。

『 観察や調べることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

小さい頃から虫の観察や物事の原因を調べることが好きという人は、細胞検査士の仕事に向いています。細胞検査士の仕事は、多くの時間を細胞の観察に費やすため、長い時間顕微鏡で細胞を観察をしていても苦にならない人が最適です。観察するだけではなく、いつもと違う変化に気づき、原因を深く考えるような姿勢が必要とされます。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

細胞検査士の仕事は、定時が朝から夕方までだけとは限りません。勤務先は大きな大学病院から検査センターまでさまざまですが、24時間検査を行なっている機関も多いです。その場合、勤務時間は日勤と夜勤があります。夜勤やシフト制の仕事があり、スケジュールに規則性がないケースもあるため、夜勤に対応できる体力があるのが望ましいでしょう。

『 勉強をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

AI技術の向上で、検査の自動化が進んでいます。しかし全てが機械で検査できるのではなく、人のスキルや知識が依然として必要です。遺伝子や不妊治療など新しい医療の発展に伴い、細胞検査士に求められる新しい必要な知識やスキルがあります。勉強が好きで、新しい知識を身に付けたい人には向いている仕事です。

『 生涯仕事を続けたい 』

あまり兼ね備えていない

細胞検査士は女性の割合も多く、年齢を問わずに続けられる仕事のひとつです。出産や育児などで退職しても、時間の余裕ができたらまた再就職する人も多く、パートタイムでの求人もあります。検査センターなどは24時間稼働しているため、夜間や休日出勤などに出勤しなければならないこともありますが、シフト制なので自分の都合に合わせて働ける職場も増えています。スキルと知識があれば、ブランク後に再就職することも可能で、生涯仕事を続けたい人に最適です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの細胞検査士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る