理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

接客業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今接客業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい接客業に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

接客業に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの接客業適性診断結果

あなたの適性度は63%で、接客業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。接客業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

接客業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.多くの人と関わることが好き
2.人が喜ぶ顔を見るとやりがいを感じる
3.立っていることが苦痛ではない
4.体力が平均以上はある
5.聞き上手
6.相手に合わせて行動できる
7.臨機応変に対応できる
8.細かいことを気にしない
9.笑顔が良いと言われる
10.土日祝日出勤でも問題ない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
接客業適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 多くの人と関わることが好き 』

あまり兼ね備えていない

接客業では、人と関わる場面が一日の中にいくつも出てきます。もし人と関わることがあまり好きではないと、毎日が苦痛で辛くなってしまうでしょう。仕事中は特に顔見知りの人だけでなく、初めて会う人とも上手にコミュニケーションを取りながら関わらなければならない時も多々あります。あまり人見知りをせず、誰とでもすぐに打ち解けられるような人にとっては楽しい仕事でしょう。

『 人が喜ぶ顔を見るとやりがいを感じる 』

だいぶ兼ね備えている

接客業では、お客様に質問されたり尋ねられたりする機会が多くあります。疑問や質問に対して丁寧に応えることで、お客様が喜んでくれます。そのやりとりの中で、お客様の疑問が解決して喜んでくれた時に、やりがいを感じられる人は接客業の仕事をしていても長続きするでしょう。ほかに、多少大変だと感じる仕事があっても、喜ぶ顔を見てストレスも吹き飛びます。特にお客様が喜ぶと嬉しいという感情がない人は、仕事としてやりがいを感じにくいかもしれません。

『 立っていることが苦痛ではない 』

十分に兼ね備えている

接客業は、基本的に立って仕事をすることがほとんどです。疲れたら休める椅子が準備してあり、自分のペースで座ったり立ったりができるわけではありません。休憩時間まではずっと立ちっぱなしですので、慣れるまでは足も疲れやすく家に着いた頃には足がパンパンになってしまうでしょう。体の事情で長時間立ちっぱなしだと負担がかかってしまう人や座って仕事がしたいと思っている人には向いていないかもしれません。

『 体力が平均以上はある 』

だいぶ兼ね備えている

接客業は、お客様と会話をしながらコミュニケーションを取るだけではありません。販売する商品などをバックヤードから持ってきて、品物を並べる場合もあります。結構重たいものを自分一人でカートなどに載せて運ぶ場合もあり、それなりに体力は必要です。筋肉でムキムキなくらいの体力がなくても、平均からそれ以上の体力がないと大変かもしれません。元々体力に自信がなく無理な作業ができない人にとっては合わないでしょう。

『 聞き上手 』

そこそこ兼ね備えている

接客業では、商品を勧めるために自分から声を掛けなければいけないお店もありますが、ずっとペラペラと自分ばかり話していてはお客様に嫌われます。自分は良いことを話していると思っていても、お客様が望んでいない話をしてしまっているかもしれません。まずはお客様がどのようなことを求めているのか聞く力が重要です。相手がどんなことを求めているのか聞く力がある人は合っています。つい一方的に自分ばかり話してスッキリしてしまう人はあまり合いません。

スポンサーリンク

『 相手に合わせて行動できる 』

十分に兼ね備えている

お客様は十人十色で、すべての人が同じようなことを求めているとは限りません。ピッタリとくっつき接客を受けたい人もいれば、放っておいてほしいと思っている人もいます。相手がどんなことを考えているのか、雰囲気や話し方から掴んでその人に合わせた接客が必要です。普段から人の気持ちを汲み取ることができる人は接客業にピッタリです。逆に相手がどんなことを考えているのか普段からいまいちわからない人にとっては難しいでしょう。

『 臨機応変に対応できる 』

兼ね備えていない

接客業では、お客様が1日の中で同じ時間帯に一緒の人数が来るわけではありません。1時間の中でもほとんど来ない時もあれば、一気に来てしまいてんてこ舞いになってしまう場合もあります。同じような行動していると、特に混雑している時には間に合いません。急に混み合った時にもその時に合わせた動きが、臨機応変にできる人が接客業に向いています。日頃から臨機応変に動くのが苦痛な人は合わないかもしれません。

『 細かいことを気にしない 』

だいぶ兼ね備えている

接客業では、さまざまなタイプのお客様が来ます。時には文句やクレームを言われることもありますし、高圧的な態度をされてしまうことも考えられます。その度に深く悩んでしまうと、心が正常に保てず病気になってしまうかもしれません。嫌なことを言われたり態度で示されたりしても、一瞬傷付いてもすぐに流して次に心を切り替えられる人は接客業に向いています。心が繊細ですぐに傷付き長く引きずってしまう人は、ほかの仕事が良いでしょう。

『 笑顔が良いと言われる 』

十分に兼ね備えている

多少ミスしてしまっても、笑顔で感じの良い接客をしているとそんなに大きなクレームに発展することはありません。逆に最初の態度が無表情で感じが悪いと思われてしまうと、少しのミスでもお客様に怒鳴られることもあります。第一印象が大切ですので、日頃から笑顔を絶やさない人には接客業が合っています。逆に笑顔を作ることが苦手な人は、接客業でいざ頑張ろうと思ってもふと無表情になりがちです。人に笑顔を向けることが苦手な人には向いていないでしょう。

『 土日祝日出勤でも問題ない 』

そこそこ兼ね備えている

接客業では、ほとんどが土日祝日などほかの人が休みの時が勝負です。平日は皆仕事で買い物に来られない人も多く、比較的空いているお店が多いためです。そのため、土日祝日はよっぽどの予定がないと休めず、ほとんどが平日休みとなります。休日なども関係なく、がっつりと稼ぎたいと思っている人には接客業が向いています。逆に友人と土日は遊びたいから絶対に休みたいなどと思っている人は、接客業は合わないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの接客業適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
接客業適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 接客業に向いているか向いていないか
  • 接客業の職業適性度
  • 接客業に必要な10の資質
  • 解説で接客業に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

接客業とは?

接客業とは、来店した客をもてなす仕事です。

コンビニやスーパー、宿泊施設など様々な業種がありますが、分かりやすい例として、飲食店のウエイターやウエイトレスがあります。

求人情報では、ホールスタッフとか配膳スタッフと呼ばれる職種です。

ウエイターは、来店客があると、まず席に案内して、注文を聞き出します。

そのメニューを厨房担当者に伝え、出来上がった料理をテーブルまで運び、客が食べ終わった後のお皿を下げます。

最後にレジで会計をするのも仕事のうちです。

ここでは飲食店スタッフの例を挙げましたが、どの業種であれ、顧客と対面する形で、商品やサービスの案内や販売、受付、問い合わせへの対応を行うサービス業の一種です。

接客業になるには?

接客業に就くために、特に学歴や資格は必要とされていません。

様々な人に門戸が開かれている職種でもあり、正社員だけでなく、アルバイトとして働くことも可能です。

関連資格としては、販売士、サービス接遇検定、接客サービスマナー検定などが挙げられます。

飲食業界ならレストランサービス技能検定、保険業界なら生命保険協会認定FPといった資格もあります。

こうした資格があれば、採用や就職した後に有利に働きます。

接客スタッフには、扱う商品やサービスに関する正しい知識と理解、おもてなしの心、顧客とのコミュニケーションスキルが求められます。

比較的門戸の広い職業とは言え、採用後は自己研鑽を積み重ねる必要があるでしょう。

接客業の給料・年収

一口に接客業と言っても、働く業界により収入も異なります。

一応、接客スタッフの年収は、平均して340万円か350万円程度と言われますが、アルバイトでの雇用も多いことから、300万円以下の人も珍しくありません。

業種別ではレジャー業界が約400万円、小売業で約466万円ですが、飲食業では400万円に届かないとのデータもあります。

飲食店の場合、客を受け入れる座席数が決まっているため、1日に得られる利益にも上限があるからです。

平均年収は高いとは言えないため、接客業を続けていくなら、収入だけではなく、やりがいなど他のメリットに目を向ける必要があるかもしれません。

接客業の就職・転職先(求人)

接客スタッフを求めている業種は非常に多く、働く側としては幅広い選択肢があります。

コンビニや飲食店、ガソリンスタンドの店員といったなじみの深い職業から、ホテルやテーマパークのスタッフ、企業や各種施設の受付係まであります。

どの業界に進むにせよ、言葉遣いやマナー、トラブルに臨機応変に対処する柔軟性や忍耐力が求められます。

アルバイトなど、未経験からでも挑戦しやすい職種ですが、続けるうちに接客スキルを磨くこともできるでしょう。

そのスキルを生かして営業職や事務職、コールセンターなど別の仕事に転職することも考えられます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0