理想の就活/転職のための
自己分析サイト

料理研究家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今料理研究家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい料理研究家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの料理研究家適性診断結果

あなたの適性度は52%で、料理研究家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。料理研究家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

料理研究家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.食べることが大好き
2.嗅覚や味覚が優れている
3.料理に興味がある
4.向上心や探究心がある
5.忍耐力がある
6.真面目でルールを守れる
7.創造力がある
8.積極的に情報収集する
9.自己プロデュースが得意
10.目標達成のための努力ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 食べることが大好き 』

そこそこ兼ね備えている

何よりもまず料理研究家に向いているのは食べることが大好きなことです。美味しい料理や食欲をそそる料理を作ることが料理研究家の仕事なので、納得のいくレシピを完成させるにはひたすら調理しては食べることを繰り返すことになります。そのため食べることにあまり興味が無ければ、先へ進むことが難しくなります。食べることを特別なことと考えない、美味しい料理を作るためにはどれだけでも頑張れる、食べることがなによりも楽しいという人が料理研究家に向いています。

『 嗅覚や味覚が優れている 』

だいぶ兼ね備えている

「なんて食欲をそそる香りだろう」「どんな調理をしたらこんな味になるのだろう」と、料理を口にしたときに直感的に匂いや味の違いを感じ取れる人が料理研究家に向いています。単純に、まろやかな味、香りがよいというだけでなく、自分もよく知っている食材だけど香りが違う、味が微妙に違うことを敏感に感じ取れる嗅覚や味覚がないと、新しいレシピを生み出す原動力は生まれないです。

『 料理に興味がある 』

十分に兼ね備えている

食べることはもちろんですが、料理することに興味がある人が料理研究家に向いています。美味しい物を食べることは好き、でも調理するのは面倒というのではレシピを考えることも調理することもできないです。美味しい料理を作ることが楽しい、美味しそうな料理を見たらどんなレシピなのか知りたくなる、自分でも作ってみたくなるといったように、料理に強い関心や興味がある人が料理研究家に向いています。

『 向上心や探究心がある 』

そこそこ兼ね備えている

どんなことでもそうですが、特定の分野に対して強い興味がある人はその事柄に関する様々なことを見聞きするだけで高い集中力を発揮することができます。それは向上心や探究心をくすぐられるからで料理研究家も同じです。これまでに食べたことのない料理に出会ったとき、その味や香りの正体を突き止めるために集中し、強い探究心と向上心をもって試行錯誤を繰り返して答えを出すための努力をします。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

忍耐力があることも料理研究家に求められる資質です。料理研究家になるには特別な資格はなく、大学や専門学校を卒業して栄養士や調理師免許をとって名乗っている人もいます。しかし名前の知られた存在になるためには、現在活動している料理研究家のアシスタントを務めることがキャリアパスにつながります。アシスタントの仕事は買い出しや食材・調味料探し、後片付けなど大変で、調理を任せられるようになるまで時間がかかるのが一般的です。辛いからもう辞めたい、というようなことでは料理研究家として成功するのは難しいです。

スポンサーリンク

『 真面目でルールを守れる 』

十分に兼ね備えている

料理研究家に向いているのは真面目でルールを守れる人です。料理というのは人の口に入るものを作るため人の命に関わる仕事であり、衛生観念やアレルギーに関する様々な知識や配慮が求められます。食材を正しく取り扱える、包丁を安全に扱える、万が一指導を受けることがあれば素直に従える真面目さがないと料理研究家として活躍するのは難しいといえます。

『 創造力がある 』

だいぶ兼ね備えている

創造力は料理研究家にとって欠くことの出来ない能力です。常に新しいレシピ開発を求められるため、食材や調理法など様々なプロセスで創造力や発想力が求められます。料理研究家にとってレシピを考えることは、これまでにないオリジナル料理を生み出し、調理することで頭の中にある味や香り、食感を実現させることです。料理により自己表現するのと同じことなので創造力が必要になります。

『 積極的に情報収集する 』

あまり兼ね備えていない

社会の変化は激しく、次々と新しい調味料や食材が市場に提供されています。こうした情報を積極的に収集し、レシピづくりに活かせる人が料理研究家に向いています。海外で人気になった料理が日本に上陸してブームを起こしたり、海外の食材を使った料理が人気になったりすることがありますが、こうした情報を知った上で、その味を経験として自分の中に取り込む、また使える能力があるかどうかは大切なことです。

『 自己プロデュースが得意 』

兼ね備えていない

料理研究家として活躍するにはセルフプロデュース力が必要です。マスメディアで活躍する著名な料理研究家は味に対する独特のこだわりがあるだけでなく、調理方法や料理の盛り付けに個性があり、料理研究家としての見せ方を心得ています。どれだけオリジナリティのある料理を作ることができても、注目してもらえないのでは成功するのは難しいです。料理が優れているのはもちろんですが、どうしたら注目してもらえるのかを考えることのできる人が料理研究家に向いています。

『 目標達成のための努力ができる 』

兼ね備えていない

料理研究家に向いているのは高い目標に向かって努力を続けられる人です。誰にも真似のできない目標を定め、それに向かって地道な努力を継続できるかどうかということです。そのためには何通りも調味料を組み合わせたり、調理温度を調整したりといろいろな試行錯誤が必要になりますが、その地道な努力を継続できるかどうかは結果に大きく影響します。完成度の高い料理はコツコツとした努力の積み重ねから生まれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの料理研究家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る