理想の就活/転職のための
自己分析サイト

クリエイティブディレクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今クリエイティブディレクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいクリエイティブディレクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

クリエイティブディレクターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのクリエイティブディレクター適性診断結果

あなたの適性度は43%で、クリエイティブディレクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。クリエイティブディレクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

クリエイティブディレクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.広告全般に興味がある
2.マーケットやユーザーに関心がある
3.クリエイティブ全般の知識がある
4.クリエイティブ制作が好き
5.広告を見るのが好き
6.全体を俯瞰する力がある
7.コミュニケーションが得意
8.リーダーシップがある
9.決断力がある
10.進行管理が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 広告全般に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

ウェブ広告や街頭広告などの広告全般に興味がある人がクリエイティブディレクターとして活躍しています。クリエイティブディレクターは広告制作の際に画像や動画、広告文などを作り上げる責任者としての役割を果たします。広告全般に興味があると、目的やコンセプトに応じてどのような広告を制作すれば良いかがイメージできるので、的確な形で広告制作を推進することが可能です。

『 マーケットやユーザーに関心がある 』

兼ね備えていない

マーケット状況やユーザー動向に興味関心がある人はクリエイティブディレクターに向いています。クリエイティブディレクターはマーケットやユーザーにアプローチし、効果につながる広告の制作を手掛けることが必要だからです。情報収集に時間をかけなくてもターゲットについての知識があるので、マーケットやユーザーに詳しい人はスムーズに見てもらえる広告を完成させることができるでしょう。

『 クリエイティブ全般の知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

イラストやテキスト、デザインなどのクリエイティブ全般について知識があることがクリエイティブディレクターにとって重要です。クリエイティブディレクターはチームとしてイラストレーターやライター、デザイナーや動画クリエイターなどを集めて広告制作を推進します。クリエイターのスキルやセンスも理解して、適切なメンバー構成で適材適所の制作を進めることが必要です。広くクリエイティブについての知識があると質の高い広告を仕上げられます。

『 クリエイティブ制作が好き 』

あまり兼ね備えていない

自分でクリエイティブ制作をするのが好きな人はクリエイティブディレクターに向いています。クリエイティブディレクターとして働くときには、自分でクリエイティブな制作をする機会がない場合がほとんどです。しかし、クリエイティブ制作の経験があると、チームメンバーが苦労しているときに的確なアドバイスを出せるでしょう。経験に基づくアドバイスは信頼性が高いので、メンバーからも慕われるようになります。

『 広告を見るのが好き 』

あまり兼ね備えていない

世の中にある広告を見るのが好きな人はクリエイティブディレクターに適しています。広告を出すときには、ユーザーの目を引くことが重要です。今世の中でどのような広告が出ているのかを知っていると、差別化の戦略を立てることができるので、人目を引く広告制作を進められます。普段から色々な広告を見ていると、どんな仕上がりにするとアピール力があるのかもイメージしやすいので、完成度が高い広告を手掛けられるでしょう。

スポンサーリンク

『 全体を俯瞰する力がある 』

だいぶ兼ね備えている

全体を俯瞰してみる力がある人はクリエイティブディレクターとして活躍できます。広告クリエイティブを制作するときには広告出稿のスケジュールに合わせて、全体をうまく動かして完成させなければなりません。イラストやテキストなどのすべてのクリエイティブが揃って初めて広告ができあがります。全体を俯瞰して遅れないように全体をコントロールできる力があるとクリエイティブディレクターとして活躍できます。

『 コミュニケーションが得意 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーションが得意なのはクリエイティブディレクターとして成功している人の特徴です。クリエイティブディレクターはチームコミュニケーションの中心になるからです。困ったときのメンバーの相談先は責任者のクリエイティブディレクターになります。気軽にコミュニケーションを取れる人はメンバーの潤滑油として働き、チームの結束力を高められます。

『 リーダーシップがある 』

そこそこ兼ね備えている

成功しているクリエイティブディレクターにはリーダーシップがあります。リーダーとして現場を牽引することが求められている職種だからです。リーダーとしてメンバー全員とコミュニケーションを取り、ディレクションを明確にする力がある人はクリエイティブディレクターとして活躍しています。

『 決断力がある 』

兼ね備えていない

クリエイティブディレクターは決断力がある人に向いています。クリエイティブディレクターはメンバーでは判断できずに迷っていることを見つけて、速やかに決断をして伝えるのが重要な役割です。この仕事は外注して良いのか、広告文はこの仕上がりで良いのかなどといった悩みは現場でよく出てきます。その悩みをクリエイティブディレクターが抽出して即決断をすると、広告制作のスピードもクオリティも高くなります。

『 進行管理が得意 』

兼ね備えていない

進行管理ができるのはクリエイティブディレクターとして欠かせないスキルです。広告という最終的な成果物を仕上げるには個々のクリエイティブが適切なスケジュール感で完成することが必要になります。デザインが完成してからイラストを仕上げ、全体構成に合わせた広告文を作り上げるという基本的な流れを理解して、進行管理をして全体の制作スピードを加速させられると有能なクリエイティブディレクターになれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのクリエイティブディレクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • クリエイティブディレクターに向いているか向いていないか
  • クリエイティブディレクターの職業適性度
  • クリエイティブディレクターに必要な10の資質
  • 解説でクリエイティブディレクターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る