理想の就活/転職のための
自己分析サイト

塾講師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今塾講師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい塾講師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの塾講師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、塾講師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。塾講師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

塾講師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.学問に対して興味がある
2.試験の得点に関心が強い
3.問題の分析力がある
4.向学心がある
5.相手のレベルに合わせて説明できる
6.わかりやすい説明ができる
7.プレゼン能力が高い
8.同じ時間に働く事に固執しない
9.情報収集能力が高い
10.親の気持ちを理解して対応できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 学問に対して興味がある 』

あまり兼ね備えていない

学問について興味がある人は塾講師に向いています。専門の教科を決めて講義をするのが塾講師の役割で、学校の授業のフォローから受験勉強の対策まで幅広くカバーするのが特徴です。自分が興味を持っている学問を専門の教科にすればモチベーションがあがるので、自分なりに勉強しながら生徒にとってわかりやすい説明をすることができるようになっていきます。

『 試験の得点に関心が強い 』

あまり兼ね備えていない

塾講師は試験の得点について関心が強い人ほど適性があります。試験は点数が取れてこそ意味があるというくらいの気持ちを持っているなら塾講師がうってつけでしょう。いかにして点数を上げて大学受験や高校受験などの受験で合格できる生徒を育てるかが塾講師にとって大きな課題です。試験の得点を上げるための方法を考えて定式化する力がある人は塾講師として大きな成功を遂げています。

『 問題の分析力がある 』

そこそこ兼ね備えている

問題の分析力がある人は塾講師として大きな成果を上げています。塾講師が講義をするときには定期試験や受験などで出題される問題について徹底的に分析して、何を知っていれば得点できるかを考えることが必要です。さまざまな種類の問題を見てエッセンスを抜き出し、講義で何を伝えたら良いかを導き出せれば活躍できるのは明らかでしょう。問題の分析力がなくても講義はできないわけではありませんが、高い評価を得られる人材になるには欠かせません。

『 向学心がある 』

だいぶ兼ね備えている

生徒の視点で試験の得点を上げたり、学問として各教科に興味を持ったりするだけでなく、全般的な向学心がある人は塾講師に適しています。塾講師は生徒の意見を聞いて学ぶことも珍しくありません。わからないと言われたときに説明できないと塾講師としては恥ずかしいでしょう。それをバネにして自ら学び、生徒が納得する説明をできるようになろうと考える向学心があると塾講師として成長できます。

『 相手のレベルに合わせて説明できる 』

十分に兼ね備えている

塾講師は相手のレベルに合わせられるのが重要になります。塾講師として講義をしているとさまざまなレベルの生徒と付き合うことになるからです。医学部を目指す人もいれば、中堅大学に合格するのが重要と考えている人もいます。高校受験でもさまざまな偏差値の学校を目指している人がいるので、レベルに合わせることは欠かせません。理解を深めさせるには相手のレベルに合わせるスキルが必要です。

スポンサーリンク

『 わかりやすい説明ができる 』

そこそこ兼ね備えている

塾講師として成果を上げるには生徒の理解をいかにして促進するかが重要な課題です。図表を用いてわかりやすく説明するのは効果的なので、図表を作って伝えるスキルがある人は塾講師に向いています。近年では動画を作ってわかりやすく伝える試みをする塾講師も増えてきました。生徒にとって受け入れやすく、理解しやすい教材を作れる人は塾講師にうってつけでしょう。

『 プレゼン能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

プレゼンテーションスキルに自信がある人は塾講師に向いています。プレゼンテーションの質によって生徒が眠らずに聞き入ってくれるか、内容を理解できるか、興味を持ってもっと知りたいと思うかが異なるからです。思わず見入ってしまうような迫力のあるプレゼンテーションをして成功している塾講師も多いので、プレゼンテーションスキルは塾講師にとって重要でしょう。

『 同じ時間に働く事に固執しない 』

だいぶ兼ね備えている

働き方のフレキシブルさにこだわりがある人も塾講師に向いています。教育関係の仕事はたくさんありますが、塾講師は働く時間が比較的フレキシブルなのが特徴です。生徒が学校に通っていない夕方以降が仕事の中心になります。午前中は家庭で過ごしたいといったこだわりがある人や家事の負担がある人にとって働きやすい職場環境があるのが塾講師の特徴です。

『 情報収集能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

塾講師は受験について広い興味関心がある人に向いています。勉強だけでなく、どの学校が良いのか、この学校にはどのような特徴があるのかといった質問が生徒から飛び交ってくるからです。受験対策について詳しく知りたいという話を持ちかけられることもあります。このような生徒の興味関心を聞いて、的確な答えができる人ほど塾講師として信頼されます。受験について幅広い知識を自然に付けられる人にとって活躍しやすい職業です。

『 親の気持ちを理解して対応できる 』

あまり兼ね備えていない

塾講師は親の気持ちを理解できることも重要になります。塾講師の仕事は生徒に講義をすることだけではありません。生徒の進路についての相談を親から受けることもよくあります。塾講師は受験での成績を上げて欲しいと思われていることが多いですが、親によって考え方は違います。それぞれの親からの相談に対して親身になって対応できる能力があると塾講師として活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの塾講師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る