理想の就活/転職のための
自己分析サイト

裁判官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今裁判官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい裁判官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの裁判官適性診断結果

あなたの適性度は55%で、裁判官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。裁判官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

裁判官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.冷静に客観的な判断ができる
2.人に対して思いやりがある
3.コミュニケーション能力が高い
4.向上心が高い
5.謙虚な姿勢を持っている
6.粘り強さがある
7.責任感がある
8.メンタルが強い
9.洞察力が高い
10.俯瞰して物事を判断できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 冷静に客観的な判断ができる 』

あまり兼ね備えていない

裁判官は裁判で被告と原告のどちらの主張も聞かねばならないうえに、どちらかの肩を持つことは許されません。感情に流されて一方に肩入れしては、公正な裁判を行うことができません。そのため、裁判官は冷静に客観的な判断ができる人に向いている仕事です。案件によってはどちらかに同情してしまうこともありますが、裁判官として事実と法律に基づき客観的に判断しなければなりません。

『 人に対して思いやりがある 』

だいぶ兼ね備えている

裁判官は、思いやりがある人に向いている仕事です。ロボットのように感情を持たず、法律に照らし合わせて裁く裁判官が優秀だと思われがちですが、思いやりも裁判官にとって大切な資質になります。みんなが納得できる判決を下すには、それぞれの立場を理解し、心情を推し量らなければなりません。法廷に立つ人の心に寄り添い、思いやりのある判決を下せる人が裁判官として適しています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

裁判官は、法廷の最高権力として独断で判決を下しているように見えますが、実際には弁護士や検察官のほか、書記官や事務官など、法廷に関わる様々な職種の人と連携を取らなければなりません。また、裁判によっては合議制のこともあるので、その場合は他の裁判官と話し合わねばなりません。そのため、裁判官には高いコミュニケーション能力が求められます。

『 向上心が高い 』

十分に兼ね備えている

裁判官は法律や判例を参考にして判決を下します。しかし、法律は頻繁に改正されるため、せっかく覚えた法律も翌年になると変わっている場合もあります。また、新しい判例に基づいて裁くこともあるため、判例を把握しておく必要があります。そのため、裁判官は法律や判例を常に新しい情報にアップデートするなど、向上心がある人に向いている仕事です。裁判官になったら勉強は終わりではなく、生涯学び続けたいとう姿勢の人に適しています。

『 謙虚な姿勢を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

裁判官は人を捌くのが仕事であるため、知らず知らずのうちに一般庶民よりも偉いという意識を持ってしまうこともあります。しかし、上から目線で裁いていては、人から納得される判決を下すことはできません。そのため、裁判官は謙虚な姿勢の人に向いている仕事です。特別意識を持つのではなく、庶民的な感覚を身につけていることが大切です。初めは謙虚でも、裁判官として仕事をしているうちに驕りが出てしまう場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

『 粘り強さがある 』

そこそこ兼ね備えている

裁判官は判決を下すために、被告や原告の主張を聞いたり、膨大な資料に目を通したりなど、さまざまな事を行わねばなりません。そのため、裁判官は粘り強い人に向いている仕事です。粘り強くないと、資料や証拠品の量の多さに辟易して投げ出してしまいたくなるほか、法廷で原告や被告の長い口上を聞くのも疲れてしまうでしょう。粘り強く話を聞き、証拠などを検証できる人が裁判官の資質があります。

『 責任感がある 』

だいぶ兼ね備えている

裁判官の判決により、時には人生が変わってしまうこともあります。また、法廷で扱う案件は命に関わることも多いため、いい加減な気持ちで判決を下すことは許されません。そのため、裁判官は責任感がある人に向いている仕事です。自分が下した判決に責任を持てるほか、人の人生を左右することへの責任感を感じる必要があります。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

裁判官は、メンタルが強くないとやっていけない仕事です。社会的に関心の高い裁判で判決を下した時、どんな判決であっても賛否両論が巻き起こることがあります。批判の声を聴くたびに傷ついたり、ストレスを感じたりするような人は、裁判官になるとメンタルがやられてしまうでしょう。そのため、裁判官は精神的に強い人に向いている仕事です。信念を持って下した判決なら、誰に何と言われようが気にしないメンタルでいられる人に適しています。すぐにクヨクヨ悩む人には向いていません。

『 洞察力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

裁判官は、法廷において人々がどのように話し、どのように立ち振る舞うのかをしっかりと見極められる洞察力に優れた人に向いている仕事です。洞察力は生まれつき持っていなくても、訓練で高めることができます。普段から多角的な視点で物事を見るようにしたり、周囲に気を配り情報収集を積極的に行うことが、洞察力アップに繋がります。

『 俯瞰して物事を判断できる 』

そこそこ兼ね備えている

裁判官は、証拠や証言などをもとに総合的に事実を認定する能力が必要となります。細かい証拠や証言など、点と点を繋ぎ合わせ、線に繋げて事実を導き出さなければなりません。1つの事象だけにこだわっていると、全体像が見えなくなることがあります。裁判官として活躍すると高められる能力ですが、事実を見抜く生まれつきの資質やセンスも求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの裁判官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る