理想の就活/転職のための
自己分析サイト

経営企画適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今経営企画の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい経営企画に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの経営企画適性診断結果

あなたの適性度は56%で、経営企画の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。経営企画を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

経営企画に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人とコミュニケーションを取る事が好き
2.話に説得力がある
3.人をサポートする事が好き
4.オリジナリティのある企画立案が得意
5.英語が得意
6.地道な作業が好き
7.プレッシャーに強い
8.決断力がある
9.どんな時も冷静でいられる
10.マルチタスクが得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人とコミュニケーションを取る事が好き 』

あまり兼ね備えていない

経営企画に向いているのは、日頃からコミュニケーションをとる事が好きな人です。経営企画の仕事は、1人ではできないものがほとんどです。そのため、様々な部署や社内外の人と頻繁に交流する事になります。コミュニケーションが得意だという人は会話も弾みやすいため、作業もはかどりやすくなります。また、相手によっては、自分の意見をうまく伝えられない人もいます。経営企画は、会話のなかで相手の意図を汲み取り、戦略に活かす必要があるのです。

『 話に説得力がある 』

あまり兼ね備えていない

経営企画は、経営戦略などについて企画書を作成する事もあります。また、時にはCEOや社長に対して意見を述べる事もあります。説得力がある人の言葉というのは、人の心を動かす事も可能です。経営企画というのは、目の前の事だけではなく、将来の事も考えなくてはなりません。会社や企業が長く繁栄できるかどうかは、経営企画の能力にかかっていると言っても過言ではありません。会社を引っ張っていく存在として、説得力は欠かせないのです。

『 人をサポートする事が好き 』

そこそこ兼ね備えている

日頃からサポートする事が好きだという人は、経営企画の仕事に最適です。経営企画の仕事というのは、会社や企業の方向性を決める重要な役割を持っています。ですが、表立って目立つ職種ではありません。あくまでも、経営者を裏から支える役目なのです。そのため、仕事をしていて孤独を感じる事もあるでしょう。サポートする事が好きな人は、自分の仕事が誰かのためになっているというだけで満足感が得られるので、孤独な作業に対してもストレスを抱えないですみます。

『 オリジナリティのある企画立案が得意 』

だいぶ兼ね備えている

経営企画の仕事は、決まった事を機械的にこなすというわけではありません。他社との差別化を図るためにも、オリジナリティを盛り込む事が大切です。自分なりのアイデアや要望を盛り込む事により、個性をアピールできます。どうすれば会社が良くなるのか、理想の実現ができるのかを常に考えられる人は経営企画に向いています。

『 英語が得意 』

十分に兼ね備えている

海外事業を展開している企業の場合、海外にいる社員とやり取りを行う事も必要です。言葉が通じなければ、相手へダイレクトに自分の意思を伝える事ができません。英語が得意な人は、自分の意見をわかりやすくまとめて相手に伝える事が可能です。英語は、日常会話ができる程度でも問題はありませんが、ビジネス英語を身につけておくと更に便利です。

スポンサーリンク

『 地道な作業が好き 』

そこそこ兼ね備えている

会社や企業を裏から支える経営企画の仕事では、地味な作業が多くあります。たとえば、自社や競合社に関する詳しいデータを集めたり、膨大な資料から企画書を作成したりとデスクワークも多くあります。長時間かかる可能性もあるため、次第にモチベーションが下がってしまう事も考えられます。地道な作業が得意という人は、長時間の仕事に対してフラストレーションを抱える事が少ないため、ストレスになりません。

『 プレッシャーに強い 』

そこそこ兼ね備えている

日頃からプレッシャーに強いという人は、経営企画に向いていると言えます。経営企画が決めた方向性や方針というのは、会社や企業の存亡に関わる事もあるぐらい重大なものです。つまり、経営企画が間違えば一気に破綻の危機を招く事だってあるのです。そのプレッシャーを跳ね除けて、自分の意見を言える人は経営企画の仕事がピッタリです。

『 決断力がある 』

だいぶ兼ね備えている

経営企画が決めた事は、会社や企業そのものを動かします。経営企画が優柔不断だった場合、経営陣は右往左往してしまい安定を失います。経営企画は、自身が決めた事に対してブレない事が大切です。決断力があれば、素早く方向を指示して、窮地を脱する事も可能です。周囲から頼られる存在である経営企画にとって、決断力はとても重要な要素なのです。

『 どんな時も冷静でいられる 』

そこそこ兼ね備えている

どれだけ緻密な計画を立てても、うまくいかない事もあります。社会情勢の変化から、方向転換を余儀なくされる事もあるのです。予定通りにいかない時や、想像もしないアクシデントが起きた時にパニックにならないという人は、経営企画の仕事にピッタリです。想定外な事が起きた時に、経営企画が瞬時に軌道修正をする事によって危機を脱する可能性が高くなります。

『 マルチタスクが得意 』

あまり兼ね備えていない

経営企画の仕事は多岐に渡ります。1つの業務だけに集中していては、作業が進まないため効率的とは言えません。マルチタスクができる人の場合、切り替えて物事を考える事ができるため、いくつもの仕事を短期間でこなす事が可能なのです。マルチタスクが得意な人は、何をどうすればいいのかを判断する能力にも優れています。スピーディーな作業ができるため、周囲からの信頼も厚くなります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの経営企画適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る