理想の就活/転職のための
自己分析サイト

クッキングインストラクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今クッキングインストラクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいクッキングインストラクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのクッキングインストラクター適性診断結果

あなたの適性度は38%で、クッキングインストラクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。クッキングインストラクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

クッキングインストラクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.料理が大好き
2.教えることが好き
3.食に関する知識が豊富
4.相手の立場に立って考えられる
5.コミュニケーション能力が高い
6.勉強熱心
7.鋭い味覚を持つ
8.健康に関する情報に詳しい
9.柔軟性があり臨機応変に対応できる
10.わかりやすい説明ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 料理が大好き 』

兼ね備えていない

料理に携わる仕事のひとつであるクッキングインストラクターになる人は、まず第一に料理が好きであることが大切です。料理を作ること、食べることに対して、人一倍のエネルギーを注ぎ続ける姿勢が、クッキングインストラクターとしての成功にもつながります。日頃から自分で食材を用意して料理するだけでなく、外食や中食で食べたものに対しても、どんな食材がどのような調理法で使われているのかを考え、旺盛な好奇心で追求し、仕事のヒントにできるとよいでしょう。

『 教えることが好き 』

十分に兼ね備えている

クッキングインストラクターは、料理を教える職業なので、誰かに何かを教えたい、伝えたいという熱意を持っている人が向いていると言えます。料理をすること自体が好きでも、教えることにあまり興味のない人は、クッキングインストラクター以外の食関係の仕事を探した方がよいでしょう。クッキングインストラクターとして指導する際には、大人数の生徒が並ぶなかでデモンストレーションをすることも多いため、人前に出ても緊張しない度胸も必要です。

『 食に関する知識が豊富 』

そこそこ兼ね備えている

人に教える立場であるクッキングインストラクターは、食に関する豊富な知識を求められます。決まったレシピを教えるだけでなく、食材に関する豆知識や食生活のヒントなどを交えて指導ができるように、日頃から食に関する情報収集を行っておくとよいでしょう。クッキングインストラクターになれば、生徒から質問を受けることも多々あります。質問に対して分かりやすく適切な答えが返せることも、クッキングインストラクターとしての評価に結び付く大切なポイントです。

『 相手の立場に立って考えられる 』

あまり兼ね備えていない

クッキングインストラクターが教える相手は、その時々によって異なります。料理の経験のない初心者を教えることもあれば、ある程度の調理技術を習得している人に対してさらに高度な技術や知識を教えることもあり得るため、生徒の立場に立って物を考え、レベルに合わせた適切な指導をする能力が求められるのです。忙しい状況下でも周囲を見回すことができ、相手に対する気遣いを忘れない人は、クッキングインストラクターに適しているでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

様々な立場の人に教える可能性があることから、クッキングインストラクターには高いコミュニケーション能力が必要です。生徒が緊張している場合には緊張を解きほぐす、タイミングをみて上手に話しかける、など、親しみやすい雰囲気づくりを心掛けるとよいでしょう。また、同じ教室や学校で働く他のクッキングインストラクターとの連絡や情報交換は、クッキングインストラクターとして成長するための一助となります。場に応じた適切な対応を重ねることで、周囲との絆を深め、信頼を得られるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

『 勉強熱心 』

あまり兼ね備えていない

流行り廃りのある食の世界は、日々変化をし続けています。クッキングインストラクターも、食に携わる者として、流行りのグルメや注目されている調理法などに接して、情報を収集しておくことが大事です。料理番組を見たり、レシピサイトを調べたりすると、クッキングインストラクターの指導の参考になります。現状に満足することなく、料理に対する向学心を持つことで、クッキングインストラクターとして成長をしてゆきましょう。

『 鋭い味覚を持つ 』

だいぶ兼ね備えている

調理法を指導し、仕上げた料理の味に満足してもらうには、鋭い味覚や嗅覚が求められます。味覚や嗅覚は生来の性質に影響されるものですが、日々鍛錬を重ねることによって磨くことのできるものです。常日頃から味に対して敏感な人は、クッキングインストラクターに向いていると言えるでしょう。

『 健康に関する情報に詳しい 』

あまり兼ね備えていない

食が健康に与える影響は大きなものです。人々に食に関する情報を教えるクッキングインストラクターの立場になったら、健康と食の結びつきについても、適切に教えられるようにしましょう。健康によい食材に関する知識や栄養素の摂取の仕方など、日々の食生活に役立ち、健康向上にもつながる情報を伝えることが大切です。

『 柔軟性があり臨機応変に対応できる 』

あまり兼ね備えていない

クッキングインストラクターとして講座を受け持つ場合に、入念な準備をしておいても、当日になって予期せぬことが起こる場合もあります。生徒の数が揃わなかったり、調理中に生徒が怪我をしてしまったり、といった状況になってしまっても、冷静かつ適切に対処できるようになりましょう。

『 わかりやすい説明ができる 』

そこそこ兼ね備えている

調理法をはじめ、食に関する知識を生徒に正しく伝えるには、優れた説明力が不可欠です。自分が得た知識を分かりやすく、正しく伝えられる力を身に付けて、クッキングインストラクターとして活躍して下さい。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのクッキングインストラクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る